悪いけど、折れない。

『レスリングどんたく』でのIWGP戦、

中邑真輔は敗れました。

試合内容に関しては、

間違いなく好勝負。

しかし名勝負と呼べたかどうかは、

それぞれの胸のうちによるでしょう。

私の中では好勝負止まりでした。

 新日公式 より
レスリングどんたく 2011 | 05/03(火) 15:00 福岡・福岡国際センター

中邑
「何度も同じこと、言わしてもらおうか。いいんだろ、また立ち上がれば。悪いけど、折れないんでね。折れないんで、俺の心は。こんなクネクネしてるんでね。近いようで遠い、近いようで遠いIWGP。前向いてれば、いつも傍までやって来る。だがそれを抱く事は、今の俺には出来ないみたいだね。また帰ってくるよ、タイトルマッチ」


強がりからの言葉なのか?

本当に図太く言い放ったのか?

疑問ではありますが、

本当に心の底から言ってるのなら、

中邑にとってのIWGPって何なんだろうな? と思います。

試合の中で唯一「ハッ!」としたのが、

幾度となくかわされる中で一発だけ後頭部に決めたボマイェ。
左打ちボマイェ屈指の一発

この一撃は左打ちを使い出して、

角度といいタイミングといい、

ベストともいえる一撃でした。

その場面以外で響いたところはないなぁ…。

一方の王者、棚橋弘至

PPV観てた方ならわかるでしょうけども、

試合後に力の限り「たなー!!」と叫ぶ男の子や、

お父さんの膝の上で嬉し泣きしてる女の子。

前々回の仙台の帰り際にキスした子もそうですが、

真壁に続く“ピープルズチャンプ”が今の新日本の王道なんですね。

これ決して悪い事ではないんですけど、

ファンに促されて三度も見せるエアギターを見ながら、

やっぱり私が憧れた新日本プロレスは、

もうそこにはないんだなぁと、

改めて思い知った次第です。



他の試合も好勝負が並びました。

お金を払って観に来たお客さんを、

確実に満足させて家路につかせるプロレス。

着実に次につなげるプロレス。

プロスポーツとして、興行として、

素晴らしい事です。

でも、何かが違うんだよなぁ…と、

そう思いながらUインターのビデオなんか見返してしまう私。

王者曰く、「一回、どん底まで落ちたほうがいいんじゃねーの? 泥にまみれろ」との事ですが、

そのつもりは毛頭ない中邑。

今後も軍団抗争を闘い続けて、

G1に臨んで行くのか…。

新日のメインエベンターの“一角”として、

再びトップに立つ機会を窺うのか…。

今日も試合はあったようですけども、

05/04(水) 17:00 岡山・岡山県卸センター・オレンジホール

ベルトと離れた部分で、

大きなバクチを打って欲しい気持ちはあります。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 IWGP

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クローズド・ハッピーエンド

  「いまプロレスが抱えてるジレンマってのは、性同一性障害みたいなもんで、「自分は男の子だと思ってるけどホントは女の子だ」っていうか、自分のことをホントにWWEもしくは「劇団四季」だと思い込ん...

comment

Secret

折れてるのかも?

あとちょっとの所でスルリと逃げるベルト。
逸材の時代なんだなぁ~
と 感じる・・・ショボーン
それにしても、タナの調子がいいみたいだねぇ・・・
乗ってるときって 負ける気がしないよ。

No title

全く同じ事を自分も思っていました。
厳密には以前からそう思っていたのですが^^;

時代がハッピーエンドで大団円を求めているのでしょうかね。
明らかにその昔の新日本は今は無いでしょう。
皮肉にもそれが集客にも繋がってますし、客層もビックリするぐらい変わっています。
これが正しいか否かはもう少ししないとわかりませんが、現時点では成功しているのでしょう。
信じられないぐらいに会場が"できあがって"いますから^^;

ただ昔からのファン、所謂古参は中邑の存在が非常に大きなウエイトを占めてるとも思います。
その棚橋の〆を中邑にできるか?といえば無理だと思いますが、かつて自身が防衛する度に発信していたいくつかのマイクは自分は好きですけどね。
ほぼ全てが名言と化してますし。

バクチ・・・そろそろ動いたほうがいいのかもしれませんね。

中邑にとってのIWGPって・・・

>中邑にとってのIWGPって何なんだろうな?

アントニオ猪木が存在していた新日本プロレスであり、
アントニオ猪木そのものだと感じました。

中邑選手には、新日本プロレスにこだわりながら、
新日本プロレスから、はみ出して欲しい限りです。

お久しぶりです。ほら紫レガさん自身が今の新日本に違和感感じてますやん

>ケロさん

あとちょっとの所で<いやぁそれが…今回は終始ベルト移動の雰囲気を感じなかったですね。

タナの調子<近年ない位充実してますね。
どんな相手とも防衛戦出来そうな感じです。

>トラさん

全く同じ事を<やはり、そうですか。

明らかにその昔の新日本は今は無いでしょう<選手もファンもどん底に落ちる事なんか絶対にないでしょうね。

信じられないぐらいに会場が"できあがって"いますから<カメラが意識的にやってることなんでしょうけど、ライオンTを着たちびっこたちの姿見てたら、これでいいんだよな、とも思います。

古参は中邑の存在が非常に大きなウエイトを占めてる<心のよりどころなんですよね。

自身が防衛する度に発信していたいくつかのマイク<まさしくbotです。

バクチ・・・そろそろ動いたほうがいいのか<30歳…気がつけば40なんてあっという間ですから。

>1972さん

猪木が存在していた新日本プロレス…猪木そのもの<なるほど。
そこを継承していくのには障害ばかりですけども、その部分がなくなったら私はもう新日に用はありませんからね。

新日本プロレスにこだわりながら、新日本プロレスから、はみ出して欲しい<中邑なら、そこはやっぱり対抗戦よりも他流試合ですよね。

>ルルーシュさん

お久し振りです。

自身が今の新日本に違和感<いや、違和感は大いにありますよ、そりゃ。
でも新日本しかないんですよ。大きなものを作っていくのは。

もちろんIGFの方法論はアリだし、凄い事やってるんですけど、プロレス団体としてしっくりしないのはどうしたものかというのもあります。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード