キセキ~後編~(2001)

さぁ前編からのつづきです。

気迫漲る破壊王はミドルキック連打から、
爆殺キック

自らロープに走ると、

大一番にしか見せないドロップキック。
爆殺ドロップキック

大きく吹っ飛んだ三沢ですが、

永田にスイッチされると、

格の違いを教える様なエルボー(参照:『三沢のエルボー』)から、
エルボーから、

大技タイガードライバー。
タイガードライバー、

カウント2で返されると、

もう一度、同じ体勢に。
2発目を狙うところへ橋本が、

カットを狙って入ってきた橋本も、

エルボー一発で止めておいて、
エルボーで迎撃、

2発目に成功。
2発目に成功するも…、

と思われたのですが…、

これを待ってたのは永田。

師・馳浩を彷彿させる下からの三角締めで、

三沢を捕らえます。
永田下からの三角締め

一端ブレイクすると、

今度はジャンピングハイキックもクリーンヒット。
ジャンピングハイキックからの、

勝負と見た永田は切り札バックドロップ・ホールド。

しかし当然これは秋山がカット。
バックドロップホールドは秋山がカット

永田は橋本にスイッチすると、

橋本はミドルキックの連打から、
重い蹴りの連打から、

DDT。

永田が秋山を分断すると、

さらにジャンピング・エルボードロップ→DDTと一気呵成の攻め。
DDT2連発、

一気に勝負に出て垂直落下式DDT(参照:THE FINISH!!)狙い。
垂直落下狙いを、

ここで秋山は顔面を張るという大胆なカットプレー。
秋山が張り手でカットすると、

これには序盤からの怒りが、

積もりに積もった橋本もブチ切れ!!

力道山vs木村を彷彿させる顔面掌打から、
遂に橋本キレた!!

秋山をコーナーに詰めて蹴りまくります。
暴走か…

リング中央では追い討ちをかけんと、

入ってきた永田を逆に三沢が蹴散らして、
三沢は永田を蹴散らして、

暴走する橋本を捕えに…、
橋本を押さえに行くが、

しかし橋本は止まりません。

振り向きざまにチョップ、

そしてすぐに秋山への攻撃。
橋本は止まらない

ならばしゃらくさい、とばかりに、

三沢は背後からにじり寄ると、
狙いすまして…、

後頭部への強烈無比なエルボー!!
後頭部へエルボー!!

そのまま低空バックドロップで叩きつけ、
低空のバックドロップで、

ピンフォール!!
まさかのカウント3!!

旗揚げ戦のメイン…エースが取られてしまった訳です。

当然、橋本の怒りは収まりません。
橋本は収まらない

秋山に対して怒り叫びます。
「秋山コラァ!!」

…とここで、この試合の登場人物ではない、

暴走王・小川直也が現れます。

そうです、

ZERO-ONE名物、試合後の乱闘の幕開けです。

「橋本ぉ!! だらしねー試合してんじゃねぇ、この野郎!!」
暴走王登場「だらしねえ試合してんじゃねー!!」

「三沢ぁ…受けてもらおうじゃねーか、勝負を!」
「三沢…受けてもらおうじゃねーか」

小川が言い終わるか終わらないかのタイミングで、

何と!! 三沢の方から駆け寄ってのエルボー!!
まさかのエルボー炸裂!!

小川一気にスイッチオン!!
吠える小川

三沢は苦虫を噛み潰した表情。
苦い表情の三沢

なぜか小川を制す藤田和之に、
小川を制する藤田に、

これまたなぜか秋山が蹴り。
秋山がちょっかいを出すと、

関係ないはずの藤田までスイッチオン!!
急に野獣覚醒!!

何が何だかわからない中で、

勝者三沢の曲が流れ始めた頃、

「三沢、なめんなよこの野郎!!」と、

捨て台詞を残して小川退場。
小川のマイク

藤田と秋山の揉み合いが始まる中、

今度は破壊王のマイク。

「おい…おい!! 三沢!! 小川!! 秋山、藤田ぁ!! お前らやりたかったら、いつでもここ来いや!! あー!?」
橋本のマイク

本当に都合いいなぁ(笑)、リアルジャイアンか!!

「おい、誰が一番強えぇかここで決めればいいじゃねーか、おい!!」
藤田もマイク

前田か!!(参照:行間にシュート)

「お前らのな!! 思う通りにはしねーよ、絶対!!」
三沢までマイク!!

三沢のマイク…本当貴重ですよね。

GK曰く「三沢社長がマイクを持つ事はないんですよ」

そのままリングを降りる三沢に、さらに橋本のマイク。

「三沢ぁ!! 三沢!! 思い通りにしてやるから覚えとけ!!」
最後は橋本

やっぱジャイアンだ!!

ちなみに放送席の武藤は、

「いや俺も興奮して言葉出ねーや。(「場内から武藤コールも出てるが?」の問いに)座りすぎで腰が痛くなっちゃって…」

素晴らしい(笑)。

そして、この1ヵ月後、

破壊王ジャイアンは再び夢を見せてくれました(参照:戦略ある団体~前編~~後編~)。



この日の大会、

当時、PPV生中継で見たんですけど、

実は当時、私自身けっこう忙しくて、

なかなか休めなかったんです。

で、この何日か前に、

先日の記事で書いた祖父(参照:爺ちゃん子)じゃない、

母方の祖父が他界しまして、

この日が告別式だったんです。

その祖父も例の如くプロレス好きでして、

夏休みや冬休みに泊まりに行くと、

週末は必ず一緒にプロレスを見ていました。

後で思えば、

「ちょっと仕事休んでプロレスでも見れや」と言ってた様な気がします。

それにしても、ZERO-ONEと言う団体…まさに奇跡の団体でしたよね。

現在はZERO1…10年の軌跡を見せつけてくれるのか? 楽しみにしています。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 橋本真也 三沢光晴 永田裕志 秋山準 新日本プロレス2000~ プロレスリング・ノア

comment

Secret

三沢社長

この時期のプロレス事情は まったくわからず・・・。
(子育て真っ最中)
しかし。三沢社長の マイクがめずらしいのは
なんとなく わかる・・・。
マイクパフォーマンスは 好きだけど
どっちかって~と
お茶目なほうが 好きですなぁ。
らっしゃーとえいげん みたいな(笑)

No title

ちょうど先日サムライでこの旗揚げ興行をやっていたので、見たばっかりなんですよ^^
これ奇跡の旗揚げ興行ですよね。
長州が戦前に新日本から永田を貸し出すにあたり、
「見ててみな・・・負けるのはあいつ(橋本)だよ、うん」(のような感じ)
といらぬ一言を週プロで言ってたのも思い出しますw

ようやく中嶋に続いて新星がデビューかなぁという感じです。
技ではなく何を出せるか?でしょうね。

>ケロさん

子育て真っ最中<そうでしたか。
確かに母として一番忙しい時期にはプロレスどころじゃないですわな。

三沢社長のマイク<この数ヶ月前にノアで橋本と初対決した時が初めてのマイクじゃなかったかな?
とにかくそういうイメージとは無縁の世界の人間でしたもんね。

お茶目なほうが好き<そっちもプロレスには重要な要素ですからね。

>トラさん

先日サムライでこの旗揚げ興行をやっていた<そうですか。
当時のサムライは毎日見入りましたねぇ。旗揚げ直前に道場に白覆面が現れたり(笑)。

奇跡の旗揚げ興行<まさに…そうです。
日テレと契約結んだばかりのノアが新日の選手と試合した訳ですから…今じゃ何でもないことでも、当時は奇跡でした。

「見ててみな・・・負けるのはあいつ(橋本)だよ、うん」<長州はそういうこと平気で言うんですよね。
試合でもW1の健介戦でフィニッシュのノーザンライトボム食って、2.9でキックアウトしようとしたり。

中嶋に続いて新星がデビュー<私ら世代にとっちゃ異例の新人ですよね。赤ん坊の時代から知ってるわけですから。
毎日車ん中で爆勝宣言聴いてるんですけど、当日流れた瞬間に泣きそうな予感です。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード