セカンドロープで勝ち名乗り

そういや…、

G1始まってますね。

 新日公式 より
ブシロード PRESENTS G1 CLIMAX XXI ~THE INVINCIBLE FIGHTER~ | 2011/08/01(月)19:00 福岡・福岡国際センター

ブシロード PRESENTS G1 CLIMAX XXI ~THE INVINCIBLE FIGHTER~ | 2011/08/02(火)19:00 福岡・福岡国際センター


注目の中邑真輔は、

開幕戦でMVPに痛い黒星。

二日目は小島聡にボマイェで白星をゲットし、

五分としています。

ここからが勝負でしょう。

その小島戦ですが、

グレーテスト1972同志のブログで、

「これ“良い写真”だなぁ」と思う画像を拝見しました。

新日公式からなんですけど、

この中邑勝利の雄叫び(?)
中邑on the secondrope

神々しいな…と思います。

また、セカンドロープで勝ち名乗り…といえば、

私にとっては絶対的に、

高田延彦のイメージです。
勝者と敗者のコントラスト

高田ファンなら理解して頂けると思いますが、

一つ一つのディテール(←使い方間違ってる?)というか、

試合の前後に見られる、

独特の“様式美”が大切でしたよね?

入場時の表情(参照:顔を見る、感情を見る。)、

リングイン前の溜め

リングイン後、相手に歩み寄っての睨みつけ(参照:“覚悟”の表れ)、

そして勝利を飾った後の、

コーナーでの勝ち名乗りです。
カウント10が入り、高田秒殺勝利

高田の場合、

ご丁寧に四方でこれをやる訳ですが、
高田完勝!!

時には“憂いの表情”、
傷だらけの高田の顔

時には“心の底からの咆哮”、
勝った!!

とにかく“神々しかった”です。

つられて田村や金原らもやってた時期はありましたが、

やはり高田の真似の域は脱せず、

単純なパフォーマンスという感じでした。

とにかく、この“恍惚感”…、

最高…いや、最強でした。
コーナーでも

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 中邑真輔

comment

Secret

No title

やはり・・・。
個人の性質。もっと言えば、
持ってるイデオロギー(この使い方であってる?)
が 表れるれるんではないかと・・・。

まぁ~ファンだから そう見えちゃうってのも
否めませんが・・・。

とにかく かっこいい!!!

これ 大事!!!!

いつも、ホンマお世話になってます。。。

タカダノブヒコ・・・。

ワタクシは猪木の後継者は高田しかいないと
当時(・・というか今でも)からずーっと叫んでいた1人であります。

強く、華があって、カッコイイ・・・。
猪木後に高田がいてくれて、プロレスから離れずに済んだのかも
しれません。

確かに高田、セカンドロープに上がっての
勝利の雄叫び、してましたしてました!!!笑
(トップロープじゃないとこがまたリアル感あって。)

しかし、レガさん、
なんで編集者や記者にならんかったん?って思うほど、
斬りこみ方、着眼点、文章力・・・etc
ホンマに最高ですね!
凄い才能ですよ!

下手なプロレス雑誌読むより、
何兆倍も面白いっス!

これからも
期待してます!


>ケロさん

個人の性質。もっと言えば、持ってるイデオロギー<持って生まれたものだからこればかりはしゃあないなと。

とにかくかっこいい!!!これ 大事!!!!<プロレスを見る上で非常に大きな部分ですよね。
特に女性や少年ファンにとって“かっこ悪い”ことはヒールの要素になりますよ。

>従業員ひがしさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。
コメントありがとうございます。

猪木の後継者は高田しかいないと当時(・・というか今でも)からずーっと叫んでいた1人<同志じゃないですか!!

強く、華があって、カッコイイ・・・<これ三つ兼ね備えてるのは意外と少ないんですよね。特に“華”の部分。

なんで編集者や記者にならんかったん?<これ以上ないお褒めの言葉ありがとうございます!!
学が無いなりに頑張りますんで、今後ともよろしくお願いします!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード