破壊王子よ、スーパースターたれ!!

昨日、スカパーの無料放送で、

サムライTVを見てましたら、

いつの間にか『S-ARENA』が、

『バトル☆メン』に変わっていて、

その中でZERO1の、

昼の10.2 靖国神社奉納プロレスで行われた、

天山広吉vs橋本大地がダイジェスト放送されました。

 スポナビ格闘技 より
天山の檄
橋本大地が破壊王の元付き人・天山に完敗 (1/2)

いくつか思う事がありましたので、

メモ書き程度に記しておきます。



3.6両国でデビュー(参照:感涙)して以来、

橋本大地蝶野正洋を皮切りに、

武藤敬司高山善廣越中詩郎…と対戦して来ました。

本人の目標である“初勝利”には程遠い、

大物ばかりをチョイスして来た訳です。

そして今回、

父親と縁深い天山広吉戦。

95年2.4札幌でのIWGP戦を生観した者として、

非常に感慨深いものがありますが、

昨日の試合内容を見る限りでは、

当然かも知れませんが、

当時の迫力とは程遠いものがありました。

天山にも遠慮…みたいなものが見えますし、

大地に至ってはデビュー半年強の新人らしからぬ、

“上手さ”…これ“巧さ”とは別の意味です。

抽象的な表現ですが、

インディー臭いんですよね。

髪型とか、ピアスとか、

プロとしては全然OKなんですけど、

ちょっと違う様な気がするんです。

「いやZERO1ってインディーでしょ?」と言われればそれまでですが、

今は「強くなる! 大きくなる!」という期間だと思うんですよ。

顔がいいのは何より魅力ですが、

橋本大地が背負ってる宿命を考えると、

決してビジュアル先行ではないと思うんです。

まわりも過保護になって欲しくないですが、

今の立場では仕方ない部分もあります。

団体の中で観客動員に貢献してる一人ですから。

既にれっきとしたメインエベンターでもありますし。

ただ先の先を考えると、

試合後にコメントも出来ない位、潰される機会が、

早く巡って来た方がいいとも思います。

唯一、高山戦がそれに近かったでしょうか。
高山の洗礼

「ただの新人。超新星ではない」

「ガキ(前座)の中に放り込んで、ジェラシー燃やしている奴らと殴り合いさせた方がいい」


極めて正論ですが、

それを実践出来ないのが現状です。

大きなきっかけが必要でしょう。

そこで思い浮かぶのは、

鈴木みのるです。
鈴木の眼光

様々な面で、

大地をきっちりと潰す事が出来るのは、

こうなると鈴木しかいないと思います。

パンクラス黎明期に、

「新弟子は全員丸坊主にして自我を捨てさせる」と言っていた鈴木。

おしゃれな若者の大地に対して、

公然と「ちげーよ!」と言えるのは、

彼しかいないと思いますね。

Gスピリッツ Vol.21の橋本特集を読んでいて、

改めて父・橋本真也の自己顕示欲や、

強さに対する欲、白星に対する欲を思い知りました。

あくまで猪木の様な“スーパースター”を目指していた訳です。

そして父よりもその可能性を持っているはずの大地。

“強くなる”という欲だけは、

真ん中に置いといて欲しいです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 橋本大地 天山広吉 高山善廣 鈴木みのる

comment

Secret

No title

昨日の SASUKE にも 出てたよね。
すぐ 落っこちちゃったけど・・・。

その姿みて ちょっとびっくり!!
その 髪型や体型が あまりにも 貧弱・・・。
え??
まだ こんなもんだよ・・・と自分を 納得させる。
ヤングライオン並み とは 行かないまでも
だれかの付き人くらいは させないと・・・。
(ダレの?と 考えるけど・・・)

と 思うのです・・・。

>ケロさん

SASUKE<出てたんですか? 知らなかったです。

髪型や体型があまりにも貧弱<う~ん…新人としてはそんなにしょっぱい体じゃないとは思うんですが、あの風貌で損してると思うんですよね。

だれかの付き人くらいはさせないと<大谷に付いてないんですかね?
ZERO1においては大谷くらいしかいないんじゃないかなぁ…。
食も細いみたいなんで、頑張って体作って欲しいですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード