我がUインター・ベストバウト(1992)

昨日の 10月最後の夜に…カタルシスを(1992) のビデオを見たついでに、私自身のUインター・ベストバウト。

広い意味で言えばUWFスタイルのベストバウトを紹介しましょう。

この日を最後にノーフォークのテーズ道場への無期限修行が決まっていた田村。

師弟コンビ

高田vs北尾のセミとして行われていたこの試合。

1992年10.23 日本武道館

山崎一夫vs北尾光司

山崎vs田村

この日の田村は大先輩を目の前にしてもまったく臆せずに胸を合わせての睨み合い。

大先輩に臆せぬ田村

これで山崎は本気に(!?)

山崎も本気ムードに

ミドルをキャッチすると、

ミドルをキャッチ

そのまま倒しに行く。

そのまま倒しに行く

再度ミドルを取ると、

再度ミドルをキャッチ

潜り込んで…

今度は潜り込んで…

叩きつけると逆片エビへ移行。

投げから足を取る

すぐに山崎は起き上がってハイキック。

起き上がって山崎のジャンピングハイ

田村は肘でブロックから膝十字へ。

ガッチリガードすると膝十字へ

極める前に山崎は起き上がって…

すぐに上体を起こし、

またもジャーマン狙い。

バックを取ってジャーマン狙い

田村は基本どおりにバックを取り返して、

逆に取り返すと

一気に腕十字へ。

背後から逆十字取りに行く

またも山崎は起き上がってアキレスへ。

すぐに山崎は起き上がってアキレスにいく

田村はたまらずエスケープ。

たまらずエスケープ

ここまでがほんの序盤戦。

このあと両者は緩急つけながら15分の試合を作り上げた。

再びアキレス

まさにU-STYLEとは、このことです。

田村の豪快な水車落とし

田村が理想としたUは、後に船木らが標榜したハイブリッド・レスリングに感情を加えたもの。

まさしくこの試合がそれだ。

フィニッシュは唐突にやってくる。

山崎の高速ジャーマン

すぐにスリーパー

一本背負いで返すと…

ガッチリと十字

山崎ギブアップ

この瞬間、Uインターの序列が少しだけ動いた。

随所で山崎を怒らせて、攻防を作っていった田村。

田村歓喜の叫び

試合では感情をあらわにしながらも、ゴングが鳴れば後輩の成長を素直に讃える山崎。

労をねぎらう山崎

これぞUインター、いやこれこそがUWFなのです。
関連記事

tag : 田村潔司 山崎一夫 UWFインターナショナル

comment

Secret

No title

田村の成長を肌で感じた山崎の笑顔が清々しいですね。

>ROSESさん

こういう試合が好きな私はやっぱり総合格闘技よりもプロレスリング寄りなんですね。
技術と気迫の攻防…これこそが、本当の意味でのシュートだと思います。
いろんなジャンルの人間が見ても「凄い」「素晴らしい」といえるもの、それがプロレスリングだと思います。

M○○○<もうちと待って下さいね。

No title

ついにレガさんのM○○○での勇姿が見られるんですか・・・?
楽しみにしております・・・(ムフフ)

No title

↑ROSESでした・・・。

参戦お待ちしています(^^)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード