腕ひしぎ逆十字という名のエール~後編~(1997)

さぁ!! 前編からのつづきです。

ヴォルク・ハンの猛攻は止まりません。

田村潔司の右腕を極めたまま、

強引にスープレックスで叩きつけて行きます。
腕を極めながらのスープレックス、

そのまま腕十字を取りに行くと、
そのまま十字へ、

田村はすぐにクロック・ヘッドシザースの切り返し。
田村珍しいクロック・ヘッドシザースから、

…ってこれ珍しいですね。

そこから一気に足を取って、

膝十字固め。
膝十字へ、

ハンは例の如くクルクルと回転しながら、

脱出を図ります。
ハンは動いて動いて、

ロックが緩んだところで、

すぐに腕を取りに行きますが、
脱出して腕を狙いに行くが、

田村はもう一度、膝十字に取って、

思わずハンはエスケープ。
もう一度膝十字でエスケープ奪取、

この攻防を取られたハンの、

精神的ダメージは大きいです。
ハンはショック

勢いの乗ってきた田村は、

鋭い前蹴りでハンをぐらつかせ、
鋭い前蹴りから、

さらに高い打点のジャンピング・ハイキック!!
ジャンピングハイ!!

ハンは大きく吹っ飛びますが、

ノーダメージの為にノーダウン。
ハン大きく吹っ飛ぶが、ノーダウン

低い一本背負いでテイクダウンを奪ったところには、
田村の一本背負い、

ハンのスリーパーが待っていました。
逆にハンのスリーパーが極まる、

何とか抜け出すと、
田村抜け出すと、

すかさずハンは強烈な足首固め。
ハンは足首をロック、

田村も必死に腕を極め返すと、
田村も腕を極め返して、

どちらからともなく自然にブレイク。
どちらからともなくブレイク

田村はローキックの連打によって、
田村はローキックの連打で、

この試合初めてダウンを奪いました。
ダウンを奪う

さらに2度目の前蹴りを鳩尾に入れて、
さらに前蹴りで、

連続ダウン奪取。
連続ダウン

組めば首を捕えて、
首を捕えて、

フロント・ネックロックでエスケープ奪取。
フロント・ネックロックでエスケープ奪取

のちのIGFでのモンターニャ・シウバ戦でも使用した技ですね。

ポイント差かなりついています。
この時点でポイント大幅に田村有利

不利なハンは一気に形勢を戻さんと、

スタンド式のアームロックから、
ハンいきなりアームロックから、

そのままテイクダウンして腕十字へ。
そのままグラウンドへ移って腕十字へ、

“絶対にこの技でやられる訳には行かない”田村は、

必死のエスケープ。
田村もがきながらエスケープ

右肩を痛めた模様です。
ダメージが大きい

ハンは掌底、膝蹴りとつなぎ、
ハンは膝蹴りから、

まさに“芸術品”下からのアームバー!!
芸術品の様なアームバー

汗も手伝ってか何とか脱出成功。
田村は必死の脱出から、

そのままこの試合三度目の腕十字!!

…はこれまた汗ですっぽ抜けてしまいます。
こだわりの腕十字へ

立ち技では一転してハンの掌底ラッシュに、
ハンが掌底ラッシュで、

田村ダウン。
田村からダウンを奪う

互いにスタミナも尽きてきた頃、

首相撲から田村は、

ハンの首に右腕を巻きつけておいて、
首相撲から、

腰を沈めると、

やや強引ながら、
やや強引な、

払い腰で、
払い腰で、

ハンの巨体を叩きつけ、
投げ切って、

腕十字へ四度目のトライ!!
最後は師に送る、

今度はハンを逃さずに、

見事な一本!!
腕十字で一本

様々なプレッシャーに打ち勝った田村は、

思いっ切り、雄叫び一発。
雄叫びを上げる

この日、会場にいましたが、

ゴングの瞬間の館内の盛り上がりは、

凄まじいものがありました。

敗れたとはいえハンも試合内容に満足でしょう。
負けても充実のハン

田村はいつも通り四方への礼を終えると、

ファンの声援に視線を返しながらの退場。
メインの重責を果たす

このフィニッシュに至る一連の流れ(参照:プロレスラーのテイクダウン)。

これこそ私が高田と田村を重ねてしまう、

一番の理由なんです(参照:“覚悟”の表れ)

なぜ、この試合、

執拗に腕ひしぎ逆十字固めにこだわったのか…?

試合後、当時は、

誰もが予想しない言葉が、

田村の口から飛び出しました。

もう一丁、続きますよ。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 ヴォルク・ハン 高田延彦

comment

Secret

これ、オラも観に行ってるはずです。
内容全然記憶にないですが、凄く面白かった事だけは覚えてますわ。
あれ?リングスおもろいやん、って思いましたもん。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>BKっち

これ、オラも観に行ってるはず<おおっと、これまたニアミスですね(笑)。

凄く面白かった事だけは覚えてますわ<この日、フランク・シャムロックがリングス初参戦でTKと緊張感ある試合しましたよね。
パンクラス派のBKっちはその辺りが面白かったということでしょうか。

>○○○○○さん

いつも本当にありがとうございます。

数ヶ月ぶりにMIXIに書き込みさせて戴きましたよ(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○○さん

ご進言下さってありがとうございます。

しかし、私にとってはこのブログが最も居心地良く、他SNS等は元来の出不精ゆえに皆様にご迷惑をお掛けしかねないと思いまして…。
今後とも、このスタンスでお付き合い頂ければ幸いです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード