ビートかずしのオールナイト・シンニッポン

遂に桜庭和志柴田勝頼が、

新日本プロレスのマットに登場しました。

現在の新日の風景を見慣れたファンにとって、

それはそれは刺激的な風景だった様です。

 新日公式 より
NJPW 40th anniversary DESTRUCTION 2012/09/23(日)16:00 兵庫・神戸ワールド記念ホール
二人のKS、いざ参戦
桜庭和志、○柴田勝頼(3分3秒・PK→体固め)●高橋広夢、井上亘

高橋対桜庭となり、桜庭が掌底ラッシュからテイクダウンを奪い、チキンウィングアームロックを極める。これを高橋がロープへ逃れると、桜庭はボディに掌底と膝蹴りを連射。

井上と桜庭が場外で番外戦を繰り広げる中、柴田は高橋に対して張り手からスリーパーホールド。これで高橋の力が抜けると、自ら技を解いてPKを見舞う。そして、大の字となった高橋を膝で踏みつけ、3カウントを獲った。

試合後、なおも井上と桜庭が乱闘を展開。そこに柴田が割って入り、井上を鉄柱に叩きつける。そして、さらに井上と柴田がやり合う中、桜庭はリングに戻って勝利をアピール。
すると、そこへ真壁が現われ、「オイ! オイ! 枯れ散らかした桜庭さんよ? そしてオイ! 柴犬! 間違えた。豆柴だ。オイ、コノヤロー! 新日本に来たからにはよ、この俺がケンカ買ってやる、コノヤロー! 覚悟しろよ、コノヤロー!!」とマイクアピール。桜庭、柴田と至近距離で睨み合った。
すると、桜庭も「皆さん、どうもありがとうございました」と、マイクアピール。そして、真壁たちの方向に向かって柴田と共に一礼すると、それ以上のアクションは起こさず、そのまま堂々と特設花道を引き上げた。


殺伐とした空気をビンビンに発していきながら、

いつにも増して“自然体”。
新日マットでサクラバロック

最後のマイクにしても、

過去にPRIDEDREAMでやってきた、

会場のファンへの御礼に過ぎません。

今の新日の風景に、

合ってるかどうかは別として。

コメントスペースでの質疑応答にも、

熱く吠える柴田の横で、

いつも通りの飄々とした語り口。

コメント(※桜庭分抜粋)
桜庭
「僕は、あの高橋選手っていう若い選手、けっこう威勢があってよかったなって。あと、リングの上では絡めなかったですけど、井上選手とはまた絡んでみたいですし。僕の正直な本当の気持ちは、ケンカになっちゃってますけど、おたがいに闘いとして、試合をやっていきたいな、というのがありますんで。ちょっと短かったですけど。いい感じではできたかな、と」

「リングの中で、闘いができればいいかなというスタンスで。ただ、試合がカーンと鳴ったら、スイッチが入りますけどね。そこを見せていければいい」

(真壁刀義について)やっぱり、リングの上に上がったら、スイッチはいりますし。リングの上では、声がハッキリ聞こえなかったんで。ただ、文句を言ってるんだろうなと思って。ちょっと、イラッと来たというか(笑)。印象? 『わ、デカイな』と。ただ、体重がいくらでしょうが、いままでずっとそういう人とも試合はやってきましたし。重かろうが軽かろうが、シッカリした闘いというものをできれば、いいと思います」

(解説席の山崎一夫さんに笑いかけた事について)いや、いや、まさかいるとは思わなかったので(笑)。こんにちはって感じで(笑)」


絡んだ広夢については、

その“勢い”を評価し、

リング上で絡めなかった井上には、

NEXTへの希望を。
桜庭メンチをきる

真壁の登場には、

素直に苛立ちを隠さず、

応戦の構え。

さらに放送席に座るUインターの先輩に対して、

照れながらも礼儀は忘れず。

全く…いつも通りの桜庭なんだよなぁ(笑)。

今回のPPV、

訳あって視聴はパスしました。

ですから試合についての感想もパス。

試合内容については、

グレーテスト1972たかさんの記事が、

最もおすすめです。

 自遊人 より
新日本9.23 DESTRUCTION 神戸ワールド記念ホール ~ PPV

そしてLaughter7の2人…

上でも書きましたが、決して舐めたような態度ではなくリングに上がっていました。

柴田は試合後、胸板が真っ赤に腫れ上がってました。

これは広夢が試合開始15秒程で残した爪痕です。

それにしても柴田が醸し出す殺気、オーラ、気合い…やっぱ俺好きなんだよなぁ。

桜庭もよかったと思います。

やっぱオーラあるよねぇ^^

そして動きが早い!!

打撃の1発1発も早い!!!

あれをやられると今の新日本で対応可能なのは…


これを読んだら観戦した気分になってきましたよ(笑)。

桜庭のコメント中にもありますが、

高橋広夢の鉄砲玉っぷりが素晴らしい。

これこそ正しい新日の若手の姿なんですよね(参照:前座の意味とリングの痛み)。

さて次は両国。

新日四天王(まだこの表現でいいのか?)の一角、

真壁刀義が出て来ましたね。

桜庭は気負わずに自分のやり方で、

“闘い”を仕掛けていくでしょう。

対する真壁はキャラからいって、

IGFの二人みたいな事(参照:某動画サイトで桜庭の大晦日の試合を観た)になったら、

新日にとっては死活問題ですよ。



それにしても桜庭の“自然体”っぷり、

「皆さん、どうもありがとうございました」ってのも、

自身がMCを務める番組のエンディングで見せる、

ビートたけしの姿を思い出すんだよなぁ。

やっぱり似てるよ(参照:桜庭和志は本当は怖いんです)。

桜庭、柴田と現・新日本。

これを肴にしたら、

まさにオールナイトで呑んで語る事が出来るでしょうね。

秋の夜長に相応しい。

…ニヤリ。

関連記事

tag : 桜庭和志 柴田勝頼 井上亘 高橋広夢

comment

Secret

No title

この試合後真壁が出てきましたが真輔は…?二年くらい前に「レスラーが自重してどうする。」と問いかけていたのは誰だっけ…??と思いました。1.4までのプロセスがあるので今回は発言も自重したのかなと。ちょっと失望しました。あの猪木に噛み付いた真輔はどこにいったんでしょうか。

その点みのるが棚橋に発した言葉にはぐらっときました。「おまえらのプロレスは先人たちにサーカスと言われている。」きっとみのる選手も悔しいのでしょう。某団体は新日本を学芸会プロレスと比喩しています。

桜庭が柴田がきました。みのるも問題提起をしています。

今、新日本はとても重要な局面に立っていることを団体もファンも考えるべきではと思います。

No title

お先に タカさんの所に おじゃましてました。
見た気にさせてくれるブログでしたね~

広夢 ホント 偉い!!
 ちゃんと自分の仕事したんじゃないかな?
闘ってみて どんな感想だったのかな?
正直なところを 聞いてみたいです。
桜庭さん の ように 素直に自分の言葉で話してくれると
おばさんにも わかりやすいです。

真輔は ちょっと考えないと(考えても?) わからないですもん(笑)
まぁ~ そこがいいっちゃ~ いいんですけどね。へへっ

No title

どういう試合になるかと思っているのでとりあえずは中継待ちにします。
しかし、この井上と桜庭が胸をつき合わせているのはいいですね。
決して井上ファンではないですが、クソ真面目で不器用で空回りなせいで支持されないこの人を自分に照らしてみていたりします。

井上には、桜庭が山ちゃんに会釈できないくらいに余裕を奪ってもらいたい。
それと、高橋には「役目は終わり」ではなく、両国の試合のあとでもいいから柴田に突っかかってもらいたい。
それこそ、自重する必要はないんですから。

ブシロードの社長はこういうのを望んでいるかと思います(社長のご機嫌をとれって訳ではないです)

>オビワン三世さん

真壁が出てきましたが真輔は…?二年くらい前に「レスラーが自重してどうする。」と問いかけていたのは誰だっけ…??<場所も神戸でしたしね、ちょっと期待はしていましたが…今は王者と言う立場からアレなんでしょうか。

みのるが棚橋に発した言葉<でも気がつけば鈴木自身もサーカスの一員になりつつあるというか…。
しかしサーカスだって命懸けですし、ある意味昭和プロレス以上の部分もありますからね。
学芸会だって子供たちにとっては必死にやる舞台なのですから。
…というのは置いといて、思想の違いはプロレスにおいては重要な意味を持ちますよね。
桜庭参戦によって、もう一度鈴木みのるに緊張感が戻ったなら…と思っています。

>ケロさん

タカさんの所<いや、マジで凄いですよあの記事は!!

広夢ホント偉い!!<何度もクドイでしょうけど、あれこそが本当のヤングライオンの姿だと思いますよ。

桜庭さんのように素直に自分の言葉で話してくれると<あのコメントを読んでホッとしましたよ。
桜庭はあくまでも桜庭なんですね。

真輔はちょっと考えないと(考えても?)わからない<確かに(笑)。
でも本音がはっきり伝わるから大丈夫でしょう。

>ジョーカー ナリさん

井上ファンではないですが、クソ真面目で不器用で空回りなせいで支持されないこの人を自分に照らしてみていたりします<そういった投影でリングを見つめるのもプロレスの楽しみ方の王道ですよね。
自分をレスラーに例えて、団体を会社や組織に例えて…色んなものが見えてきますしね。

井上には、桜庭が山ちゃんに会釈できないくらいに余裕を奪ってもらいたい…高橋には「役目は終わり」ではなく、両国の試合のあとでもいいから柴田に突っかかってもらいたい<こういう場面って空気を読まない者勝ち、みたいな部分ありますしね。
桜庭の余裕を奪い去るのは至難の業でしょうね。

ブシロードの社長はこういうのを望んでいるかと<最終的には小川直也とミルコでしょ?
その位の事が出来つつある状態ですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード