すべらないプロレス~後編~(1996)

前編からのつづきです。

ロープブレイク後、組み合ってから、

払い腰を狙った高田に対し、

踏ん張ってバックを奪った天龍。

高田はUの流儀で前転から足を取りに行きます。
バックに回った天龍の足を取る高田、

天龍もまた自分の流儀で、

技術ではなく体重で潰すと、

再びエルボーの連打。
潰して天龍は再びエルボー

凌いだ高田は蹴りでコーナーに詰めていき、

虚を突いた飛び蹴りから、

コメカミへの膝の連打。
突如膝蹴りの連打、

レフェリーの服部が顔面に手を加えて、
タイガー!! 下手すぎるだろっ!!

天龍は流血しました。

なおも高田は容赦なくハイキックを放つと、
さらに容赦なくハイキックを放つと、

ここで天龍の“秘密兵器”グーパンチが顔面を捉えます!!
出た!! グーパンチ!!

足元から崩れた高田は苦悶の表情。
足元から崩れて高田ダウン

天龍は流血によって、

ダメージを回復したかの様です。
流血と同時に息を吹き返した天龍

さらに上からグーパンチのラッシュ。
上からグーパンチの連打

起き上がったところに喉笛への天龍チョップ!!
天龍チョップは喉笛に!!

大一番でのみ見られる打ち方です。

勢いを取り戻した天龍は一気にブレーンバスターから、
ここで初めて大技ブレーンバスター、

独特の頭部への蹴り、
得意のチョン蹴りから、

再びの天龍チョップは顎を打ち抜いてダウンを奪い、
今度は顎の先端に天龍チョップ!!

全日時代からの切り札とも言える、

テキサス・クローバーホールド。
テキサスクローバーホールドは天龍の切り札

何とかエスケープした高田に、

天龍は不用意な浴びせ蹴り。
スローな浴びせ蹴りは空発

難なくかわした高田は、

すかさずヒールホールドをガッチリと。
ヒールホールドで絞り上げる

一転して必死にエスケープした天龍に、

高田は再びローキック3発から。
ローキックも効いて来た、

強靭な天龍の下半身も崩れてきたところへ、

さらにハイキック!!
さらにハイキックで、

それでもタフな天龍はカウント7で起き上がってきます。
カウント7のダウン

改めて高田はローキック3発から、
さらにローと、

ハイキックで倒すと、
ハイキックで倒して、

今度はカバーに行きます。

意表を突かれた天龍は必死にキックアウト。
今度はカバーに行く

試合は高田ペースです。

高角度のバックドロップから、
高角度バックドロップ

2度目の腕十字!!

肘が伸び切ったところで、

天龍の左足がサードロープにかかります。
2度目の腕十字もニアロープ

再び立ち上がると突如、天龍のラリアート!!
一発逆転のラリアート

コーナーに詰まった高田に2発目を狙うと、
串刺し式はかわして、

これを待っていた高田はかわして脇固め。
脇固め

さらにエスケープした天龍の顔面を蹴り上げます。
ブレイク直後に顔面蹴り

これに火がついた天龍はグーパンチ一発で逆転。
ここでまたグーパンチ

ダメージはかなり蓄積されています。
かなりダメージが積み重なってきた天龍

それでも猛然とラッシュするスタミナは脅威としか言えません。

延髄斬りから、
延髄斬りから、

強烈なかち上げ式のラリアート。
かち上げるラリアート

高田もここが勝負どころとみたか、

ミドルで反撃。
高田のミドルに、

天龍もチョップで応戦。
天龍はチョップ、

何発かの打ち合いの後、

ここでまたグーパンチ炸裂!!
いきなりグーパンチ!!

一気にフィニッシュ狙いのパワーボムに行きますが、

高田も踏ん張って、
パワーボムを、

切り返しの脇固め。
切り返しての、

天龍の肘が伸びたところで、
脇固めから、

体勢を入れ替えて全体重をかけたアームバーへ!!
さらにアームバーで絞り上げて

これにはさすがの豪腕もギブアップ。

20分弱の激闘は高田の勝利に終わりました。
高田勝利

初秋の神宮の夜空に高田は勝利のガッツポーズ。
勝者高田

敗れた天龍は無言で球場をあとにしました。
静かにリングを去る天龍

実に“すべらない攻防”のプロレスを展開した二人。

天龍の“カラッと激しいプロレス”が、

Uとかみ合うはずがないと永年思われて来ましたが、

前編に書いた様に、

高田のタイツの色に見る“歩み寄り”が、

その答えだったと思います。



今年、8.27に開催される『ALL TOGETHER』が、

メジャー三団体合同による、

実に32年ぶりのオールスター戦となる訳(参照:次へ。また、その次へ。)ですが、

思い返せばこの96年のUインターの大会には、

新日(橋本、健介)全日(川田)WAR(天龍)東京プロレス(折原)(参照:桜庭のプロレス)と、

メジャー、インディー各団体のメインエベンターが出場。

加えて初代タイガーとコブラにUFCファイター(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.18~十年間、そして十年後・其の四~)まで、

何とも贅沢な顔触れが揃いました。

現在とは違って団体間の壁が、

高く分厚くそびえ立っていた時代の事ですから、

この夜がプレ・オールスター戦だったと言っても、

過言ではないでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 天龍源一郎 WAR

comment

Secret

No title

こう、いろいろ抜きにして男と男の戦い!!いいですね!!

大技を出すわけではない。蹴り、殴り・・・そう、昔の新日の前座のような、気迫と魂のこもった戦い、ぶつかり合いですね!!

伝わりますよ!!心に残りますよ!!

これがプロレスですよ!!

No title

筋書きありでもトップクラスの本気の技を受けるのは真剣勝負以上に危険なことだと思います。
「本気になって対戦相手が死んじゃったら、誰が責任取ってくれるの?」
の感覚で試合していた鶴田さんを一瞬本気にさせてパワーボムで殺されかけた天龍さんですから、高田さんの実力を知った上で相当な覚悟で闘っていたと思います。

No title

お疲れっし!!

すべらない話見ました~
勝俣がサラッとなんか言ってましたね^^;
凄い時代になったものだと思います。
面白い話が多い中、ジュニアがMVSに選ばれましたが、あの話は以前他局でも話していたことがあるんですよね。。。

高田と天龍は凄かったですよね。。。こと天龍に限っては一連の橋本戦と同じぐらいだと思います。
打撃の入れ方が半端無いです。

>流星仮面二世さん

いろいろ抜きにして男と男の戦い<そうですよね。“いろいろ”の部分なしにはプロレスは成立しませんが、基本的には男同士のぶつかり合いですしね。

蹴り、殴り・・・そう、昔の新日の前座のような<最近よく前田は「俺らの若手時代と高田らの時代は違う」と言いますが、喧嘩みたいな蹴り合い殴り合いは連綿と第三世代の時代まで続きましたよね。
それにしても逆水平の何発かで試合を特別なものに作り上げる天龍…恐るべしです。

>病弱者さん

トップクラスの本気の技を受けるのは真剣勝負以上に危険なこと<ましてや育った環境が違う二人ですからね。つくづく天龍の覚悟を思い知ります。

鶴田さんを一瞬本気にさせてパワーボムで殺されかけた天龍さん<ありましたねぇ!!
結果的にジャンボを本気にさせて皆が笑って見ていた存在を一変させちゃいましたよね。

>トラさん

お疲れ様です。

勝俣がサラッとなんか言ってましたね<言ってから「あ!」と思ったのか、そのあとしきりに「真剣勝負」って言ってましたね(笑)。

ジュニアがMVSに選ばれましたが、あの話は以前他局でも<基本的にジュニアの話は既出が多いんですよね。私は小藪の「葬式」の話が一番面白かったです。他は地味に真栄田ですかね。

こと天龍に限っては一連の橋本戦と同じぐらいだと<そうですよね!!
同じ事がベイダーにも言えて、プロレスを超えた打ち合いが見られたのは橋本と高田だけだった様に感じます。ベイダーは小橋戦もそうですけどね。

超間の悪いタイミングでの書き込みですが…

すべらないは少ししか観れなかったのですが、露出度の問題もあるでしょうね。そしてジュニアの場合、すべらないと他番組を区別なくやってますので、どうしても既出が多くなるんでしょう。以前やりすぎで話した事なんて誰が観んねん、みたいな事話してましたし。
IPPONぐらんぷりを観て
「あぁ、ジュニアは船木だなぁ」

と思いました。強さへの憧れが強く、共にデビューも15歳で、将来嘱望されつつフェードアウトして、今又露出が増えて来た。
高田ー天龍…この頃の日本のプロレスってWWFばっか観てたのか、全然観てないんすよね。
観たいなぁ~。

>BKっち

露出度の問題<確かにありますね。○○な話から勝ち上がった若手なんか予備知識何もないから、ほとんどの話が初見でしょうし。

「あぁ、ジュニアは船木だなぁ」<出た!! BKっち論!!
そう考えると、この前見た番組でジュニアが「この人が見たくてNSCに通ってた」という原西って…ライガーですかね(笑)。
一兆個のギャグ持っていてもテレビで使うのが5~6個というのが、ライガーの持つナイフ(柔術青帯とか藤原教室とか骨法とか)に思えてきました(笑)。
BKっち論恐るべしです。

高田ー天龍…観たいなぁ~<お渡ししましょうか?
あの神宮大会は面白いですよ。

またコメントしてしまう。

この試合は観ています。

重厚感が漂う…とにかく凄い試合でした。
試合を見終わって固唾を飲むとはこの事かと。
私はとても満たされた気持ちでした。



この試合を観た前後にゴニョゴニョの件も初めて知りました。
全く知らなかったんですよね〜

いくら鍛えてるとは言っても、やっぱりプロレスラーって強い!



今日は
こ、この辺で…

>みーさん

重厚感が漂う…とにかく凄い試合<天龍はこの試合もあれば、大仁田との電流爆破もあります。
神取ともやってますし、BIともやってる。
ランディ・サベージ戦みたいなのもある。
凄い選手ですよ。

いくら鍛えてるとは言っても、やっぱりプロレスラーって強い!<そうですね。
強さの質も人それぞれですけど、天龍の強さは万人が認める強さでしょうね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード