NO BEER,NO LIFE(1992)

忘年会シーズンを終え、

正月も一段落し、

今度は新年会…と、

とにかく年末年始は呑みの機会が多いです。

下戸の方は別として、

アルコール好きな方には、

それぞれ自分に合う…というか、

単純に好きな酒があるはずです。
やっぱりこの人が

それってプロレスでも、

自分の好きなスタイルがあるのと一緒で、

好きな酒を呑むことが、

何よりの“癒し”な訳です。

私はもっぱらビール

中でも『キリン一番搾り』(参照:プロレスとビールとオイラ。)です。
大好きっ!!

しかしここのところ、

呑む量に関係なく、

睡魔が襲って来てしまいます。

歳かなぁ…。

ですからちょっとジュースを飲む感覚で、

サワーに逃げたりなんかもしています。
グレーテスト1972にカンパイ!



私が大好きなUWFインターの、

酒にまつわるエピソードは、

何度か記事にして来ました(参照:酒と泪と男と男と男と男と男と…Uインター酔狂伝説)が、

ビールに始まって、焼酎、日本酒、ワイン、ブランデー、バーボン…、

ほとんど一気飲みですからね!!
飲む

また“プロレスとビール”といえば、

一番初めに思い出すのが、

これでしょう。
Uインターの祝杯1

選手権試合後の祝杯です。

いわゆるマスコミ撮影用の、

画作り的なものとして、

新日や全日では恒例行事だったのですが、
Uインターの祝杯2

ストイックなイメージのU系においては、

唯一、Uインターだけがこれを継承していました。

画像は最初に祝杯が行われた、

1992年9.21 大阪府立体育会館の、

プロレスリング世界ヘビー級選手権(参照:スーパースター誕生)後の、

控室での模様です。

特に私が好きなのは、

高田延彦の場合には、

カンパイの段階で、

「みんな呑もうな!!」的に、
Uインターの祝杯2

後ろを振り返るこの場面なんです。
Uインターの祝杯3

ちょっと脱線しますが、

これリング上で、

よく選手全員で頭を下げる場面でも、

みんなに目を配ってから、

礼してたんですよね。
全員で、

少年時代にリトルリーグで育った、

高田ならではでしょうか。

そして撮影が済めば、

お決まりの、
Uインターの祝杯4

頭からビールをかけられる、

この光景ですね。
Uインターの祝杯5

山ちゃんが口火を切って、
Uインターの祝杯6

みんな一斉にドドドドーーーーっと(笑)。
Uインターの祝杯7

かける方もかけられる方も、

とにかく嬉しそう。
Uインターの祝杯8

見てるこっちも嬉しくなって来ます。
Uインターの祝杯9

美味い酒、

美味いビール、

大きな仕事を遂げた後には、

自分への最高のご褒美だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

うん、いつか呑みましょう!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード