君はコナペを見たか!?

先日の北都プロレス観戦(参照:雪とグリーンミスト)で、

最も印象に残った小仲=ペールワン
小仲=ペールワン

全くチェックはしていなかったんですが、

先日の『SMASH.23』に参戦していた様ですね。

だいたい所属している、

“暗黒プロレス組織666、プロレス実験団GUYZ”って何なんだ? っていう疑問もありますが(笑)。

団体のエースでプロデューサーでもあるTAJIRI自身も、

小仲=ペールワンへの評価は高い様です。

 TAJIRI JapaneseBuzzsaw.com より
写真で見る…「日本と欧州のプロレス史に残る歴史的一日」

小仲=ペールワンという選手は、ボクも北都プロレスに参戦していたときに彼の試合を観ているんですけど、本当に衝撃を受けましたよ。彼は、あぐらをかいたまま移動したり、逆立ちしたり、相手の腕をロックしたりするんですね。人間技とは思えない奇抜さというか、見た目もそうなんですがバケモノですよ。実は、SMASH旗揚げのときからボクはいつか彼が参戦するタイミングをうかがっていたんですよね。


あくまでもアンダーカードでの役どころなんですが、

SMASHにおいてはひとりひとりが、

重要な意味を持つ登場人物です。


この衝撃の参戦(?)は、

皆さんの目にどう写ったのでしょうか!?

まず試合結果ですが、

前にも書いた様に(参照:JJ黙示録…JJ黙示録それから…)、

この一部始終を読めば、

TAJIRIがハッスルで本当にやりたかった事が、

見えてくるんですよね。

 SMASH公式 より
『SMASH.23』試合レポート
■第3試合
松田慶三、平野勝美、○市来貴代子(11分20秒・ダイビングフットスタンプ→片エビ固め)●木藤拓也、紫雷美央、小仲=ペールワン


キャラ的なものとか、

レフェリーのカウントを止めるとか、

何となく怨霊を思い出す部分もあるんですが、

コナペの場合はあそこまで洗練されていません(笑)。

コスチュームも手作り感溢れてますし、

顔から上半身に白くペイントしてるんですが、

背中の方はスッピンと言う中途半端さ。

でもかつてのインディーのキャラ先行レスラーにはない、

“身体能力”と“技の的確さ”は魅力です。
パキスタンデスロック

GK金沢もコナペ体験した様ですが…、

 プロレス留年生 ときめいたら不整脈!? より
脅威の53歳を見た!

コーナーマットで三点頭立をして座禅を組んでいるのが、

小仲=ペールワンという男。

私もよく知らないインディー系団体の怪奇派レスラーだが、

なんとベースはヨガだという。

座禅や身体の柔らかさを利用したパキスタンデスロック(これは実際に出た!)、

ヨガ式STFなどが得意技。

どんな技なのかは説明が面倒なので(笑)、各自ネット等で調べてほしい。

とにかく、この体勢のまま、相手チームの3人が入場し、

試合が始まるまで5分以上もこのポーズを維持していた。

このパフォーマンスは、フィンレ-の次にインパクトがあったことを付記しておこう。

あくまで、このポーズだけだけどね!


GKの基準においては、

選手としてのスキルよりも、

技の奇抜さと、

何より入場時のパフォーマンス“だけ”が、

評価の対象だった様です。

しかし、インパクトと言うのが、

もしかしたら一番大事なものかも知れません。

間違いなくあの“コーナー倒立with座禅”で、

あの日会場に足を運んだファンの脳裏には、

その姿が刻まれた事でしょう。

以下のキトラップと共に、

コナペの事を憶えておいて下さい。
小仲=ペールワン

キトタク
「♪ボクの親友、心がイケメン♪ お菓子をくれる、うまい棒♪ 心がイケメン、小仲ペールワン♪ 略して言うと、コナペ、コナペ♪」


…にしてもSMASH。

気になる団体ですよね。

関連記事
スポンサーサイト

tag : TAJIRI 小仲=ペールワン 木藤拓也 北都プロレス

comment

Secret

No title

ベースがヨガ??

これは 理にかなってる と思う。
わたくしも ヨガをはじめて3年なりますが、
柔軟性や筋力UPも ですが、
なにより 呼吸 ですな。
たぶん、リング上でも ふか~い呼吸してるよ。
集中力 増します。うん。

近所の高校で レスリング教室 やるんですよ(わーい)
でも、小・中学生向けね。
立ちわざ。寝技練習 と しっかり教えてくれそうです。
お母さんは ダメなんだろうなぁ~・・・(ショボーン)

初コメント失礼致します。以前から興味深く拝見させていただいておりました。

コナペ選手の話題を聞いて。数年前に岩手県で開催された奥玉プロレスで初めて目にし、やはり衝撃を受けました。他の選手なら技が完成している所にわざわざヨガの動きを付け足している所が印象的でした。

年輪を経たコナペ選手。また見たい選手です。

No title

まず最初に藤波が阿修羅・原に極めた「三角絞め」は当時は「片逆腕固め」だったそうで。(藤波選手のファンサイトにて)
この同技は新人時代の猪木さんが大坪清隆に極められてギブアップ負けをして、ビル・ロビンソンも奥の手で使ってたみたいです。ただ、三角絞めだったどうか不明。

小仲=ペールワンは名前は聞いた事は有りますが、写真は始めて。
グレートムタかニタ(大仁田厚)かと思いました。名前は「アクラム・ペールワン」から取ったとしか思えませんが。

>ケロさん

ベースがヨガ??<西村修以来ですね。

わたくしも ヨガをはじめて3年なります<実践されてる方の解説は深いですね。
…というかケロさん、本当にスポーツウーマンですね!! ヨガもやられてるんですか。

レスリング教室…お母さんはダメなんだろうなぁ~・・・(ショボーン)<さらにレスリングまで始められたら…もう最強じゃないですか!!

私の妄想の中のケロさんのイメージはキョンキョンなんですが、そこまで鍛え抜かれると、小泉今日子ならぬ浜口京子です。

>非力なビックボディさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

数年前に岩手県で開催された奥玉プロレスで初めて目にし、やはり衝撃を受けました<うわぁ、それはまた先見の明ですね。
数年前までは私、この手の選手はまともに見る器量もありませんでした。
本当に田舎のコミュニティセンターでこんな衝撃受けると思ってもいませんでしたよ。

年輪を経たコナペ選手。また見たい選手です<案外キャリアあるんですか?
欲を言えばもう少しウェイトが欲しいですね。

今後とも宜しくお願い致します。

>通り菅井さん

「三角絞め」は当時は「片逆腕固め」<締めるよりも腕を極めるのが目立ってたんでしょうね。

この同技は新人時代の猪木さんが大坪清隆に極められてギブアップ負けをして、ビル・ロビンソンも奥の手で使ってたみたいです。ただ、三角絞めだったどうか不明<歴史あるんですね。
でもTVマッチでフィニッシュとして持ち入れたのは藤波が最初じゃないですかね?

名前は「アクラム・ペールワン」から取ったとしか思えません<会場でどんなギミックかと思いながら入場を待ってたら…これですからね(笑)。
そういや、あの時もお菓子配ってたなぁ(笑)。

No title

おはようございま~す^^

SMASHはほんと気になるのですが、平日興行なんですよね。
ここ数ヶ月ずっと狙っているのですがなかなか時間が取れません><

10年ぐらい前、自分の携帯サイトでマイコーが「北都プロレスの~」と書いたとき"???"だったのですが、まさかこういう形で話す事になるとは想像できませんでした。
当時自分はほとんど知らなかったですよ(笑
"何を書いてるんだろう。。。"ぐらいでしたから(爆

今の新日本は「ネット評価高⇒客が入る」と思っている部分もあるので、twitter等あちこちで騒ぎまくれば来年呼ぶと思います^^
その例が内藤大絶賛による先日の両国で、蓋を開ければG1の半分の入りで興行的には失敗という・・・。
小仲=ペールワンは既にTAJIRIがつぶやいていたと思いますし、レガさんの読みどおりあるかもですね。
レガさんがお勧めするのですから、いい選手でしょう^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どもっす。
北都最近行ってないので、コナぺの事も木藤くんの改名の事も知りませんでした(^_^;)

666って事は怨霊のトコの選手ですね。インディの選手はヲタが多いのでたまにツボになる選手が出て来ますよね。レガっちの目に留まる選手が北都に出てたのがオモロイなぁ~。

ヨガと言えばヒクソン戦前の船木を思い出します。

>トラさん

こんばんわ。

平日興行なんですよね…なかなか時間が取れません<お忙しいですもんね。私なんかは逆に平日が行きやすかったりするんですが…難しいですよね。

まさかこういう形で話す事になるとは想像できませんでした<数年前どころか、サミットの頃でも想像出来ませんでした(笑)。

今の新日本は「ネット評価高⇒客が入る」と思っている部分もある…その例が内藤大絶賛による先日の両国<やっぱり甘くないと言う事でしょうね。
複数スター制は一歩間違えると全て外してしまう危険性もありますもんね。
「会場人気と興行人気は違う」って昔よく言いましたけど、今ならそれプラス“ネット人気”というジャンルもあるんでしょうね。

小仲=ペールワン…レガさんがお勧めするのですから、いい選手でしょう<後はドラゲーみたいな内弁慶にならない様、努力してもらいたいですね。
隠し持ったナイフ…はないでしょうな(笑)。

>○○さん

ありがとうございます。

読ませて頂きました。
確かにこれはプロレス…限りなくシュートに近いプロレスですね。
勉強になりました。

冬は事情によって更新が滞ったりしますが、今後とも宜しくお願い致します。

>BKっち

こんばんわ。

コナぺの事も木藤くんの改名の事も知りませんでした<そこからさらに“ルー・ルルル”って誰なんですか!?(笑)。

666って事は怨霊のトコの選手<あ、そうなんですか。
と言う事は怨霊や死神(だったっけ?)みたいにアマレスの下地もあるんでしょうか?
それとも本当にヨガだけがバックボーンなんでしょうか?

ヨガと言えばヒクソン戦前の船木<BKっち、そういやパンクラスも好きですよね。
今度U-SPIRITSの高橋の印象聞かせて下さいよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード