ぼくはロックアップしない。

やっと、きちんと読みましたよ。

週プロ先週号の桜庭和志インタビュー(With柴田勝頼)。

一応こっちではまだ今週号なんですけどね。

 週刊 プロレス №1648
週刊 プロレス 2012年 9/19号 [雑誌]
この表紙…いわずもがな、

スタイナー兄弟が元ネタなのですが、

大晦日のウォリアーズコスチュームといい、

実はPRIDE以降の桜庭って、
SAKU入場@2002Dynamite!!

プロレスに関してのほとんどが、

何かのパクリという感じなんですよね。

良し悪しは別として。
SAKU入場@マスカラス兄弟



…とりあえず発言内容を追ってみましょう。

桜庭
(プロレスのリングに)『戻ってきた』というか、昔好きだった同級生の女の子に久々に再会してみたら、43歳になったいまでもやっぱりきれいだった、という感覚ですかね。柴田くんは『ケンカ売りにきた』と言って、ぼくは『ケンカは好きじゃない』と言いましたけど、表現方法が違うだけで、ふたりがやろうとしていることは一緒なんです。(略)去年の大みそかに柴田くんとタッグを組んだとき、『タッグマッチって、こんなにおもしろいんだ!?』って思ったんです。試合中もコーナーに控えているときも、すごく楽しかった」


何だか斉藤和義の歌詞みたいですけど、

きっかけは小さなところにある様です。

それと、我々の想像を遥かに上回る形で、

大晦日の試合…プロレスのタッグマッチ(参照:“現時点での”桜庭のプロレスリング)が、

楽しかったのですね。

なぜMMAの世界と大きく距離を取った、

現在の8787しい(もうええっちゅうに!)新日本のリングなのか?

なぜ己のネームバリューに頼ったシングルマッチではないのか?

桜庭
「ぼくは柴田くんとのタッグでやりたいんです。シングルだったら、プロレスじゃなくてもいいです。それだったらプロレスをやる意味がない。タッグだからやりたいんです」


タッグをやりたいからプロレス。

シングルならプロレスやる意味はない。

この辺りに桜庭が再びMMAに戻っていく予感がするのです。

標的はもちろん井上でも真壁でも、

中邑でもありません。

桜庭
「永田さんには仕返しをしないと。あの(95年10.9)東京ドームの第1試合、『サソリ固め、きてみろ!』って挑発してきたから、ぼくは『よっしゃ、いってやる!』と仕掛けていったんです。そしたら永田さん、ひっくり返して足を取りにきたんですよ。『『きてみろ!』って言っといて、なんだよ!」って思いました。その場面はいまでも覚えてます。もし試合することになったら、ハイキックで白目をむかせてやります」


あの伝説の試合(参照:封じられた“伝家の宝刀”~後編~)において、

この攻防がそこまで深かったとは!!
サソリ狙い、

永田受ける気なし、

さらに「ハイキックで白目」って、
永田ミルコ①

白目1

色んなものリンクさせるのが、本当に好きですよね。

真面目な話(?)に戻すならば、

今回の参戦表明は新日自体に、

“敬意”を持っての行動とも言えます。

桜庭
「いま新日本はすごく盛り上がっていると思うんですけど、新日本のレスラーって、井の中の蛙で終わる選手たちじゃないと思うんです。そこにぼくらが入ることで、おもしろくなるんじゃないかって。ぼくはプロレスラーがナメられるのが嫌なんです」

『ケンカを売る』といっても、これは素人同士の殴り合いではないですから。いいものを生み出していくためのケンカです。なにが生まれるのか、ぼくも期待感はあります」


これを読んで、

やっぱり「仕事場が無くなってしまったから、出稼ぎに来た」と取るのか、

それとも「何か、これまで観た事のないプロレスが生まれるだろう」と期待するのか、

レスラー、関係者、ファン、それぞれのプロレス観によって、

大きく変わってくる部分ですね。

桜庭
「ぼくらが両国に行ったときに、お客さんは反応してくれた。その声に試合で応えたいです。ぼくは言葉でああだこうだと人の揚げ足を取るようなことはしたくない。試合はリングでしましょう。ぼくら、タッグチーム名も決まってるんです。ぼくが(サクで)『39』、柴田くんが(シバで)『48』。足して『87』だから『エイティーナイナーズ』。(柴田が『87ならナインじゃないです』とツッコミと)あ、そうだ。だったらエイティーセブナーズ? これ語呂が悪いからダメだな」


インタビューで柴田も触れていましたが、

桜庭は自身に対するブーイングと、

ほぼ無縁の世界にいましたから、

“赤いTシャツ集団”の洗礼には、

戸惑いを感じたみたいですね。

それでも口では闘わずに、

リングで闘いましょう、と。

その代わり…、

桜庭
「ぼくはロックアップはできません。ぼくはぼくのスタイルでやります。新日本のスタイルに合わせても仕方がないんで。このふたりがまったく同じスタイルだったら、組み意味もないし」

「いまのぼくらのスタイルで、新日本をいい意味でグチャグチャにしたいです。全選手に三日月蹴りをぶち込んでやりたい!」


パッケージプロレス、ハッピーエンドプロレスには付き合いませんよ、と。

イメージするのは“昭和の新日本vsUWF軍団”(参照:プロレスリング、強さの定義本家と元祖の闘い猪木なら何をやっても…いいんです。 、 猪木流格闘技術vs前田流プロレス~前編~後編伸彦とエッチュー)。

桜庭と柴田は、

果たして“無人島の中に仲間”を見つけられるでしょうか?

もっとも今の新日本は無人島どころか、

一大アミューズメントパークになっていますが。

桜庭
「(レインメーカー?)なんですか、それ? (略)(レインメーカーとは“金の雨を降らせる男”の意)あ、ブシロードの社長ですね! (G1で優勝したオカダ・カズチカの事)その人がレインメーカー? 外国の選手なんですか?(オカダがレインメーカーと呼ばれている)それは隠語?」


そして、後半のこの部分。

天然なのか、計算なのか、

現在進行形で新日を見守ってきたファンにとっては、

かなり苛立ちを覚える内容となっていますね。

グレーテスト1972たかさんの記事にも、

それが伺えます。

 自遊人 より
感性

桜庭なんてインタビューの後半はふざけてるだけでしょw

隠語てwww

ま…

両国登場≧神戸登場>>>>以降の試合

とならない事を本当に祈りますよ、マジで。

今が興奮のピーク…なきにしもあらずで怖いよ


でも…新日ファンの反論承知で書きますが、

たかさん程の筋金入りファンをイラッとさせた時点で、

これ、実は桜庭の先勝なのかも知れません。
桜庭勝利

関連記事
スポンサーサイト

tag : 桜庭和志 柴田勝頼

comment

Secret

サクにとっては、ハイスパートに引きずり込まれてヘロヘロにさせられると、例え最後一本取ったとしても価値はなくなりますよね。
そう考えるとタッグの方が保険がきく。
サクの技術に対応してハイスパートに引きずり込めそうな選手、いるかなぁ~?

船木が三冠奪ったり、柴田&桜庭が新日本上がったりすんの観てて妄想が膨らみ始めました。
船木の防衛戦にセームシュルトきたりとか、船木、健想つながりで謙吾が全日本あがったりとか、チェホンマンがヒールとして新日上がったりとか…。




No title

アンチエイジング同志ですので、
もし 永田さんが でたら 白目むいて応援です(笑)

ゼアッッ

No title

桜庭の実績や功績は誰もが認めますし、私も彼とホイス、ホイラーらの闘いでは一緒に観戦にいった友人としっかり握手をしてプロレスファンであることを誇りに感じる時間でした。
でも、桜庭が強いのは百も承知なのですが、新日本でバリバリでやってる人が簡単にやられてしまうと思うとどうにもこうにも腹が立ちます。


桜庭と柴田には、しっかりしたプロレスは希望しません。
試合内容なんかは彼らが絡まない試合でやればいいです。
見たいのは感情VS感情。
柴田が人気があったのが感情が見えるからだったと思います。
だから、新日の誰かが彼らを喧嘩としてほしいです。
なんなら、タッグを利用して桜庭の両膝を完全に壊すのもいいし、桜庭が怒って誰かを潰してもいいと思います。

13年前のドームで小川が「目を覚ましてください」と言ったあの試合に近いものをもってきてもらいたいなぁ・・・と思います。

>BKっち

サクにとっては、ハイスパートに引きずり込まれてヘロヘロにさせられると、例え最後一本取ったとしても価値はなくなります<やっぱりカシン戦のトラウマはあるんでしょうね。
もっともあの試合は半分余興的な要素もありましたが、完全にスタミナ切れちゃいましたからね。

船木の防衛戦にセームシュルトきたりとか、船木、健想つながりで謙吾が全日本あがったりとか、チェホンマンがヒールとして新日上がったりとか…<来ましたね!! 火池小説!!

全日にシュルトが出るなら、やっぱり元子さん提供で馬場さんのガウン借りて、王者の魂で入場するとか…、で謙吾は船木の援護射撃で出てきておいて寝返るとか…、チェ・ホンマンは…さすがに使えないんじゃないかな(笑)。

>ケロさん

アンチエイジング同志ですので、もし永田さんがでたら白目むいて応援<同世代、または世代を超えて、あるいは性別や人種をも超えて、永田の素晴らしさというのは浸透しつつありますよね。

先日会社で、プロレスを全く知らない20歳の子に永田の白目動画見せたら爆笑してました。
プロレスのルールも全くわからないのに、「永田さん」というキーワードだけは覚えてしまいました。


ペイッ!!

>ジョーカー ナリさん

彼とホイス、ホイラーらの闘いでは一緒に観戦にいった友人としっかり握手をしてプロレスファンであることを誇りに感じる時間でした<2000年前後の桜庭は本当の意味での時代の寵児でしたね。

強いのは百も承知なのですが、新日本でバリバリでやってる人が簡単にやられてしまうと思うとどうにもこうにも腹が立ちます<勝ち進んでいって、「次の大会場は○○」というのがパターンですけど…逆にイレギュラーが見られると面白いですね。

試合内容なんかは彼らが絡まない試合でやればいい…見たいのは感情VS感情<そこでしょうね。技術が噛み合うのは一部の選手ですから。

柴田が人気があったのが感情が見えるから<だから新三銃士の中では旧に例えると橋本のニオイが強いんですよね。

なんなら、タッグを利用して桜庭の両膝を完全に壊すのもいいし、桜庭が怒って誰かを潰してもいいと思い…小川が「目を覚ましてください」と言ったあの試合に近いものをもってきてもらいたいなぁ<怪我する事が良い事か悪い事かは置いといて、そうなったら今の新日本の流れを完全に変えますね。

船木同様、覚悟が問われる展開です。

チェホンマンは、「ドクトは我々のモノだ!」っつって出てくれば、一部の方々がヒートするかな?と(微笑)

馬場さんのガウンに王者の魂はチェホンマンの方が合う気がしますね。で、「偉大なパクソンナンに似ている馬場さんのガウンを着れて嬉しいです。」って嫌み言ったり。

最近、プロレスだけじゃなく、特撮でも妄想しまくってます。
30数年前に特撮を卒業して、入れ替わるようにプロレスにハマったのですが、子供の影響で、ウルトラマン80、デンジマン、仮面ライダースーパー1、メガロマン以来の(大体80年位かな)ハマりようです。

>BKっち

「ドクトは我々のモノだ!」っつって出てくれば、一部の方々がヒート<一部の中にはBKっちも入りますか?
でもホンマンにはそういう度胸はなさそうだなぁ。

馬場さんのガウンに王者の魂はチェホンマンの方が合う気がします<単にシュルトの身長が馬場さんと一緒だから似合うかなと思ったんです。
ホンマンならツンツクテンになっちゃうような感じがして。

特撮でも妄想しまくってます<真っ只中でしょうね。
子レガも徐々に仮面ライダー見始めてきたんですけど、今のライダーって集団とか何らかのアイテム持ったりが普通なんですね。
バイクシーンも少なく思えるし…何か物足りなくないです?

私だけ?

オラは格闘技志向ではなく、プロレス好きなので、一部の方々の中にははいりませんね。

オラは意外とガタイがいい人間にはプロレスやって欲しい願望があるんすよ。あくまでプロレスね。中途半端なのはものすごく嫌ですが…。

平成ライダー初めて観ましたが、なんか80年代青春ドラマな感じだったので面白く観れました(フォーゼ)。平成ライダーファンの人には不評みたいですけどね。
アイテムって初代ライダーのイメージじゃないですが、ライダーマンやX 、スーパー1も一応アイテムありましたし、集団ってのも初代は滝や少年ライダー隊もいましたしね。

ただ、オラの違和感は改造されてないってトコと変身ポーズの必要性ってトコだけですね。

>BKっち

一部の方々の中にははいりません<確かに。おっしゃる通りです。

オラは意外とガタイがいい人間にはプロレスやって欲しい願望があるんすよ<でも昔はそれが当たり前でしたもんね。
他競技のアスリートで大きな身体を持ってた人たちは引退後の選択肢に大なり小なりプロレスラーというのはあったはずです。

平成ライダー…80年代青春ドラマな感じだったので面白く観れました。平成ライダーファンの人には不評みたいですけど<こんなの見て子供は面白いのか? とか思ってたんですけど、今の子ってよっぽどストーリーを把握してますよね。
私がガキの頃だったら、全く見なかっただろうなぁ…複雑で。

アイテムって初代ライダーのイメージじゃないですが、ライダーマンやX 、スーパー1も一応アイテムありました<そうですね。
でも飛び道具じゃなかったですよね。ライダーマンなんかはアタッチメント式というか、アナログ感が良かったですけどね。

オラの違和感は改造されてないってトコと変身ポーズの必要性ってトコ<そこが仮面ライダーの肝のはずですよね!!

ジョーカー ナリさんのコメントで…
[柴田が人気があったのは感情が見えるから]

私が柴田選手を好きな所でもあります!
あと、入場から試合、退場するまでの柴田選手が好きです。


斉藤和義さんの歌詞みたい
レガさんの言いたい事、分かりますよ( ̄ー ̄)

>みーさん

入場から試合、退場するまでの柴田選手が好き<他の選手とは異なるんですよね。
柴田って真っ直ぐリング見てるじゃないですか。
石井や真壁もそうなんですけど、またちょっと違うんですよね。

斉藤和義さんの歌詞<あ~、私、この時の桜庭と同い年になっちゃいましたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

綺麗な月が見えてますよ~。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード