エンペラー・イズ・ラスト?

ここんところ、

最も衝撃的なニュースは、

大相撲の八百長とか、

蝶野がヒゲを剃ったとかよりも、

これに尽きるでしょう。

 スポーツナビ より
Strikeforce and M-1 Global Present: Fedor vs Silva
▼ヘビー級ワールドGP準々決勝/5分3R
エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアントニオ・ペイザォン・シウバ

右目を大きく腫らしたヒョードル、両者は3Rへの準備を進めるが、突然、ペイザォン陣営から歓喜の声がわき起こる。ヒョードルは右目の負傷で、試合続行不可能と判断され、ペイザォンのTKO勝ちがコールされた。

昨年6月のファブリシオ・ベルドゥム戦に続く連敗となったヒョードルは、「応援ありがとう。きっと、離れる時がやってきたんだ。これが最後だ。素晴らしい時間を過ごせた」と、衝撃の引退発言を行いケージを後にした。


まさかの展開ですね。

いやMMAを見続けてる方にとっては、

想定内の結果だったんでしょうか?

私は強過ぎてどうにもならなかった頃の、

エメリヤーエンコ・ヒョードルしか覚えていませんので、
60億分の1の男

連敗した事に衝撃を覚えましたし、

これでアリスター戦もジョシュ戦も、

幻となった事。

そして何より“引退宣言”に驚きました。

ミルコ・クロコップほど露骨ではありませんが、

ヒョードルもまた、

幾多の日本人プロレスラーを倒してきました。

永田裕志藤田和之も、

そして小川直也も。
小川戦1

小川戦2

小川戦3

小川戦4

“60億分の1”を決めるトーナメントでも、
60億分の1トーナメント

至高の戦い

危なげなく頂点に登りつめました。
ノゲイラ戦1

ノゲイラ戦2

ノゲイラ戦3

ノゲイラ戦4

2005年8.28のミルコとの頂上対決は、

間違いなく“総合格闘技の究極形”だったと思います。

PRIDEという世界最高峰の場を失ってからは、

心なしかヒョードル自身の輝きをも失った様に感じましたが、

それでも最強の名に相応しいのは、

この男以外にないと思っていました。

しかし今回の敗戦で、

最強の座から降りた事はハッキリしました。

そして何よりも「これが最後だ」という本人の言葉。

もう一度闘う姿を見れる可能性が、

極めて低いという事です。

ただ逆転の発想をすれば、

プロレスのリングに引っ張り上げる事に、

一歩近づいたとも言えます。

アメリカのMMAメジャーシーンでいくら連敗しても、

かつてPRIDEに熱くなった大衆の頭の中には、

今でも“60億分の1”の顔と名前は消えていませんから。
氷の微笑

「また始まった…」と、お思いでしょう。

「だからぁ、もうプロレスとMMAは別物なんだって!」と、お思いでしょう。

そんな事、どうでもいいです。

日本のプロレス史を、

もう一度過去とつなぎ合わせる為には、

ヒョードルやミルコ、

ヒクソンの存在は、

“なかった事”には出来ないのです。

TNAとの提携よりも、

新日本プロレスにとって大事なのは、

大金積んでヒョードルを引っ張ってくる事だと思っています。

スポンサーサイト

tag : エメリヤーエンコ・ヒョードル

comment

Secret

こんにちは。

どうやら引退宣言を撤回したようです。

No title

私もその意見に賛成です。
小川、ヒクソン、ミルコ、ヒョードル・・・通り過ぎたまんまにはしてもらいたくありません。
新日ファンが何故Uインターの対抗戦にあれだけ燃えたのかを考えると、それと同じものが浮かびます。

No title

>“なかった事”には出来ない

当然ですよね。
風化させてはマズいでしょう。
今の新日本のリング上は全く別の方向に行ってますが、いつかはケジメではないですけど、どうにかせんと。。。なんて考えは古過ぎるのかなぁ。。。

朝からヒュードル引退撤回でズッコケそうになりましたw

>ROSESさん

こんにちわ。

どうやら引退宣言を撤回<…のようですね。
果たしてモチベーションをもう一度上げられるのかはアレですけど、まだ夢のカードが残っていますから、ここは喜ぶべきですよね?

>ジョーカー ナリさん

お久し振りです。

通り過ぎたまんまにはしてもらいたくありません<古くはニールセンから始まってますよね。

新日ファンが何故Uインターの対抗戦にあれだけ燃えたのか<そうなんですよ!!
どの世代であっても新日のファンが一番見たいのは他流試合なんですよね。そして勝つ姿です。
ハードル高すぎるんでしょうけど、アントニオ猪木から始まった団体である以上は、これはもうしょうがないんですよね。

>トラさん

風化させてはマズい<プロレスが一つの物語である以上は、そういうものを一個一個決着つけて行かない事には辻褄が合わないままなんですよね。

今の新日本のリング上は全く別の方向に行ってますが、いつかはケジメ…古過ぎるのかなぁ<それでも会場に行けば、今でもその“古過ぎる”考えの方がたくさんいるんですよね。
新日が弱くていい、負けっぱなしもいい…なんていう気持ち悪い団体になったら私ら世代なんて観てる意味ないですからね。

ヒュードル引退撤回<またそれも何ともヌルいコメントの出し方でしたよね(笑)。

ヒョードル選手

復帰の話がありますよね。


また楽しみが一つ増えましたか?

>みーさん

ヒョードル選手復帰の話<ぶっちゃけあまり興味はないというか…。

というのも最盛期を観ちゃってますんでね、あの時と同じものを求める事は酷でしょうし。
ただイベントとしての大晦日格闘技は楽しみです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード