Uインター異人史 vol.11~K-1/UFC編~(1996)

格闘技世界一決定戦(参照:vol.10)から、

4年の月日が経過し、

プロボクサーを倒す事が、

最強の証明とはならない時代が来ていました。

立ち技最強の代名詞は日本発のK-1

そして総合格闘技では、

ホイス・グレイシーを始めとしたグレイシー一族を一躍有名にした、

アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ

現在のUFCが誕生していました。

Uインターという団体も新日との対抗戦以降、

確実に色を変えていました。



ゴールデン・カップスが全盛期を迎えんとしていた時期、

1996年3.1 日本武道館に登場したのは、

K-2GP'93準優勝者の、

“初代WKA世界ヘビー級王者”チャンプア・ゲッソンリット

チャンプア・ゲッソンリット

実に6年4ヶ月ぶりの、

UWFマット参戦(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.13~ルーツ・オブ・レスリング編~)でした。
安生vsチャンプア1

当時、若手はそれぞれが、

自分達の輝く道を模索していました。

新日との対抗戦では前面に立って、

若手もベテランも関係なく蹴り飛ばしてした、

金原弘光(参照:封じられた“伝家の宝刀”~前編~~後編~他流試合らしさ金原のプロレス杜の都で稲妻 、 因縁の最終闘争~前編~~後編~)もその一人。

正道会館との提携を利用して、

念願だったムエタイのトップ選手チャンプアと、

ムエタイ特別ルールで対戦しました。
鋭い左ミドル

このルール、

『3分×5R』、『顔面への肘打ち禁止』と、

ムエタイと言うよりほぼK-1ルールで、

金原の試合に臨む姿勢も、

 週刊ゴング №?

金原
「試合の時は、今日は試合を楽しもうって感じで上がりたいですからね。思いっきり楽しもうって!」

「技術とか初めっから負けてますけど、気迫とか、何かひとつでも勝てるものを探して…」


と…はっきり言って“チャレンジマッチ”の様相でした。

経験を積む為の実験だったのでしょうか。

善戦こそしましたが、
金原も善戦

勝機はありませんでした。

要するにこれも、

“宮戸以降”の風景の一つですね。
「もう一回チャンプアと…」



Uインターに登場したバーリ・トゥーダーの中で、

最大のビッグネームはこの人でしょう。

“怪人”キモ
キモ

1996年7.14のSB有明コロシアム大会の、

桜庭和志戦を皮切りに、

Uインター戦士との2戦目が1996年8.17 神宮球場での、

高山善廣戦でした。
十字架を背負って登場

2試合共にアルティメット特別ルールという事で、

素手素足によるスタイルで、

『拳による顔面への打撃は無し』。

但し『掌底と頭突きはOK』という、
いきなりヘッドバッド!!

特殊な部分がありました。
強烈なチョーク

このルールを生かした戦法で、

高山は血みどろの秒殺負けを喫してしまった訳です。
高山完敗

実はこの1ヵ月後の安生洋二戦まで、

Uインターでは3試合の契約を結んでいたのですが、

思わぬ落とし穴が待っていました。

迷宮Xファイル―格闘技&プロレス (Part2) (Geibun mooks―Dynamism! (No.490))
 迷宮Xファイル―格闘技&プロレス(Part2) より

鈴木健
「(Uインターとキモの)間に入ってたのが、悪いヤツだった。高山戦の前にも確認したんだよ、『次は安生だ』って。そうしたら『分かった。必ず出る』と約束した。ギャラもそいつがキャッシュで受け取ったんだよ。でも安生戦の前に、みんな逃げちゃった(苦笑)。安ちゃん(安生)も『そりゃないでしょう。冗談じゃないよ』って悔しがっていたよね。その時は最高のコンディションに仕上げて、万全の構えでバリバリやる気だったからね。でも、私が交渉の素人だったから、最後の最後で失敗しちゃった…」

「いま考えたら、サクちゃんや高山ちゃんには申し訳ない事をしたよ。『あとで安生が勝ってくれるから』と言って試合を受けてもらったんだから気の毒だった。今でも二人に謝りたい」


安生にしてみれば、

ここがバーリトゥードに対して、

2年越しの雪辱(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.17~十年間、そして十年後・其の参~)を果たす、

最大のチャンスだったのかも知れません。
安生、道場破り5



まんまとキモに“勝ち逃げ”されたUインターが、

最後のビッグマッチである、

1996年9.11 神宮球場で、

キモの代役として安生とマッチアップしたのは、

“UFC 5準優勝者”デビッド・ベネトゥーでした。
デビッド・ベネトゥー

これまた一方的な試合で、
先制のロー

下から極めにいく

安生が一本勝ち。
安生vsD・ベネトゥー

しかしその勝利は、

ヒクソン道場破り失敗の、

汚名を晴らすものではなく、
安生完勝

なぜか虚しさだけが残りました。



2ヵ月後の11.17に有明コロシアムで開催された、

日本初の金網バーリ・トゥード興行、

『U-JAPAN』に、

安生、キモ、ベネトゥーはそれぞれ出場。

パトリック・スミスを倒したベネトゥー。

クラッシャー・バンバン・ビガロを血祭りに上げたキモ。

安生だけが皮肉にも、

当時無名のブラジリアン柔術家である、

ジアン・アルバレスに34分の激闘の末、

敗れ去ってしまいました(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.18~十年間、そして十年後・其の四~)。

ここから安生はMMAに対して、

スパイラルに突入してしまう訳です。

それでも格闘技の歴史を語る上で、

Uインターが1996年に実験した3試合は、

重要な意味合いを持っていたと、

私はそう思っています。
ゴールデンカップスを従えて

関連記事
スポンサーサイト

tag : チャンプア・ゲッソンリット キモ デビッド・ベネトゥー K-1 UFC

comment

Secret

No title

こんにちは。

チャンプアは、やはり安生戦が印象深いです。スタンドで互角以上に安生が渡り合って、ここから安生幻想ができたものと思います。最近、長州戦を見直したのですが長州の体がやたらとテカテカしていることに気づきました。ドームでの全日本対新日本のタッグで天龍が長州はオイルを塗っていたと語っていたので、もしかしたらこの日もかなと思いました。なんだかんだ言ってても警戒していたのかなと、これはこれで安生幻想が私の中で深まりました。

キモは97年初頭の週プロで、高田プロジェクトだかで日本人に無敗の超大物格闘家との試合を組まれるかもしれないと書いているのを見た時は、ヒクソンとの試合はやらないと諦めていたのでキモだと思ってました。でもキモは超大物じゃないよなぁと考え(まさかヒクソン?)と思い直しました。)結果的にはグダグダながらプライド1に名を連ねていましたが。

アルバレスは海パンのようなパンツと、フィニッシュでコブラクラッチのような体勢でマットを叩きながら(早くタップしなさいよ)とばかりにパンチしていたのを覚えています。結構優しい性格かも。
この時もUインターの他流試合に対する団結力は凄いと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>aliveさん

こんばんわ。

やはり安生戦が印象深い<未だにUWF史上最初のシュートマッチと言われてますよね。歴史的な一戦です。

長州の体がやたらとテカテカしていることに気づきました<はぁ…言われてみると確かに!!
その前の試合で「タックル取れたらあいつらの勝ちでいい」って言ってましたけど、やっぱり言い出しっぺの手前、警戒心もあったんでしょうね。

グダグダながらプライド1に名を連ねて<あれ…会場にいたんですけど、観てて辛かったですね。
試合終了後の大ブーイングの中、前田の顔がオーロラビジョンに大写しになった瞬間に空気が一変した事も忘れられません。

コブラクラッチのような体勢でマットを叩きながら<そうですね。
安生曰く「勇気ある撤退」。

その後リングスに来ましたけども、試合は恐ろしくつまんなかったですよね。

Uインターの他流試合に対する団結力<あの雰囲気…昭和新日を彷彿させて大好きでした。

>○○さん

引越<お疲れ様でした!!

ヴァンガードに真輔<もう放送されてましたか。
最近まともにテレビ見てないんでアレでした。

またいつでもお待ちしておりますよ~!!

No title

キモがUWFに参戦した時は「おおっ!」と思いましたが後に鈴木健さんが「kamipro」でキモの二試合は既に結果は決まってて、シュートや真剣勝負じゃないと知った時は、何だよ!と思った物です。

しかし、今見ても高山選手のドレッドヘアは変だな・・・。 

>通り菅井さん

後に鈴木健さんが「kamipro」で…結果は決まってて<いろんなメディアによってニュアンスを変えてるんですよね。
いずれにしても当時のキモをビビらせる程の安生の実力…花開かなかったのが残念ですよね。

高山選手のドレッドヘア<結構好きですけどね。
でも、このルールでやってきたのは無謀でしたね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード