小橋建太とは何か?

いよいよ明日…いや今日ですか、

“鉄人”小橋建太の引退試合が行われます。
マシンガンチョップに、

当ブログにおいて小橋を記事にしたのは、

後にも先にも一回だけです。

 希望と活力のプロレス

そのくらい縁遠い小橋について、

引退するからといって急に、

「残念だ」とか「まだやれた」とかは、

あまりにアレですし、

「この試合が忘れられない」というのも胡散臭いでしょう。

じゃそもそも小橋って何なんだろ? と考えると、

私には高山善廣のこの言葉が最もしっくり来ます。

身のほど知らず。
 身のほど知らず。 より

高山
小橋選手というのは、どこからどう見てもベビーフェースにしか見えない人である。存在そのものがスーパー・ベビーフェースで、ファンからの人気も絶大なものがあった。かたや、俺は見た感じからヒールである。まさしく両極端の2人。俺と対立すべく存在していたのが小橋選手だったと言ってもいいだろう。
(略)小橋選手と作りあげることができるだろうと思ったのは、だれにでもわかりやすいプロレスだ。


確かに小橋の場合、対角線上に立つ相手は誰もがヒールでした。

そう、小橋建太とは「史上最高のスーパー・ベビーフェース」なのです。
小橋登場

そもそも小橋はそのバックボーンからして、

華々しくプロ入りした訳でもなく、

学生時代に何らかの実績を残した訳でもなく、

本当の意味での叩き上げと呼べるプロレスラーでした。

入門してから道場のトレーニングにおいて大きくなる。

そして強くなっていく。

自身が地方の一プロレスファンだった事もあって、

何よりファン第一の考えの中でレスラー人生を全うしました。

派手に“言葉”で闘う事はせず、

黙ってリングに上がって肉体と技で闘い、

表情で語ってきました。

それはある意味、師匠のジャイアント馬場さん本人よりも、

馬場さんらしかった部分かも知れません。
この表情が魅力

余談ですが、極端な話、

小橋なら今の動けない身体であっても、

休憩前の6人タッグに出てきて声援を浴び、

相手を走らせてチョップとラリアートだけ打ってれば、

その存在が認められていたと思います。

言わばかつての馬場さんのポジションです。

それが許されるだけの実績と道のりがある訳ですから。

田上なんかよりも本当の意味で馬場さんの役柄が許される存在、

それが小橋であり、そういう晩年が待っていたはずです。

でも小橋はそうして続ける事を良しとはしなかった。

曰く、「小橋建太のプロレスが出来ないと判断して、自分で決めた事」

あくまでも“鉄人”としての自分にこだわった訳です。
小橋の逆水平チョップ

正直あの8人タッグという対戦カードの中で、

小橋の持ち味がどれ程発揮出来るのか疑問ですが、

途中で動けなくなったとしても、

それはそれで最後としては有りなのかな? と思います。

「あんたは小橋に何の思い入れもないから、そんな事書けるんだろ」って?

まぁ、そうなんでしょうね。

ただ三沢光晴もそうでしたが、

小橋という存在は団体やスタイルを超えた存在ですよ。

プロレスファンにとって誇りに感じる数限られた選手なんです。
チョップ連打から、

思えば90年代の2大メジャーを牽引したのが、

新日の闘魂三銃士と全日の四天王でした。

この7人の中で最年少(でしたよね?)にあたる小橋が、

初めて正式な形での引退興行を行うというのも、

小橋ファンにとっては幸せな事かも知れません。

しかも会場は聖地・日本武道館。

全国でクローズドサーキット開催。

TVは衛星波ながら全国生中継。

…破格でしょ、これ。

(現在、過去問わず)小橋ファンなら明日という日を胸に刻まなきゃ嘘ですよ。

大門さんとか…今でもプロレス観てるかなぁ。
返す刀で矢野の顔面にラリアート

昨夜と今夜、BSスカパーとスカパーch585では2夜連続で、

これまでの小橋の名勝負が放送されています。

さっきHDに録った昨夜放送分を観たんですが、

やっぱりベイダー戦、今観ても凄まじかったです。

あ、BSスカパーばかり無料放送で宣伝されていますが、

スカパーでch契約されてる方ならば、

ch585で同じく無料生中継が観られますよ、念の為。

あの名曲に合わせて、

全国からプロレスファン全員で小橋コールを送りましょう!!
「行くぞー!!」
関連記事
スポンサーサイト

tag : 小橋建太 高山善廣

comment

Secret

No title

まだ引退試合は見てません。

彼がまだ三沢と川田の背中を追っていた頃、
週プロのインタビューで
「応援してくれるファンのためにいい試合をしたい」
とよく言ってました。

私は、「勝ちたい、なら分かるけどそれってどう?」みたいな感じで当時のプロレス仲間によく文句を言ってました。
「小橋はそういう人」と言われたけど納得はいかなかったです。
それから何年か経って、「小橋はそういう人」としか思えなくなりました(笑)



ただ、東京ドームでの秋山戦は正直途中から見てるのが辛くなりました。
ここまで身体を痛めつけあわなきゃいかんのかなぁ・・・と。
観客の熱気とは逆に彼らの体調だけが心配で。

意外な男のコメント

こんばんは。

Uインター旗揚げ頃の田村インタビューで『小橋選手はテレビに映っている分、ぼくより強いと思われているかもしれないけど、その見方は面白くない』みたいなコメントがあり、当時は田村も一介の若手だったのですがU系の選手も他のプロレス団体を意識するものなんだと妙に記憶に残っています。

鈴木、高山、オブライトと絡んでいるしマレンコに間接技を指導されて少しだけU系と絡んでいた印象があります。

鈴木戦はチョップをスカされてばかりだったけど力任せのヘッドロックをかけたりしていて格闘技戦のようで面白かったです。

>ナリさん

まだ引退試合は見てません<感動…とはちょっと違うんですけど、いい引退試合でしたよ。絶対王者といわれた男の最後に相応しかったです。

「応援してくれるファンのためにいい試合をしたい」<間違いなく猪木が嫌うセリフですが、それを最後まで…とくに怪我も病気もはね返して全うした訳ですから、凄い人物ですよ。

「小橋はそういう人」と言われたけど納得はいかなかった…何年か経って、「小橋はそういう人」としか思えなくなりました<そうですね(笑)。
その答えに間違いはないです。

東京ドームでの秋山戦は正直途中から見てるのが辛くなりました<私が見てなかった時代の試合ですね。
昨夜のVTRでもちょっとだけ流れてましたが、エプロンからダイレクトで場外に落ちるブレーンバスターとか…もう行き着く所まで行ってます。
あの呪縛を振り払うのがKENTAとか丸藤の役目だと私は思うんですけどね。

>aliveさん

こんばんわ。

田村インタビュー<ああ、覚えてます覚えてます。
意外と他団体の同期入門とかも意識してましたしね。田村はやっぱり面白いですよ。

鈴木、高山、オブライトと絡んでいるしマレンコに間接技を指導されて少しだけU系と絡んでいた印象<対極に位置するレスラーですが、考えてみれば最も全日らしい選手だったかも知れませんね。

鈴木戦…格闘技戦のようで面白かったです<この試合も私が見ていなかった時代。
こんなGHC戦あった事すら知らないんですよ。ちょっと動画あったら見てみたいです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード