検証・昨日の会見

昨日の会見、いくつかの謎かけがありましたね。

ここをスルーしてしまうのか、一個一個執拗に拾い集めていくのかがMMAファンとプロレスファン(いわゆる変態)の違いでしょうね。

まず会見での桜庭の“あの格好”。

会見風景

あれは意味不明のおしゃれ番長じゃなくって、

「田村さん、あなたこの格好した人から逃げたんでしょ?」

という一流の挑発。

桜庭自身それほど重く考えてはいなかった田村戦に、いかにして意味を持たせるかが昨日の一挙手一投足に表れてました。

田村は相変わらず桜庭戦については身長に言葉の一つ一つをじっくり選んで話した感じです。

まず、両者のコメントを振り返ってみましょう。

 kamipro.com より
『Dynamite!!』で桜庭和志 vs 田村潔司決定!! 会見の全文はコチラ!!

桜庭和志「僕からですか? いきなり振られるとは思わなかったんで…。えーと、せっかく年末という試合なので、いいイベントなので、できれば僕は緊張感を持って試合をしたいので、時間無制限で、素手でやるというルールはどうでしょうか? 笹原さん、どうでしょうか? よろしくお願いします」

笹原EP「私の一存で決められませんので、TBSさんのほうと相談のうえ、ちょっとお時間をいただければと思います」

桜庭「じっくりと、お願いします! せっかく年末なんで、時間無制限で勝つにしろ負けるにしろ、いい試合ができて、年末除夜の鐘を聞ければいいかなと思いますので、よろしくお願いします」

田村潔司「田村潔司です。年末に試合をすることになりました。えーと…、そうですね。いま凄い、なんとなく凄い緊張感がありまして、あとは年末に向けて練習を調整して試合に臨みたいと思います。よろしくお願いします」

【質疑応答】

― 田村選手、桜庭選手が時間無制限と素手を要求したが? 

田村「えー…、僕の一存では決められません(笑)」

桜庭「田村さんの一存で決まると思います」

田村「素手って、素手で顔面もありってこと?」

桜庭「そうですね。最近の総合格闘技っていうのはちょっと緊張感がないような気がしてならないので、それで緊張感をもった試合がしたいということですね

田村「それは顔面もあり?」

桜庭「はい。顔面もありですね」

谷川「ここで交渉しないでくださいよ!(笑)」

― 互いの選手としての印象は?

桜庭「えーと、赤い色です」

田村「そうですね。印象は…、昔、同僚というか、一緒に練習して、まあ、試合をしたこともあるんですけど、袂を分かってからは、やっぱり雑誌とかテレビを通じて観てまして、よく格闘技界をひっぱってきた人間だと思いますので、ずっと、ここ10年近くメイン、というかトップをとってる選手なので、やっぱり精神力が強い選手なのかなと思います」

― いままでこのカードの話があったが、これまでは田村選手のほうが避けてたいたという印象があるが、このタイミングでこのカードを受けることにしたのはなぜか?

田村「(長い沈黙)…。そうですね。さきほど谷川さんのほうからPRIDE時代に何度かこのカードが浮かんで、消滅してっていう感じで、実際にオファーをもらってたりしたんですけど、その当時、榊原(信行・元DSE)代表等と話をさせていただいたりとか…。PRIDEはPRIDEで独自のブランドを持ってましたので、僕が出る出ないとか、まったくもう関係ないところにいましたので…。なんて言えばいいかわからないですけど、ここ最近の格闘技界を見て、僕はこういうときに“流れ”という言葉をよく使うんですけど、一言で言うと“流れ”で参戦することを決めました

― このタイミングがベストということか?

田村「いや、ベストかどうかっていうのは、それはわかんないですけど、こういうのは1年後、3年後、10年後になって結果が出ると思いますから…、ベストかって言うとわからないですね」

― 桜庭選手はこのカードを待ち望んでいたという感じか?

桜庭「そうですね。PRIDEの話をすると、PRIDEのリング上で田村さんが、僕と田村さんにしか見せられない試合があるっていうのを言ってたので、僕の頭の中にあるのは、それが時間無制限の素手の試合だったので(笑)、それでやってくれるんであれば、僕も凄く試合の中で気持ちを出せると思ったんで、最高のタイミングだと思うんですけど…。理由になってないですね(笑)」


桜庭の発言。特に時間無制限と素手…これ前者は本音だと思います。

DREAMの前身であるHERO'Sのルールを変えた張本人の桜庭には到底1Rの10分間で田村を極めきれる訳がないことは百も承知です。

後者は以前桜庭が発言した「田村さんの顔面なら殴れる」が元ネタでしょうが、実は掌底ルール希望とかいうオチ…な訳ないですね。

額面どおり緊張感を出したいということでしょう。

でもこういう時に躊躇なく顔面殴ってくるってのが田村の方なんですよね。

今後、田村が「素手と無制限を飲むかわりにレガース着用とエスケープ3回まで認めろ」とか言い出したら面白いんですけど。

とにかく試合まで一月半以上、連日web上や新聞紙上を騒がせてほしいです。

あとは宮戸が今回も田村のセコンドに付くのかと、

高田の動向かなぁ…

U

今日現在、私のさいたま生観戦の確立は限りなく“0”です。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 桜庭和志 Dynamite!!

comment

Secret

ご無沙汰

レガさんご無沙汰してました怜です。
対戦決まったんですね…しかも大晦日……。
私も観にいけないな~
200%無理です!
生でみたいよ【あの人】を!!
レガさんならこの気持ちわかってくれると…思ってます。
「大晦日行けるといいね」なんて簡単に言えないよレガさん。
私も年末まで葛藤の毎日になりそうです
いいブログだね、続けていって下さい。

ここまで、長かったですね

思わずレガさんにメールした、最後のブライドから考えても長かったです・・
桜庭が何を思ってあの発言をしたのか真実はわからないですけど、俺はリアルに殴りたいんだと思います。極論、Uをやる気はないと思います。
田村は極論、Uをやりたいし、できる相手と思って対戦受けたと思います。

田村はあの会見後、かなり機嫌が悪かったそうです。
現時点で二人の温度差がかなり違うのは確実です。

この温度差がどうでるか・・・
私は断然、田村を応援します!

>怜ちゃん!!

怜ちゃんですか!? …いやぁお久しぶりです。
御来訪ありがとうございます。

気持ち痛いほどわかりますよ。これ明らかに節目ですもんね。
【あの人】…特にこういう試合の【あの人】は本当に怖いですからね。
あの空間にいたいだけですよね。

私も怜ちゃんも…難しいですよね。
毎日葛藤してます。
またコメント下さいね。あと寒くなってますんで、風邪引かないよう。

>ガクさん

あの時のメール…いまでもたまに読み返しては思い出します。
あれから…長かったです。

やっぱりあれですね。高田vs田村の時も思いましたが、感情が生過ぎてグルングルンとアレしちゃうんでしょうね。
あの時、高田を正面から見られなかった、ラストのフックの後すぐに座り込んだ田村と今回、田村の顔面を思いっきり殴りたい、ボコりたい桜庭の感情は巡り巡ってつながっていると思います。

会見後、かなり機嫌が悪かった<この部分、凄く高田戦を思い出します。
オファーを飲んでしまった後悔は少なからずあると思います。
生の感情…ここからマスコミの仕事ですね。

No title

当時スルーしていたツケがまわってきました。今必死でUWFを研究してます。

>123daさん

UWFの歴史は根深いです。一筋縄じゃいきません(笑)。

Uも新生とインターでは思想から変わってきますんで、大変です。

Uインターに関しての資料ならお役立てさせて頂きます。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード