G1喰らいマックス

今年もG1クライマックスは全戦テレビ中継が敢行される様ですね。
G1クライマックス23ロゴ

90年代の物凄い時代においては、

地上波で深夜にチマチマやって、

優勝戦を先に流してから秋口まで残りの公式戦を放送してた、

というのが当たり前でした。

衛星波が充実した現代においては、

観たいファンが本当に楽しめるという、

素晴らしい夏になっておりますね。

さて、私の契約するテレ朝ch1でも、

2大会が“生中継”される様です!!

 テレ朝ch公式 より
ワールドプロレスリングLIVE2013

※8月2日(金)、10日(土)に開催される新日本プロレス『G1 CLIMAX23』の模様をテレ朝チャンネル1で生中継、テレ朝チャンネル2で当日録画放送でお送りします。


2戦目の後楽園ホールと8戦目の両国!!

注目カードは何と言っても、

8.2が中邑真輔vs鈴木みのる
視察戦

2年前(参照:緊張感の夏)とは違った内容になるでしょうけど、

チラリと互いにナイフが見えたら最高です。

何気にメインも楽しみですね。

8.10は棚橋vsオカダもありますけど、

断然、柴田勝頼vs後藤洋央紀ですね。

もうこの二人にとっちゃ、

最終戦はここなんじゃないですか?

優勝とか度外視で。

この翌日が最終戦ですので、

ここの流れ次第でPPV観る事になるでしょう。

それほどのアレでなければ、

深夜の『GET SPORTS』で充分です。

2戦とも仕事終わってからの追っかけ再生ですが、

疲れのピークを吹き飛ばしてくれる熱い闘いを期待します。


G1が始まった時から既に社会人でしたので、

職業柄、最も忙しい時期で、

疲れのピークの中で一日毎の試合結果に、

一喜一憂するというのが、

かつての私にとってのG1クライマックスでした。

今年はそれに期待したい。

うなぎも高いんでね(笑)、

G1喰らって夏を乗り切りますよ!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 鈴木みのる 柴田勝頼 後藤洋央紀 G1クライマックス

comment

Secret

こんばんは

レガさん お疲れさまです。
遅くなりましたが田村さんのインタビュー記事アップしていただきありがとうございます、立ち読みしてきます。
先日の秋田大会行けばよかった‥BS録画もまだ見れてないんですよ。
忙しいんだけど、G1クライマックス観にいってきます 笑
今週の週プロは買いますよ、表紙買いですが。

お疲れ様です

サムライTVでの棚橋の柴田に対しての発言。

「(自分との試合では)彼のやりたいプロレスはさせない。意地悪な試合をする」
「(自己満足な試合しかしない柴田では)自分とは経験値が違いすぎる」
「(柴田は昔ながらのプロレスラーの色気、雰囲気を持っているが、そういった部分を)一切評価していない」

かなり強い口調で言い切っていました。
すべて本音だと思います。
多分、棚橋以外も大半は同じような意見でしょう。

前から思っていたのですが柴田はレガースを外すべきですね。
復帰後、着用しだしたのって東京ドームの真壁戦からですよね。その時「ハァ!?何、着けてんの!」と思いましたよ。
相手にはカッタイやつを入れてやればいいんです!笑
本人は勿論、スネを守る意味で着けているのでしょうけど。

柴田にはMMAをやっていた期間に身につけたものを出してもらいたいです。
プロレスラーとしてMMAに取り組んでいたわけですから。
かといって、顔面をマジでぶん殴れと言っているわけではないですよ!笑

「MMAであってプロレスじゃない」?
じゃあ、柔道をやっていたレスラーは投げを使わねーのかって話 笑
「結果を出してない」?
勝つか負けるかの世界ですよ~。

そんな意見は関係無いですからね。
本来はプロレスラーが強さを求めるのは自然なこと。
それが柴田の場合は時代的にMMAに向かっただけで。
“経験値”の違いを逆に見せてあげたらいいんです。
…レガさんもこちら側の意見では?

あ、それと柴田がプロレスが出来ない・下手みたいな言われ方をすることがありますが、新闘魂三銃士時代は柴田が1番上手かった印象ですけどね。

>怜ちゃん

こんばんわ。怜ちゃんもお元気ですか。

田村さんのインタビュー記事アップしていただきありがとう<後編まで出揃ったら、気になった部分を抜粋して記事にしたいと思ってます。

先日の秋田大会行けばよかった…忙しいんだけど、G1クライマックス観にいってきます<相変らずの現場主義、さすがです。
怜ちゃんが捜し求めていたもののほとんどが今の新日本プロレスにあるにでしょうね。

今週の週プロ<絵になりますよねえ。華があるというのはプロレスラーとしては素晴らしい事です。

No title

帰ってきましたイヤァオ!!!

G1喰らってやろうじゃないですか!!!

また宜しくお願い致しますm(__)m

>宮戸ゲノムさん

サムライTVでの棚橋の柴田に対しての発言…かなり強い口調で言い切っていました<今日の石井戦を観て、その発言の説得力かなり感じました。
もうどんなスタイルであれ受け入れるつもりでしょうし、受け入れた上で柴田に差を見せつけてやろうという魂胆でしょう。

柴田はレガースを外すべき<壊れちゃいますからねぇ…どうなんでしょう。
今の柴田の蹴り方ってレガース無いと互いにきついでしょうね。

柴田にはMMAをやっていた期間に身につけたものを出してもらいたい<じゃなきゃ出てった意味も戻ってきた意味もないですからね。

本来はプロレスラーが強さを求めるのは自然なこと…“経験値”の違いを逆に見せてあげたらいい<柴田は柴田で棚橋を戸惑わせるような闘い方しなきゃ駄目でしょう。

新闘魂三銃士時代は柴田が1番上手かった印象<トンパチ感も含めて最もプロレスラーらしかったのが柴田でしょうね。

>たかさん

おおっとぉ!! まさにブログ界のカムバックサーモン!!

ツイッターという文明に背を向けて、再び闘いの学び舎に戻ってまいりましたこの男!!

まさにたかさんの肉体がレクイエム!!

攻撃がゴスペルだ!!

そして闘い模様がバラードだ!!

…という事で、お帰りなさいましっ!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード