UWF、一つ終わり再び始まる

3.9 後楽園ホールの『U-SPIRITS again』は、

観客動員、試合内容、共に大成功に終わった様です。

本当良かったです!!

この時代でもやっぱりUは必要なんだなぁと、

改めて思いました。

 eFight より
U-SPIRITS again集合写真
【U-SPIRITS】金原弘光、近藤に敗れるも完全燃焼のラストマッチ

各世代のUWF戦士…感慨深いものがありますね。

メインは金原弘光の総合ラストマッチ。

パンクラスの顔とも呼べる近藤有己と、

まさに完全燃焼の闘いだったそうです。
激しい掌打の打ち合い

結果は4度のエスケープによるロストポイントの差で近藤が勝利。

これは現在のMMAファイター、ファンには大きな違和感があるかも知れませんが、

むしろUルール特有のロストポイント制によって、

私は競技としての試合形式になっていると思います。

この考えは昔から変わりません。

それにしても試合前の両者のセコンド勢。
壮観、金原セコンド

“壮観”の一言ですね。
こちらも壮観、近藤セコンド

Uインター…というより今回はリングス色の強い金原側と、

ほぼパンクラスのオリジナルメンバーが揃った近藤側。

そして何よりショートタイツとレガース姿!!

もちろんOFGもなし!!

今回の大会の画像を見ると、

掌底ルールにもかかわらずバンデージで固めた選手がいないんですよね。

これ掌打を打つ選手にとってかなりリスク高い事じゃないですか。

昔はよく指を折ったり、相手の歯で切れたりしましたよね。

今はマウスピースしてるからアレかも知れませんけど。

何より“相手を壊さない為”のレガースであり、掌底ですから。

エンディングの各選手のマイクもいいですね!!

 スポナビ格闘技 より
金原、総合ラストマッチ飾れずもUWF魂見せる U戦士が胴上げ

金原
「本日はありがとうございました。近藤選手、ありがとうございました。強かったです。強かった。またチャンピオン目指して頑張ってください(近藤と2人で座礼)。
ここにいる人たちが苦しい思いをして総合格闘技を作りました。みなさま本当にありがとうございました。鈴木さんが上がってくれて、実験に参加してくれて本当にありがとうございました。UWFはプロレスであり、総合であり、UWFはUWFです。まだここにU-SPIRITS、魂を持った選手がここにいます。みなさん、これからも応援よろしくお願いします」

みのる
「コールとかされるとやる気なくす。どうせコールするならUWFだろ。(場内からUWFコールが起こる)。UWF、まだまだ死んじゃいねえぞ」

高橋
「俺はUWFをファンとして見ていて選手になりたいと思って、結局入れず、藤原組に入って、でも今日Uのテーマで入場できて、試合ができて幸せに感じています。金原くんもまだまだ全然できるじゃない。オレもまだ現役だし、まだやろうよ(金原と笑顔で握手)」

高山
「金原さんと試合してデビューしました。オレのプロレスラーとしての第1歩は金原さんなしではありえなかった。特別な存在です。ごっちゃんし(金原と握手する)」

近藤
「本日はたくさんのご来場ありがとうございます。UWFの精神を忘れずに総合格闘技、もう1回ぶっ飛ばします。みなさんありがとうございました」


“UWFはプロレスであり、総合であり、UWFはUWF”

“UWF、まだまだ死んじゃいねえ”

“Uのテーマで入場できて、試合ができて幸せに感じています”

“UWFの精神を忘れずに総合格闘技、もう1回ぶっ飛ばします”

一個一個の言葉がキラキラ輝いてます。

それこそ私らが追っかけてたUWFなんですよ。

今大会、各試合それぞれ“MIX”ですよね?

それもUWFなんですよ。



近藤選手…もう一回その不思議な魅力で、

MMAを引っ張っていってくれ!!

まだまだ出来る。

あ、もう少し日焼けしてオーラを取り戻して下さい。

金原選手、

長い総合格闘技生活、お疲れ様でした。

まだまだ魅せて欲しいです。

鈴木軍入り? いいじゃないですか!!

黄色いジャンプスーツ着てヌンチャク振り回しながら、

ジュニア戦線で飯伏とかディビッドを蹴りまくって、

「あのおっさん何なんだ?」みたいな存在になっても面白いなぁ、と。

総合はこれで終わりでも、

UWFはまだまだ続けていって下さい。
金原有終の胴上げ

関連記事
スポンサーサイト

tag : 金原弘光 近藤有己 UWFインターナショナル リングス パンクラス

comment

Secret

No title

久しぶりに近藤を見ました。
えらく色が白くなりましたね。
老けたなぁと感じました。


ロストポイント制は私も素晴らしいルールだと思っています。
特に、違う格闘技の技術を持つ者同士の試合においてはとても良いのではないかと感じます。
UWFの選手だけでやっていた時代は「3エスケープ=1ダウン」でしたが、団体外からの選手や外人レスラー、果ては外人格闘家が参戦しだしてからは1エスケープ=1ダウンに進化しました。
「これがあったからグランドの技術の進化が遅れた」
という意見もありましたが、道場の練習においてロープブレイクはないのでそれもどうかなぁ・・・と。
元々の技術体系の違いなのにねぇ・・・とか。

しかし、えらいもので今でも掌低&レガースのしばきあいには興奮しますね。

私は大江慎ファン

サムライTVなどで、ご覧になりましたら是非、改めて記事にしていただきたいです!
ちなみに個人的に金原vs近藤は今年のベストバウト候補です。
感動しました!

おはようございます。
サムライで見ました。
今回の興行は、前回を上回るくらい良かったです。

金原のセコンドの多さはPRIDE1の高田を思い出しました。ああいうシチュエーションじゃなかったので悲壮感はなかったですが。
成瀬と佐野がいたのは驚きました。

ヤマケンなんか前田ニールセンの時の高田を思い出させる裸でセコンドについていましたし。

私は金原は鈴木軍より桜庭と組んでほしいです。これは新日本参戦当初から思っていました。

新日本との対抗戦の時、体格差があると掌打は数を打てないと厳しいからグローブ着けて殴りたかったと以前に語っていたので桜庭と組んでそれをしてヘビーとも絡んでほしいです。
あと少し前のKAMINOGEでヒーローズに出ていた宮田が、あと20年後ぐらいには『K-1って何?』となるだろうと語っていたのですがUWFは解散してから20年以上、経っているのに、こうしてファンも集まるし語れるのだからやはり凄いですよね。

見に行きました!

相変わらず観戦ブログはmixiの方だけでご無沙汰です。

しかしこの大会、当然ながら密航しましたよー。

菊野選手のKOとメインのシバキ合いが特に良かったです!

そして、ここにコメント書いてる皆様、分かってらっしゃる方ばかりで嬉しくなります^^

Uルール、最高だと久々に生で見て改めて思いました。

ただ、団体として存続してないのが悲しいところ…ビッグマウスが最後の綱だったのに…ただ、ヤマケン選手が何やらやる気になったみたいですし、何とかUルールの大会を開催していって欲しいです

>ナリさん

久しぶりに近藤を見ました。えらく色が白くなりましたね<サイズもちょっと萎んだ様に感じます。しかしまだまだ頑張ってもらいたい存在です。

ロストポイント制…特に、違う格闘技の技術を持つ者同士の試合においてはとても良いのではないか<実はバックボーンの違う対戦者同志に平等さを分け与えられたルールでもあったんでしょね。

団体外からの選手や外人レスラー、果ては外人格闘家が参戦しだしてからは1エスケープ=1ダウンに進化<ダウン1に対するエスケープ1というのは私は平等さに欠けると思います。
一時期のリングスのエスケープ2:ダウン1くらいがちょうどいいのでは? と思っています。

えらいもので今でも掌低&レガースのしばきあいには興奮します<そこにディフェンス技術が加わって、さらに最高ですね。
思いっ切り入れる為のそれらのルールですから。

>宮戸ゲノムさん

サムライTVなどで、ご覧になりましたら<今回は「どうしても観たい」というアレではないんですよね。サムライも解約して久しいですし。
また一年後くらいにDROPKICKの付録あたりで見られたらいいな…と思ってます。

個人的に金原vs近藤は今年のベストバウト候補<おおっと!! そこまで言い切られますか。
確かにその試合と鈴木vsナイマンは見たいです。

>aliveさん

おはようございます。

前回を上回るくらい良かった<そうですか。やっぱりシュートマッチが内包された方がUWF的なのかも知れないですね。

金原のセコンドの多さはPRIDE1の高田を思い出しました。ああいうシチュエーションじゃなかったので悲壮感はなかったですが<やっぱり団体を背負って出て行くという部分にはグッときますね。

成瀬と佐野がいたのは驚きました<私は上山ですかね。びっくりしました。

ヤマケンなんか前田ニールセンの時の高田を思い出させる裸でセコンドについていました<案外ヤマケンってセコンド姿はまるんですよね。サクのUFCの時とか。

金原は鈴木軍より桜庭と組んでほしい<そうでしたか。
柴田が高山だったらそっちなんですけど、鈴木と組んでごちゃごちゃやるのが面白いかなぁ…って。

UWFは解散してから20年以上、経っているのに、こうしてファンも集まるし語れるのだからやはり凄いです<そうですね。会場には明らかに今のプロレスから離れてしまったファンがたくさんいたと聞いています。
ある意味、80~90年代に時代を作ったロックバンドの再結成みたいな部分あるかも知れませんね。

>やっちゃんさん

この大会、当然ながら密航しましたよー<観戦お疲れ様でした!!

菊野選手のKOとメインのシバキ合いが特に良かったです!<この2試合は格闘技系サイトでも扱われていますね。

ここにコメント書いてる皆様、分かってらっしゃる方ばかりで嬉しくなります<本当にありがたいです。

Uルール、最高だと久々に生で見て改めて思いました<緊張感と程よい盛り上げ感が良いですよね。

ただ、ヤマケン選手が何やらやる気になったみたいですし、何とかUルールの大会を開催していって欲しい<ヤマケンではアレなんですけど…このルールが継続されるなら嬉しいですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード