「一番凄ぇのは、プロレスなんだよ!!」

いやぁ…想像の遥か上を行きましたね。

G1クライマックス最終戦は、

プロレスリングのプロの部分を、

大いに見せ付けられました。

こっちは午後から土砂降りの雨で、

無事にPPVが受信されてるか不安でしたが、

何とか最後まで観る事が出来ましたので、

一日遅れですが一言ずつ思った事を書きましょう。

大会の詳細は公式サイトをご覧下さい。

 新日公式 より
ブシロード PRESENTS G1 CLIMAX XXI ~THE INVINCIBLE FIGHTER~ | 2011/08/14(日)15:00 東京・両国国技館

▼永田vsヒデオ
「G1にあるまじき試合!」…なんていう方はもういないでしょうか。

ゼアが出りゃいい、ペイッが出りゃいい、白目が出りゃいい、ブルーミストが出りゃ尚いい!!

永田はそういう存在になりつつあります。

で、ヒデオ…大阪大会観たときも驚きましたが、

所属選手でここまでのキャラレスラーが、

現れる様になるとは…でもアリでしょ。

▼G・バーナードvs矢野
見た目大味でいて、凄い緻密なレスリングという共通項。

結果は順当でしたか。

▼アーチャーvs高山
今回だけは得点も勝敗も関係なく、

過酷な日程を走りきった高山に、

「お疲れ様でした」と。

▼真壁vs裕二郎
意地で今の位置まで上がって来た真壁と、

内藤に対するジェラシーで出てきつつある裕二郎。

スタイルは真逆ですけど、いつか組む気がします。

“スキャンダル”と“ジェラシー”こそが新日ですから。

▼棚橋vs内藤
まず、この勝負論満載の攻防にやられました。

棚橋にしてみれば思いもしない展開だった気がします。

いろんな意味で内藤…天才ですね。

▼後藤vsストロングマン
(私的には)後藤が負ける事だけがテーマの試合…面白かった。

▼アンダーソンvsMVP
(私的には)MVPが負ける事だけがテーマの試合…これまた面白かった。

▼天山vs小島
(私的には)小島が負ける事だけがテーマの試合…迫力あった。

最初のカード発表で最も盛り上がってたのが、この試合でしたね。

やっぱり現在の新日を支えてるファンの大多数が、

少年時代にnWoとかテンコジを観て育った世代なんですかね。

▼中邑vs鈴木
最初のグラウンドの攻防で、

期待値MAXまで跳ね上がりましたが、

タイチの介入で「そういうことか…」と落胆。

しかしそこから!!

プロレスリングを見せ付けられました。

想像の遥か上を行く二人でした。

鈴木のフェイスロックフロントスリーパーに、

色んなメッセージが込められていたと思いますし、

スリーパーを食う中邑の表情も最高でした。

何よりこのフィニッシュ!!
正面からボマイェ

これをプロと呼ばず、何をプロというのか!?

▼IWGPジュニアタッグ選手権試合
早送りしました。

▼優勝決定戦
内藤vs中邑

中邑にしてみれば初めてじゃないですか?

自分より下の世代と名勝負を残したって。

確実にこれからのG1史を振り返った時に、

思い出される試合になったと思います。
カウンターのジャンピングボマイェ

会場の方には伝わってたかどうかアレですが、

大写しになった時の中邑の表情…鳥肌立ちました。



今回の最終戦は、

G1の名に相応しい大会だったと思います。

そして、このタイミングで放った中邑の、

「一番スゲェのは! プロレスなんだよ!!」

物凄く深い意味を持ったメッセージだと思います。
雀鬼に優勝報告

とにかく中邑真輔

G1初制覇、おめでとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 G1クライマックス

comment

Secret

遅すぎる初優勝でしたね。
個人的には「一番スゲェのは……」が「一番ツエェのは……」になってほしいです。そこの部分では中邑に期待するしかないです。

中邑優勝!

レガさん

お久しぶりです。お元気でしたでしょうか?

棚橋政権だったのでしばらく新日本から離れておりましたが、
やはり“夏の風物詩”であるG1はパスしないで会場に足を運んで
良かったなと思いました。
一言で言えば、ここ近年まれに見る良い興行でしたね。
もちろん自分もレガさん同様カード発表があったときに
見たかったのが中邑vs鈴木でした。
過去対戦経験がある二人ですが、今回の対戦は意味のあるもの
でしたね。ブログでも触れられていましたが、前回の中邑政権時に
『過去』との戦いで是非鈴木戦が見たかったと感じていた
自分としてはG1という舞台で実現するのは期待感が
半端じゃなかったです。。
自分も最近のエンタメ化してる新日本ですからタイチが
ちょっかい出してきたときはガッカリしましたが、二人は集中してましたね。序盤のグランドや十字、スリーパーのパス攻防良かったですね。
最近はのっけから大技連発の試合が多いですが
改めて試合の組み立ては重要だなと感じました。
内藤戦も良かったですね。自分もスクリーンに大きく写った
中邑の表情に鳥肌が立ちましたね。
会場でもざわめきが起こってました。
予選からの磐石な内容でベストマッチ連発でしたし、良い意味で今回のG1でプロレスとしての幅を広げたと思います。
久々に出た決まり台詞も良かったですね。「好きなことをやるということは楽しいことばかりじゃない」という台詞に最年少でIWGP奪取など華々しいレスラー人生の影で日々悩み苦しんでいた彼の本音の部分が
垣間見えて感動しました。
『今の』新日本の【本流】ではないけれど、やはり新日本の【源流】は
中邑しかいません。
頑張って欲しいですね。

>BPさん

遅すぎる初優勝<何と8年越しらしいですね。

「一番スゲェのは……」が「一番ツエェのは……」になってほしい<その辺はもう一個の夢…MMA出陣の時まで楽しみに待ちましょう!!

>naokinさん

ご無沙汰でした!! 私は元気ですよーーーー!!

パスしないで会場に足を運んで良かったなと思いました<うらやましい限りですよ。

中邑vs鈴木…今回の対戦は意味のあるものでしたね<本当に試合前までの発言から最後のフィニッシュまで、まさに“半端じゃない”プロにしか出来ない試合でした。

改めて試合の組み立ては重要だなと感じました<そういう部分の基礎が、全日ともノアとも違う二人だから成し得た作品でした。

良い意味で今回のG1でプロレスとしての幅を広げたと思います<ここで一皮剥けましたね。
メキシコなんて何の意味があったんだろう、と思っていましたが、こういう結果を踏まえると、無駄な物なんて何一つないと言う事を教えてもらいました。

【本流】ではないけれど、【源流】<けだし名言ですね!!
間もなく小鉄さんの一周忌です。ストロングスタイルは決して死にません。

No title

お疲れ様です!

いや今回の最終戦は見事な興行でした^^
自分の思い描いた結果とマッチした、というのが最大の要因でしょうが、何より会場の盛り上がりと客の入りが半端じゃなかったです。
本当に最上階までビッシリ入ってて驚きました。

中邑鈴木ですが、想像を超越した内容に決勝を前にしてほぼ燃え尽きてしまいましたw
最後のボマイェは凄かったですよね。
タイチに放ったグーパンチもw

決勝は会場の大半が内藤を推してましたが、試合終了後は大真輔コールに包まれ、これぞエンターテイメントの最高峰と呼ぶにふさわしい〆だったと思います。

そして
「一番スゲェのはプロレスなんだよ!」
まさかこのタイミングでこの言葉が発せられるとは。。。
今回は説得力有の言葉だと思います。

大地のデビュー戦といい今年は両国で感動させられる興行が多いです^^

>トラさん

そちらこそ、お疲れ様です(笑)。

何より会場の盛り上がりと客の入りが半端じゃなかったです…本当に最上階までビッシリ入って<首都圏に関してはもう完全復活と言って過言ではない様ですね。

決勝を前にしてほぼ燃え尽きてしまいました<はははは…わかります(笑)。
最後のボマイェは凄かった<左であそこまで強烈なのを放つようになったんですねぇ…顔そむけずに受ける鈴木も凄かったです。

会場の大半が内藤を推してましたが、試合終了後は大真輔コール<力で認めさせる。支持率と勝敗は別、という中邑の真骨頂ですね。

このタイミングでこの言葉が発せられるとは<つくづく今のプロレス界がアレなだけに、中邑も覚悟を持って言い放ったと思いますね。

大地のデビュー戦といい今年は両国で感動させられる興行が多い<DDTも含めて、トラさん当たり年ですね。

この試合は観てます。

試合も両者 一歩も引かず、技の繋ぎ、攻めが
噛み合っていた印象です。

試合後の中邑選手のマイク「1番つえぇ」と聞き間違いしてたのを後に知りました(恥)

とにかく中邑選手が勝って、あんなに嬉しそうに感情を露わにしてる姿にまた違った印象を受けました。

レガさんのお返事に【支持率と勝敗は別】とありますが、納得です!
この中邑選手の勝利を認めた証ですよね。

>みーさん

中邑選手のマイク「1番つえぇ」と聞き間違いしてた<このセリフには案外歴史がありましてね、しばらくその路線からは遠ざかってて…このタイミングで出た時に鳥肌立ちました。
しかも2011年ですからね。物凄い激流の中ですよ。

中邑選手が勝って、あんなに嬉しそうに感情を露わにしてる姿<元々感情のほとばしる選手ですからね。
2009年の猪木発言の時なんか観たら今でもゾクゾクしますよ。

中邑選手の勝利を認めた証<今でもね、新日の中で最も世間に通用するのは中邑だと思っているんです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード