G1二日目生中継をCSテレ朝1で観た

『G1クライマックス23』二日目の、

8.2 後楽園ホール大会生中継を観ました。
G1クライマックス23ロゴ

最初は子レガ就寝後に、

録画したものを観ようと思っていたのですが、

帰宅後、チャンネル権をすんなり譲ってくれた為(笑)、

休憩明けの後半5試合、

真壁刀義vsデイビーボーイ・スミスJr

内藤哲也vs飯伏幸太

中邑真輔vs鈴木みのる

後藤洋央紀vsオカダ・カズチカ

棚橋弘至vs石井智宏


をLIVEで観る事が出来ました。

それにしてもギッシリ埋まってましたね!!



♪偉大なる程ワンパターン、というのが真壁。

実は今の時代に最もそぐわないレスリングなのかも知れません。

しかしあの身体の持つ説得力だけで、

トップの一角に喰らいついてる様な部分もありますな。

それにつけてもデイビーボーイJr!!

サイズもセンスも親父を超え…かけてますね。

もう少し華を身につければ鉄壁でしょう。

叔父のキッドらのルーツであるウィガンスタイルも好きみたいですし。

肌の焼き方にちょっと経験の浅さが見えた…くらいかな?



飯伏は自分の出し方を知り尽くしていると言うか、

凄い選手であることには間違いありませんね。

身体能力ももちろんですが、

“出し方”が凄いなぁと思いました。

一方の内藤、

膝の調子もあるのかも知れませんが、

ウェイトアップ(した様に見えるけど…)に筋力が付いて行けてない様に思えます。

ミサイルキックなんかちょっとアレになっちゃいましたね。

武藤似ついでに試合の流し具合まで武藤化しちゃったら、

エースには程遠いでしょうな。



中邑と鈴木…この試合が観たくて、

今日早めに帰宅した様なもんです。

私見だけで書かせてもらうと、

鈴木…何となく1.4の中邑vs桜庭を意識していませんでした?

いや全然違うかも知れませんけど、

そんな気がしたなぁ。

中邑は試合前から右肩気にしてたり、

この前も書いた様に、

ちょっとウェスト周辺の肉が気になったり、

ズバリ言ってコンディション悪いでしょう?

でもセカンドロープからのボマイェとか、

ライダーキックのタイミングを見ると、

そうでもない気もして来るから不思議です。

それにしてもアレですな、

膝を出す度に会場が「イヤァオ!」って、

あれどうなんでしょうね??

多分ああいう掛け声って合う選手と合わない選手いると思うんです。

越中なんかは前者でしょうし、

中邑は多分後者。

何か「おー」「オリャ」「シャー」の流れみたいで、

私は嫌ですなぁ。



後藤は攻めダルマでしたね。

オカダの表情、視線、間は相変らず凄いんだけど、

あの展開じゃ後藤の試合ですよね。

本当ファイプロというか…柴田戦でもこれが出たら、

どんな試合になっちゃうんだろ??

それにつけてもIWGP2大王者が開幕2連敗!!

これは事件か? それともこれぞG1なのか!?



最後は石井の世界に棚橋が乗っかって、

自らヒールを買って出る展開。

石井のインパクトも相変らず凄いけど、

相手の土俵に乗った上で、

決して主導権を渡さない棚橋って男は…。

4年前に書いた事は過去の話(参照:)。

今や棚橋の安定感以上の存在は皆無でしょうね。

張り手とエルボー合戦見てたら、

やっぱり棚橋の突き抜け具合を痛感せずにいられなかったですよ。

それにしても最後の攻防…締めはSSDですか!!

セミで「これぞG1」を見せられた後に、

さらにメインで「これこそG1」を魅せられました。



…で観終えた後に思ったのは、

「これ昭和新日とWWEに有ったもののほとんどを手に入れてるな」と。

“濃さ”はさて置いて、

“まんべんなく”ほとんど手に入れたんだなぁ、と思いました。

今夜も画像なしでごめんなさい!!

関連記事

tag : G1クライマックス 中邑真輔 棚橋弘至 オカダ・カズチカ 真壁刀義 後藤洋央紀 鈴木みのる 石井智宏 デイビーボーイ・スミスJr

comment

Secret

No title

真輔・・・2連敗・・・イタタ・・・(泣)

試合後のコメを読んでみた。
鈴木 『 中邑 おもしろい 』 いうてました。
独特のリズムが あると。
なんか、 鈴木にいわれると 嬉しい(ニヤリ)です。

とーるちゃんも2敗・・・。
カズチカ も 2敗・・・。

CHAOS がんばれ~ (なんか かる~~ぅ笑)

今見終わりました。

桜庭撰を意識、、、全く同じ事を思いましたよ(笑)
あのイヤァオコールは初めてですね。
後楽園の独特のあれがあれしちゃったのかなぁ。
自分も勘弁してほしいですね。
あまりの恥ずかしさにオリャを真っ先に思い出しました。

内藤はあれで復帰後の中では一番いい試合だったと思います(笑)

棚橋の凄さ素晴らしさは抜けてますよね。
石井の土俵にまで乗るのかと。
後藤とのIC戦以来の石井のSSDですが、元祖と比べると落とし方がちょっと違いますよね。
まぁ全然どうでもいい話ですが(笑)

今日は愛知大会を見ます(^-^)

>ケロさん

真輔・・・2連敗・・・イタタ・・・<今日やっと一勝しましたね。

鈴木『中邑おもしろい』…鈴木にいわれると嬉しい(ニヤリ)です<今の鈴木のスタンスでは最高の相手だったでしょうね。
G1後、インタコンチ挑戦なんかあるかも知れませんね。

CHAOSがんばれ~<今のところ、裕次郎は全勝ですね。
中邑もオカダもここからでしょう。

>たかさん

桜庭撰を意識、、、全く同じ事を思いましたよ(笑)<嬉しいですね、それ。
やっぱりね、私なんかもたかさんの記事を読んでて、「そうそう!! はいはい!!」みたいに読んじゃう訳ですよ。
近い目線(決して同じ目線ではない:笑)でプロレスを楽しめるのが嬉しいです。

イヤァオコール…後楽園の独特のあれがあれしちゃったのかなぁ<昔っから特別な空気なんでしょうね。
それこそ昔…四天王以前の全日の後楽園の雰囲気とかTVで観てても嫌でしたね。

内藤はあれで復帰後の中では一番いい試合だったと思います(笑)<新日の中では多々ある話なんですけど、やっぱり凱旋帰国時が最もインパクト強いという…それを上書きしてしていける選手がトップに立ってるんですよね。
奇しくも中邑も棚橋も暗黒期にオーバーしただけあって正式な長期修行に出ていないイコール凱旋帰国が無いというパターンで、ずーっと上書きを重ね続けている訳ですもんね。

棚橋の凄さ素晴らしさ…石井の土俵にまで乗るのかと<猪木が言ってた、「観客を掌の上に乗せて」っていう名言を思い出しましたよ。
相手の力を引き出すという以上に観客の感情を引き出すと言う…凄いレスラーですよね。

後藤とのIC戦以来の石井のSSDですが、元祖と比べると落とし方がちょっと違います<そこんところ技トーークになってくるんでしょうけど、たかさんの技論、ぜひ自遊人で詳しくお願いします!!

今日は愛知大会を見ます<連日お疲れ様です。
それにつけてもサムライ、テレ朝ch、PPV、ニコニコ動画他…全戦生中継って、90年代を思い返すと夢の様な環境になっちゃいましたね。

どもっす。
そうですか、今の新日本には昭和新日とWWE にあったものほとんどがまんべんなくはいってますか。

いやぁ~、本当に今の新日本は観たいなぁ~と思わせてくれますもんね。多分ですが、冬木がやり田中がたかった新生FMWの理想も今の新日本なんじゃなかったのかな?外道や田中が頑張ってるのも感慨深いですね。

G1では長州以来の全勝優勝をオカダに期待したのですが…そうですか、二敗もしましたか…。今のプロレス界で勝ち続けるのって難しいのは分かってるのですが、それでも安易なサプライズはもうお腹イッパイですね。

>BKっち

こんばんわ。

昭和新日とWWE にあったものほとんどがまんべんなく<あ、誤解がない様に細くしておきますけど、ほとんどがまんべんなく少しずつですからね。濃い部分というのはそれぞれが持っていたもので、そこはやっぱり敵わないですよ。
しかしそれぞれのファンが楽しめる要素は確実に持っているという事です。ただ、それが私にとっての理想郷ではありません。
ことスタイルで言うと、やはり違う訳です。

冬木がやり田中がたかった新生FMWの理想も今の新日本なんじゃなかったのかな?<ただ悲しいかな、いまの試合のクオリティは当時のFMWじゃ不可能でしたよね。
今の新日本がいろいろな層から支持されているのは、何だかんだ言ってもやはり試合のクオリティだと思います。

長州以来の全勝優勝をオカダに期待したのですが…今のプロレス界で勝ち続けるのって難しいのは分かってるのですが、それでも安易なサプライズはもうお腹イッパイ<それでも治外法権というか、G1だけはやはり特別ですからね。
普段は格が絶対必要ですけど、この前の石井が棚橋から取った試合なんかを観たら…やっぱりサプライズは必要なんですよね。

新生の全盛期は内容すごくよかったですよ。ハヤブサ人生VS田中&黒田とか、ハヤブサ、田中、黒田対邪道、雁之介、金村とか。
まぁ、レガっちの好みとは違うかもしれませんが、ハイスパートと呼ばれるものの中でもクオリティーは高かったです。ハヤブサ=棚橋、田中=中邑、雁之介=真壁、黒田=後藤、人生=鈴木、藤原&池田=桜庭&柴田ってところでしょうか?意外と揃ってるでしょう?他にグラジ、レザー、金村、邪道、中川、冬木にECW 勢に女子ですからね。ディレクTVが上手く行ってれば…って感じです。
G1は治外法権…頭では分かっているんですけどね。
つくづくリングアウト決着や反則がらみの裁定の良さがわかります。


しかし、冬木がやり田中がたかったって…。すいません。冬木がやりたかったの間違いです。

>BKっち

新生の全盛期は内容すごくよかったですよ<はいはい、存じ上げておりますよ。
よく記事に書く様に、中島の動員数は新日とFMWでしたからね。

ハヤブサ=棚橋、田中=中邑、雁之介=真壁、黒田=後藤、人生=鈴木、藤原&池田=桜庭&柴田ってところでしょうか?<出ましたね!! そういうの語らせたらBKっちの右に出る者はいないですね。また夜な夜な語り合いたいものです。

つくづくリングアウト決着や反則がらみの裁定の良さがわかります<数年前のヒロ斉藤は良かったですよね。全試合両リン狙い(笑)。
あれはあれでリーグ戦ならではのテーマでもあるし、全員が優勝狙わなくったっていいんですから。
逆に言うとそれがプロレスですし。

冬木がやり田中がたかったって…<たかっちゃまずいです。

こんばんは

レガさん 現地より全試合ではないですが軽くレポさせてください。
どこのライブ会場かと思うほどの人、人、人。
女の人や子供さんもだいぶ見かけました、棚橋Tシャツ率の多さ!
会場人気は飯伏とみのるでしたね。
アンダーソンが矢野さんの赤い法被を奪って着て例のポーズで「アン、ダー、ソン」やってました。
天山と内藤の時、内藤が攻めてる時でも場内はシューシュー凄くてちょっと不快でしたね。
さらに不快指数100だったのが後方にいた男、たぶん棚橋やchaos嫌いなんでしょうね、わざとデカイ声で受けてやれよとか見たくねえやら腹立つとかやめろよとか叫びまくってたわけですよ ひどかったですね!
裕二郎は浴衣美人2人はべらせてきましたが、マイクがエロくなかった為アップはしません 笑。
オカダは柴田に9割方押されてましたが…まあでも…生で見たオカダはむちゃカッコよかった~。
中邑真輔がコールうけてた時 「かっこい~!」って何度か声あがってて、永田さんにモニター切り替わった瞬間一転して「ワハハハ」って笑。
棚橋のエアギター4連発おわった頃には21時30分廻ってました、つたないレポですみません。

>怜ちゃん

おはようございます。
怜ちゃん観戦お疲れ様でした!!

どこのライブ会場かと思うほどの人、人、人<私の場合映像で見る限りですが、会場の空気がもう80年代とも90年代とも全く違うんですよね。

女の人や子供さんもだいぶ見かけました<3年前の月寒でも感じましたが、子供達が多い…父親母親世代が80~90年代直撃世代なんですよね。
女性ファンは人気のバロメーターですしね。

会場人気は飯伏とみのる<外敵を好む…これもG1ならではなのかな?
結構棚橋にブーイングが起こってますよね。

アンダーソンが矢野さんの赤い法被を奪って着て例のポーズで「アン、ダー、ソン」<マシンガンはちょっと昔のおちょくり系ガイジンがハマってますよね。

内藤が攻めてる時でも場内はシューシュー凄くてちょっと不快<記事にも書いた様に、これって会場ならではのアレなんでしょうけど、ほとんどのファンにとっては気が散る以外の何物でもないですね。

さらに不快指数100だったのが後方にいた男<会場あるあるですね。昔っからそういう輩いましたよね~。しかもすぐ後ろにいるってのは辛いですね。
昔のU系なら周りのファンから「観たくないなら帰れ!」とか言われてた口でしょう。

裕二郎は浴衣美人2人はべらせてきましたが、マイクがエロくなかった為<…すっかり怜ちゃんからもキャラが容認されておりますな(笑)。

オカダは柴田に9割方押されてましたが…まあでも…生で見たオカダはむちゃカッコよかった~<それ! 貴重なカードを見ることが出来ましたね!!
来るべき桜庭vsオカダも待ちどおしい限りです。

中邑真輔がコールうけてた時 「かっこい~!」って何度か声あがってて、永田さんにモニター切り替わった瞬間一転して「ワハハハ」って笑<永田もすっかりそういう位置付けですが、侮れないのは小島同様いつでもベストコンディションなんですよね。
後楽園の中継でも解説のライガーが言ってましたが、「一番練習してる」と。それも「くまなく色んな種類の練習やってる」と。
腐らずいつでも精進する…小鉄イズムですかね。

棚橋のエアギター4連発おわった頃には21時30分廻ってました<かなり濃い3時間ですね。
やっぱり棚橋追撃してきました。
別ブロックは中邑が頭ひとつ出てきましたけど、まだまだわかりませんね。

怜ちゃん、レポありがとうございました!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード