流星とロケット(1986)

今年の夏、

また一人の偉大なレスラーがリングを去っていきます。

その名は、

“流星仮面”マスクド・スーパースター
闘いのど根性ガエル

以前記事にした様に(参照:天の川は流星仮面の調べ)、

夏…七夕が来ると、

流星仮面を思い出す私にとって、

このタイミングでの引退は感慨深いものがありますが、

私なんか以上に胸にこみ上げる部分が大きいのは、

文字通り“マスクドの日本の息子”流星仮面二世さんでしょう。

熱い想いは最近もUPされています。

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
運命の流星仮面~第一話~

運命の流星仮面~第二話~

運命の流星仮面~第三話~


私にとって2002年11.24が、

決して忘れる事の出来ない日(参照:UWFインターの最終話Uインター上がって来いや!!)である様に、

流星さんにとっては、

2011年7.17が永遠のメモリアルデーとなる事でしょう。
さらば流星仮面

実はマスクド・スーパースターで、

もう一つだけ忘れられない試合があります。

それは単なる地方のテレビマッチなのですが、

画面を見ていて思わず「おおっ!」と叫んだ思い出の試合、

1986年4.25 熊本市体育館

藤波辰巳vsマスクド・スーパースター
です。
藤波辰巳vsマスクド・スーパースター

昭和らしく序盤戦は、

寝てもヘッドロック、
グランドでのヘッドロック

立ってもヘッドロックと、
スタンドでのヘッドロック

藤波独特のじっくりした攻めで、

スーパースターのパワーを封じていきます。

そこをパワーで打開してバックドロップを放ちますが、
反撃のバックドロップ

積み重ねたヘッドロックのダメージから、

藤波のペースは変わりません。

今度は猪木直伝のショルダーアームブリーカーから、
腕折りから、

お馴染みのショートアームシザースで、
出ましたショートアームシザース

徹底したパワー封じ。

ならばと試合巧者の流星仮面は、

場外戦で流れを変えてきます。
場外戦は流星仮面有利

逆に万力の様なスリーパーホールドで、

スタミナを奪い返して、
万力のスリーパー

ショートレンジからのラリアート連発で、

大きなダメージを与えていきます。
ショートレンジのラリアート

再び場外戦となると、

力一杯フェンスに叩きつけてから、
フェンスに叩きつける

一足先にリングに戻り、

やっと生還して来た藤波に、

トップロープ越しのブレーンバスター。
ロープ越しのブレーンバスターは、

しかし空中で切り返して着地した藤波は、
藤波が着地して、

間髪入れず、

ドロップキックで流星仮面を蹴落とすと、
ドロップキックで蹴落として、

そのまま全速力で、
勢いの、

リングを駆け抜けて、
ままに、

幻の技…
ドラゴンロケット、

ドラゴンロケット発射!!
発射!!

流星仮面の巨体に見事炸裂!!
炸裂!!

解説の小鉄さん曰く、「5年振り」の一発に、

快心の藤波もテンション最高潮。
「よっしゃあ!!」

淡々と進む場外カウントの中、

リングインせんとする藤波。

ダメージの大きい流星仮面は、

場外心中狙いに行きます。
場外カウントが進む、

ここで藤波はとっさに、

流星仮面の胸板へキック一発。
藤波はキック一発で、

その勢いのままにリングイン。
逆ロケットリングイン

と同時にカウントは20。
リングアウト勝ちに、

レフェリーがゴングを要請すると、

思わず藤波は「カウント3入った?」のドラゴンムーブ(笑)(参照:夢の吊り橋~前編~~後編~)。
「みっつ入った?」

そして勝ち名乗り。
「やったぁーーーー!!」

当時は例えリングアウト勝ちでも、

シングルマッチの決着がつくと言う事に、

大きな意味がありました。

ましてや夜空を切り裂いたドラゴンロケットの余韻が、

全てのファンを酔わせたのです(未成年だった私らも含めて)。

後に藤波は天龍戦や石川戦でも、

ドラゴンロケットを解禁しましたが、

この夜の様に、

文字通り“ロケット”と呼べる切れ味ではなかった記憶があります。

先日NASAで、

最後のスペースシャトル打ち上げが成功に終わりましたが、

まさにこの夜がある意味、

最後のドラゴンロケット打ち上げだったのかも知れません。

試合後、誇らしげに左手を挙げた流星仮面。
流星仮面よ永久に…

それは藤波の魅力を最大限に引き出した、

その満足感から来るアピールだったのかも知れません。

最後のリングもたっぷりの満足感で、

有終の美を飾って欲しいですね。
流星仮面引退

関連記事

tag : 藤波辰巳 マスクド・スーパースター 引退

comment

Secret

No title

いつもどうもありがとうございます(^^)

この試合、覚えてます!!試合前、マスクドが

「ウェートが増えた藤波は要注意だ」

と発言していたのが当時のプロレス雑誌に載っていて・・・それが的中したかのようなヘビー級のドラゴン・ロケット炸裂でした。

試合後の藤波の表情、手強い相手だったことを印象付けますね。藤波いいですねェ(^^)

引退試合、力の限り応援して送り出したいと思います!!おれの生き様、見ていてください!!

>流星仮面二世さん

こちらこそ、いつもどうもです。

「ウェートが増えた藤波は要注意だ」…的中したかのようなヘビー級のドラゴン・ロケット炸裂<いいですねぇ!! 色々といいです。夢があった。

試合後の藤波の表情<思わず「三つ入った?」出ちゃうくらい嬉しかったんでしょうね。
リングアウト勝ちでも全然価値がありましたよね。

おれの生き様、見ていてください!!<いよいよ明後日ですね。
プロレスを観てきた歴史を引退するレスラーとその場で共有する…これってものすごい事ですよね。
しかもその相手が流星仮面ですから、日本で行われる事自体がある意味“夢”みたいなもんですよね。
夢の空間…満喫してきて下さい!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード