「中邑、また負けたね…」

昨日(9.19)の新日神戸大会。

G1クライマックス覇者・中邑真輔の今年最後(?)の大一番でした。
9.19神戸1

私は今回のPPV観戦パスしたのですが、

結果から書くと、

「中邑、また負けたね…」

 新日公式 より
G1 CLIMAX SPECIAL 2011 | 2011/09/19(月)16:00 兵庫・神戸ワールド記念ホール
▼IWGPヘビー級選手権試合
棚橋弘至vs中邑真輔

中邑
(IWGP戦は)連敗5。ほら蔑め! ほら罵れ! 批判しろ! 誰も言わないぞ。それでも俺はまたIWGP、また闘ってやろうじゃないの。俺が前を向いて闘う限り、ベルトが近くまで寄って来るんだ」

「シュチュエーションだろうが、なんだろうが、関係ないね。俺はいつもIWGPは特別だと思って闘ってきた。一度たりとも、なにかより上、なにかより下、気分で変わるもんじゃない。な、またしてもIWGP戦、負けただろうよ。相手が棚橋かどうか、関係ない。ベルトを持つ相手、ベルトを巻く相手、それが“戦うべき相手”だ。まだまだ、目指す俺には、程遠いってことでしょう」


例によって強気発言。

もちろん蔑むつもりも罵るつもりもないのですが、

少しだけ批判したい気持ちがあります。

名勝負の末、敗れると言う結末は、

5月と変わりません(参照:悪いけど、折れない。)し、

G1を制した(参照:「一番凄ぇのは、プロレスなんだよ!!」)事とバランス調整するかの様な、

今回の挑戦と敗北。

試合を見ていませんので、

語る資格はないかも知れませんが、

かつては、

現代のプロレスラーとしては珍しい位に、

星の一つ一つを大切にしていた中邑が、

この1年半でどれだけの星を落としてきたか…。

今後も棚橋弘至が王者として君臨していく以上、

ハッピーエンドプロレスという現状は続いていきます。
9.19神戸2

事実ここ数年来の棚橋の試合内容は、

異常なまでに高水準でもあります。

チケットを買って足を運ぶファンの大多数が、

それを望んでいる以上、

この層に応えていくのが、

新日の企業努力ということになりますが、

中邑真輔を団体内で安売るする様な事は、

絶対にやめてもらいたい。

本人も含めて、

そう言いたいです。

もちろんそれ以上に、

団体の外で中邑の価値を下げるのは、

勘弁して欲しいです。

ここで負けた事で、

G1優勝とのバランスを取るのか?

UFCにおいて“日本の切り札”とも言われてた、

岡見勇信が敗れたこのタイミングで、

岡見と深いつながりを持つ中邑(参照:IWGP×UFC)が、
中邑×岡見

何を思い描いているのか?

猪木vsアリの復刻版パンフを見つめながら、
ビッグなお土産!!

秋の夜長に、

色んな妄想を浮かべています。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 IWGP

comment

Secret

No title

う~~ん。
負けたから と 言って 卑屈になる必要も
ないんですが・・・。
なんか。『 負けましたけど。なにか??』っぽい。
負けは負け なんだから・・・。
真輔好きだけど、 今回のコメ は 嫌いだ。

メキシコ帰りのタナの方が 調整大変だっただろうに・・・。

中邑と棚橋は、立場的に見て同格だと思うんですよね。

紫レガさんの言うとおり、安売りすると中邑の価値が下がると同時に一部で あ!棚橋が特に変わらなくても防衛できるタイトルなんだ


という風に、棚橋やIWGPの価値も下がると思うんですよ

もし会社が棚橋の防衛を記録みたいにしたいのなら、中邑みたいなド本命が出たらわからないぞ!っていう想像させる余地があるべきですよね!


No title

これは新日本マッチメイク(≠勝敗)の失態ですね。

中邑はG1優勝後、
「俺は後でもいいんだぜ」
「大きな大会で優勝するとすぐにベルトに挑戦という流れはどうなの」
と振ってるわけです。
しかも1回ではなく数回コメントしているにも関わらず、試合が組まれました。
単に神戸大会をなんとかしたかっただけでしょう。

こんなのチャンピオンである棚橋が「G1で負けた相手にまず借りを返す」とか言ってしまえばいいわけですが、何も発せず中邑戦が組まれてから例の如くいつもどおりの感情が何もこもっていない台本空コメントというか。。。ノレるわけがないですよね。(この試合にも棚橋という選手にも)

で、次は高橋にようやく1回勝った内藤ですか。。。「ファンの支持率が~」というくだりをよく番組実況等で耳にしますが、よく意味がわからないですね。
これで内藤が獲っちゃたら数年ぶりに見る新日本茶番劇場ですね。

中邑は今後のテーマが見当たりませんね。
前回はメキシコへ行って誤魔化せましたが、また行くわけにもいかないでしょうし。
G1タッグリーグは矢野と組むのでド本命と言っても過言ではないでしょうが、タッグベルトなんて中邑にはいらないでしょう。

今更ですが、親会社が変わるとこうも変わってしまうのかと^^;

・・・まぁ見続けますけど(爆)

No title

レガさん

こんばんは。

行ってきました神戸。
今回は正直迷いました。明らかに今の新日本は棚橋に頼りきってしまっており、今回も防衛の臭いがぷんぷんしてましたし。
トラさんもコメで言っているように中邑がまだ挑戦の機運じゃないよ?G1を獲った余韻に浸らせてほしいねといっていたので両国で組まれると思ってました。中邑の発言があったにもかかわらず、比較的早く神戸での挑戦が決まりました。しかし自分としてはATも終わったことですし、ATの2月開催はシングル中心の展開が期待されるだけに中邑にスポットが当たると思ったので、期待を込めて遠征したのですが・・・。悔しい限りに終わってしまいました。
会場は中邑の方が声援を集め、背中を押していたにもかかわらず、攻めに間が空き場面も多々アリ、お互い技を受けあう攻防で丸め込みで敗れました。自分は完封に近い形での勝利もいいと思うんですよ中邑は。タイトルマッチであれ、十字で10分くらいで決めてしまって欲しかったです。中邑がコメントで言っているように開き直ってしまう自棄の気持ちもわかりますが、諸々貫いて欲しいです。2年前の神戸の真壁との決定戦後のマイクはしびれましたよ。棚橋も棚橋で頑張っているのは認めます、大嫌いですが(笑)。ただIWGPは戦いの歴史だと思うんですよ。かつての新日本は殺伐とした危険な香りに満ちていました。今の新日本はハッピーエンド満足度が高いプロレスを提供する団体になってしまいましたね。小島が入団したことでもわかりますが・・・。これでは柴田や藤田は絶対に来ないですよ。昔から見ていたファンにはやっぱり残念です。G1の中邑vs鈴木戦とか面白かったですねェホント。しばらく新日本はいいかなという気持ちです。

>ケロさん

『負けましたけど。なにか??』っぽい<キャラ的な部分もあるんでしょうけど、元々星に対する執着心の強い選手ですからね。
悔しさの裏返し…と取りたいですが。

メキシコ帰りのタナの方が調整大変だっただろうに<かなり現地でも調整に気を使ってたそうですからね。
ここに来て磐石の王者像が出来てきた感があります。

>海賊男さん

中邑の価値が下がると同時に…棚橋やIWGPの価値も下がる<同じ人間が何度も挑戦することで、色んな弊害が出てきますよね。

棚橋の防衛を記録みたいにしたいのなら、中邑みたいなド本命が出たらわからないぞ!っていう想像させる余地が<そうですよね。
辛うじて今回は中邑だから、ていう部分ありましたけど、こう何度も返り討ちに遭ってたら「もしかして?」の部分が無になっちゃいますよね。
互いの価値が変わってしまいます。
ましてや現状で2トップの二人ですからね。

>トラさん

新日本マッチメイク(≠勝敗)の失態<安易でしたかね?

単に神戸大会をなんとかしたかっただけ<星勘追悼という大きな大会だった事もあるんでしょうけど、『G1優勝=IWGP挑戦』というのが、中邑の位置にいる選手だと違和感がありましたね。

何も発せず中邑戦が組まれてから例の如くいつもどおりの感情が何もこもっていない台本空コメント<チャンピオンで、本人が強調するエースなのであれば、もしライターがいたとしても、それを感じさせない説得力が必要ですよね。まして今回は日本にいなかった訳ですから、一つの言葉に重みを持たせて欲しかったですね。

高橋にようやく1回勝った内藤ですか…「ファンの支持率が~」というくだり<中邑が嫌う価値基準ですよね。内閣支持率じゃないんですから。

内藤が獲っちゃたら数年ぶりに見る新日本茶番劇場<まさかとは思いますが、今のもうプッシュを見ると…わからないですよね。

中邑は今後のテーマが見当たりませんね<はっきり宣言したら面白いんですけどね。「MMAやらせてくれ。半年だけ時間が欲しい」って…妄想ですけど。

まぁ見続けますけど<ファンの鑑です!!

>naokinさん

おはようございます。
生観戦お疲れ様でした!!

期待を込めて遠征したのですが・・・。悔しい限りに終わってしまいました<そういうnaokinさんみたいなファンがいる事を、新日にも中邑にも知っておいて欲しいですよ。

中邑の方が声援を集め、背中を押していたにもかかわらず、攻めに間が空き場面も多々アリ<悪い部分ですよね。
“入っちゃった”ときに、「大丈夫?」みたいな事も、これまでによくありますしね。

完封に近い形での勝利もいいと思うんですよ中邑は<中邑だから許されると言うか…今の新日だから逆に許されると思うんですけどね。

2年前の神戸の真壁との決定戦後のマイク<あれこそシュートでしたからね。

棚橋も棚橋で頑張っているのは認めます、大嫌いですが<(笑)。

今の新日本はハッピーエンド満足度が高いプロレスを提供する団体になってしまいました…これでは柴田や藤田は絶対に来ないですよ<新日の本質を見続けてきたファンは今でも二人(+オーちゃん)の登場を待ってるんですよね。しかるべきシチュエーションで。

しばらく新日本はいいかなという気持ち<naokinさんみたいな方にそう思わせたらダメですよね!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード