G1前の…

新日本プロレス夏恒例の、

G1前の北海道東北サーキットが終了しました。
7月新日ポスター

今年は観戦をパス(参照:夏をあきらめて)しましたので、

いろいろと書く事はなかったんですが、

無事に終わった様ですので、

個人的に思っている事だけ書きます。

まず観客動員の方ですが、

初日のテイセンと飯塚のお膝元・室蘭だけに満員マークがつきました。

昔よりは実数に程近い数字だとは思いますが、

テイセンの場合きっちり入って2000ですよね?

でもあそこの場合は椅子の並べ方で、

どうにでもなっちゃうというか…。

他の会場では満員マークなし。

真駒内に至っては5800人ですか?

前にも書きました(参照:真駒内!?)が、

アイスアリーナって1万以上のキャパあるんですよね。

これを半分埋めた事が凄い事なのか、

これしか入らなかった事がダメなのか、

いずれにしても団体側に初めから、

満員にしようという気概はなかったと思います。

今の時代にこのカードで地方会場が埋まる訳がない。

余程「新日が好き」な人か、「たまたま行くか」な人しか、

電車乗って真駒内まで行かないでしょう。

サイトで結果を見ても、

「やっぱり行けばよかった…」という思いが、

一切出て来なかったです。

低く想定してたハードルを下回るでもなく、

大きく飛び越えるでもなく、

普通に跨いで行った結末。

予想通りの展開。

G1前の予告編。

あと地方大会の試合結果見てて思うんですけど、

シックスメン連発で合計6試合ってどうなんですかね?

私、プロレス興行って9試合が普通だと思ってましたんで。

前座でもシングルマッチほとんどやらないんですもんね。

いずれにしても、ここへ来て、

新日に対するモチベーションが、

急降下してしまいました。

これを打破する出来事を、

待ってはいるんですけどね…。

棚橋がトップにいる以上は、

感動が約束された大会が積み重ねられるでしょう。

しばらくは“友情”“努力”“勝利”の、

“少年ジャンプ的プロレス”が続きそうです。

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

飯塚のがんばり

わたくしの出身地のおとなり室蘭。
今じゃ 鉄もひえひえの町ですが、
飯塚さんガンバってくれたようです。

タナの風が 吹く昨今。
真輔がひっじょ~~に おとなしい。

なんだ?なんだ?

G1で 何かが おこるかも・・・?

>ケロさん

わたくしの出身地のおとなり室蘭<そうでしたそうでした。こんな深夜(現在2:10)に室蘭焼鳥食べたくなって来ました(笑)。

真輔がひっじょ~~におとなしい<本当におとなしかったですね。最後になんかコメントしてましたけど。

G1で何かがおこるかも<起こるのがG1…のはずですからね。
波乱が普通ですから、それ以上のものを求めていきましょう。

No title

全国規模で考えると、やはりまだまだなのでしょうね。
北海道でシリーズ組むのは厳しそうだなぁ。。。
もっと本腰入れないと(マッチメイク等)駄目なんでしょう。
G1の前というのもちょっと。

>シックスメン連発で合計6試合
なんか昔のノアを思い出しますね。
当時のノアは揺ぎ無い王国だったのですが、現在は・・・
自分はずっと東京なので、こういうカード連発されたら間違いなく行かないでしょうね。

ここ最近の棚橋の営業を見ていると、会社としては"あぁこれで行かざるを得ないのかなぁ"と思います。

中邑がそういう空気を切り裂いてくれるといいんですけどね^^;

>トラさん

全国規模で考えると、やはりまだまだ<福岡や大阪は入ってたんですよね? やはり北海道だけがアレなんですかね?

地方でシングルマッチがないって信じられませんね。新日じゃないような気がします。

棚橋の営業<去年の真壁といい頑張ってますよね。
北海道でも一人でメディア出まくってましたからね。ただいかんせん伝わってたのかどうかというのはアレなんですけど。

中邑がそういう空気を切り裂いてくれると<やっぱり見渡すと彼しかいない訳です。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード