遅れてごめん。

特別な日。

8月8日は、

過ぎてしまって、

もう9日か…。

昭和の新日本プロレスに、

魅せられてしまったおっさん達が、

特別な感情を抱かずにはいられない日。
4

私は0時を回るまで、

今日の日を忘れてしまっていました。

1988年8.8 横浜文化体育館

IWGPヘビー級選手権試合

藤波辰巳vsアントニオ猪木
という名画を。
23

世の中はロンドン五輪一色。

頑張れニッポン!!
25

プロレス界はG1一色。

…そういや今年はレガのG1はどうしたの?

と言う声が聞こえてきそうですが、

はっきり言って追いきれていません。
27

G1に関しては、

たかさんのブログをどうぞ。

 自遊人 より
第22回 G1 CLIMAX 2012

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 2

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 3 開幕戦

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 4 二日目

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 5 三日目

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 6 四日目

第22回 G1 CLIMAX 2012 - 7 五日目


私が思うであろう事のほとんどを、

たかさんが連日綴って下さっています。

G1は今年も今日の大会が、

横浜文体だったようです。
31

今年の北海道の夏は涼しいです。

夜は秋風のような、

寂しさもあり…。
36

ほんのちょっとの楽しさの為に、

寂しさや辛さを越えて行きながら、

それでも人生の旅は、

今日も続いていきます。
巡業

♪喜びや夢ばかりじゃない

つらい思いさえ

ひとりきりじゃ出来ぬことさ

ここにいるのも

お前が目の前にいるならいい

ステキな今宵を分け合えりゃ

また逢えるまではこの時を

忘れないでいて…

巡業

(参照:俺達の飛龍革命20 years agoお前が目の前にいるならいい)

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 藤波辰巳 IWGP

comment

Secret

お久しぶりです(^^)

ボクも忙しく、オリンピックすら見れてない状態ですが・・・お盆休みに入ったら猪木・藤波戦を見ようと思っています(^^)

夏ですね(^^)


あれ?
おかしいな?
レガさん書かないな?
なんで?
と思っていたのですが、まさか忘れていただなんて!!!

自分はTwitterで呟いた後に見ました。
書き尽くされた感があるのですが、やはり何度見ても45分過ぎからの両者の動きが信じられないです。

この時の猪木は今の永田より上、この時の藤波は今の棚橋より下(年齢)

ん~こういう試合をみんなで一緒に見てその場で語り合いたいですよね。

今の選手にも「語れる試合」を残していってほしいです(^-^)

“8.8横浜文体”、“猪木vs藤波60分フルタイムドロー”、“サザンのエンディング”は、ボケ老人になっても覚えているような気がしませんか?笑

今年のG1は…

あまりに混戦しすぎて逆に腹立ってきました。コロコロ負けちゃいけない選手が負けすぎている事実…決勝トーナメントもないし結局最終日は足の引っぱり合いの末に決勝戦のカードが決まるみたいですね。

なんかグチみたいになってすみません!

あと、たかさんのブログ見ましたがとてもおもしろかったです!

No title

G1は最近は最終日まで誰が残るか分からない・・・って流れになってるんですかね。
せっかく
「1番強い」
のを決める大会なのに。
それに試合数が多すぎて、一個一個の試合の重みがなくなって「○○が××に、遂に勝った!」みたいなものが希薄になってしまってるのが残念です。
内藤だって、やっと中邑に勝ったけど誰も気にしてないというか?
終盤に消化試合になったって全然いいですよね。
最終日に立て続けに変な試合を見せられるよりは。


先日、この試合をオンタイムで知る方(この当時は中継が見れなかった&専門誌を見るほどの年齢でもなかった)と話をしたら

「UWFがごっそり抜けて、やるカードがなかった。
本来満を持しての師弟対決の黄金カードなのに満員札止めにもならなかった。」

と言われました。

「それでも、この2人はUWFにも負けない素晴らしい試合をしたんだよ。
単に2人がいい試合をしたってだけの話じゃない。
だから、みんな感動したんだ。」

と、繋げて。



プロレスっていいなぁと思いました。

Uファン的には、G1より五輪の方が面白くなってしまいます(^^;

紫レガさん以外にもUファンの皆さん…金ちゃんがNoahに出ても船木さんが三冠挑戦してもサク&柴田が今の新日に出ても…琴線に引っ掛からないですよね?(^^;;

>流星仮面二世さん

ご無沙汰しております。

オリンピックすら見れてない状態<本当に忙しそうですね。
その後、お身体いかがですか?

お盆休みに入ったら猪木・藤波戦を見ようと<観れました?
私、残業中に動画で観ましたよ…ところが“旅姿…”カットされてました(泣)

>たかさん

まさか忘れていただなんて!!!<本当に失礼致しました。
思い出してから残業中にPCで観ました。
でも本当はボロボロになったVHSの映像で観てこそ感動するんですけどね。
それでも今見ても胸が熱くなりました。

何度見ても45分過ぎからの両者の動きが信じられない<明かに空調が今とは違う訳ですからね。凄いなぁ、やっぱり…。

この時の猪木は今の永田より上、この時の藤波は今の棚橋より下<これサミットでも引用させて頂いたんですけど、深い言葉です。

こういう試合をみんなで一緒に見てその場で語り合いたい<それこそが夢の1972サミット…ですね。

>宮戸ゲノムさん

ボケ老人になっても覚えているような気が<確かに!!
先日泥酔してても、あの曲と映像が浮かんできましたよ。

>オビワン三世さん

コロコロ負けちゃいけない選手が負けすぎている事実…結局最終日は足の引っぱり合いの末に決勝戦のカードが決まる<時代が違う…と言っちゃそれまでですが、やっぱりわかりやすさを追求すれば何人かの常勝王者がいて、周りに伏兵がいて…というのがベターですよね。
世間に打って出ている今、本当の主役は決めてかかった方が良いとも思います。

たかさんのブログ<本当に私が思う事を全て書いてらっしゃいますよ。
徹底した現場主義、私にとって憧れです。

>ジョーカー ナリさん

せっかく「1番強い」のを決める大会なのに<そこが原点ですもんね。
ただ単に次のIWGP挑戦者を決める大会になっちゃマズイですよね。

「○○が××に、遂に勝った!」みたいなものが希薄になってしまってる<そこのドラマもG1ならではでしたよね。今年で言ったらアンダーソンだったのかも知れません。

最終日に立て続けに変な試合を見せられるよりは<去年の最終戦がそれでしたね。


プロレスっていいなぁと思いました<暗黒期とは違った意味で新日がどん底に落ちてた時代です。
プロレスの良さって結局、感情移入出来る事ですよね。何よりも深く。

>やっちゃんさん

Uファン的には、G1より五輪の方が<いや、そうでもないですよ。
やっぱりG1の星取りは気になりますよ。

金ちゃんがNoahに出ても船木さんが三冠挑戦してもサク&柴田が今の新日に出ても…琴線に引っ掛からないですよね?<船木の三冠戦は気になってます。あのスタイルですしね。
桜庭に関しては正直複雑な思いもありますが、凄いものが見られればそれでいいですね。

No title

「UWFがごっそり抜けて、やるカードがなかった。
本来満を持しての師弟対決の黄金カードなのに満員札止めにもならなかった。」

これは85年9月東京体育館 のことではありませんか?
第一次UWFに続いて長州たちジャパン勢が抜け、カルガリーハリケーンズが抜けた後のこと。

横浜文化体育館は観に行きましたが、札止めかどうかは知らないけれど、満員だったと思います(記憶が曖昧)
試合の感想? とても一言では言えません。

>SisLANDさん

85年9月東京体育館のことではありませんか?<その方の記憶の中の事だとは思いますが、どちらかといえば確かに85年の方が他にカードがなかったという意味に取れますよね。
ただ88年の方はUWFブームが燃え上がった時期でしたので、あながち違ってもいないかも知れません。

横浜文化体育館は観に行きましたが、札止めかどうかは知らないけれど、満員だったと思います<私もテレビで見た限りではかなり入っていた様に感じました。
しかしKAMINOGEの大矢のインタビューなんか読むと、この頃の新日って地方ではかなり厳しかった様ですね。
前田らが抜けたと言っても、藤波も長州もいた時代ですから会社としては非常事態だったみたいです。

本当に一言では言い表せない試合です。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード