イッテンヨン事変(1999)~後編~

前編からのつづきです。

戦意を失いつつある橋本真也に、

小川直也は追い討ちをかけていきます。

その後ろでUFOの佐山聡はレフェリーを介抱するかのように見せて、

花道から下ろしてしまいます。
小川は顔面パンチから、

完全にレフェリー不在となったリング上で、

小川は闘う意思のない橋本の後頭部へパウンド。
強烈なパウンド、

さらに背中に乗っておいてから、

後頭部への踏み付け!!
後頭部踏み付け!!

ダメージの大きい橋本は花道へ出て、

大の字で山崎一夫と言葉を交わします。
もはや勝負あり

橋本の弟分である安田忠夫は心配そうに見つめ、

その横を通り過ぎる佐山。

いち早く藤田和之も反応しています。

やりたい放題の小川は、

さらに橋本を挑発して行きますが、
挑発する小川

これにキレたのが山崎。

小川に掴みかからんばかりに激昂します。
山崎が黙っていない

さらに佐々木健介も姿を現すと、

すぐにUFOのバウンサー役であるG・ゴルドーが反応。

小競り合いが始まると、

安田は動けない橋本をガード。

おっとり刀で現れた飯塚高史は、

ゴルドーに牽制されて後退します。
もはや無法地帯

アドレナリン出まくりの小川は、

騒乱を尻目に“飛行機パフォーマンス”から、
飛行機パフォーマンス

マイクを持つと、

「もう終わりかよ、オイオイオイオイ冗談じゃねーよ、オラァ!! 新日本プロレスのファンの皆様、目を覚まして下さい!!」
「新日本プロレスのファンの皆様、目を覚まして下さい!!」

怒りの収まらない山崎は、

かつての恩師である佐山に詰め寄ります。

その後ろで中西学も、

小川に何か言っていますが、

小川の視界には入っておりません。
小川、佐山、山崎、中西…

茫然自失の破壊王に寄り添う真壁伸也(現・刀義)
面子丸つぶれの破壊王

自然とコーナーに上った小川に詰め寄る新日勢。

傍らでゴルドーと4代目タイガーマスクがガード。
ゴルドーがピッタリとガード

別な場所では飯塚と村上一成(現・ビッグ村上)の掴み合いが始まり、

藤田が止めに入ります。

なぜか背後には椅子を持った高岩竜人
反対側では飯塚と村上がもみ合い

さらに小川ににじり寄る山崎を、

佐山が制しますが収拾がつきません。
もはや修羅場

…ここで現場監督の長州力が登場!!
ここで長州登場!!

いつの間にか“裏番長”小原道由の姿も見えますが、

まずは山崎を制して、

佐山と小川の前まで行きます。
一触即発の状態

「小川、それがお前のやり方か。なぁ、それがお前のやり方か」
「それがお前のやり方か」

ただならぬ長州の雰囲気に、

佐山は撤退の号令をかけ、

小川もゴルドーを伴って退場します。
いったん引き上げる小川とゴルドー

しかしここからさらに修羅場となるのです。

帰り遅れた村上とタイガーが、

小原と一悶着。
裏番小原も来た

キレた小原はタイガーのマスクを引き裂くと、

思わず佐山も引き返します。
タイガーが捕まる

さらに村上は、

安田に体重を浴びせられて倒されると、
村上が…

飯塚の…(以下自粛)。
あぁ…

異常事態に小川も再びリングインし、

今度はリングに残った健介を挑発します。
再び小川リングイン

もう黙っていられない長州は、

小川の前に立つと、

止めに入る橋本を抑えて、
遂に小川と長州が対峙

右ストレート!!
「ナニテメコラァ!!」

パンチが空を切ると、

小川は無言でリングを降り、

長州は永田に八つ当たり。
…

止めに来たはずの長州が、

試合をした橋本に制されるという不思議な結末です。
永田…

橋本はマイクで気持ちを吐き出さんとしますが、

長州になだめられて退場。
橋本…

そして、誰もいなくなりましたが、

遂に最後までアントニオ猪木は姿を見せませんでした。

小川「これが猪木イズムですから。殺るか殺られるか」
「これが猪木イズム」

橋本「何がアントニオ猪木だよ。けしかけるだけけしかけて。もう小川の目飛んでるやん。完全に飛んでるやん、もう」
「何がアントニオ猪木だよ!!」

nWoブームで平和ボケしていた新日本ファンの胸に、

小川のマイクアピールは突き刺さりました。

それまで新日の“強さの象徴”だった橋本が、

完膚なきまでに潰された事で、

否応なしに地に落とされてしまった“ストロングスタイル”という言葉。

私の中では、

この日から10年以上、

新日本プロレスの時計の針は、

止まったままです。

次回の記事では、

謎多きこの試合の証言集をやってみたいと思います。

関連記事

tag : 橋本真也 小川直也 長州力 佐山聡

comment

Secret

No title

以前、中野がカールゴッチ道場に入門した番組の記事へ一度だけ
コメント書かせて頂いた者です。

私の時計の針も、この日以来止まっています。

OH砲なんて、もっての他です!

中邑が出てきた時は時計の針を進めてくれることを期待しましたが、
新日本は違う方向へ歩き出してしまいました。

ただ、当人の中邑は、その使命を持っていることを、わかっているはずです。

No title

つい最近、なぜかこの試合が見たくなってちょうど見たところでした。

ボクも思うところがいろいろあります。そう、時計は止まってしまいました。しかしそれは再び動き出せるような時計の止まり方だったのか?それとももう動くことのできない時計の止まり方だったのか・・・

レガさんのご意見も交えた証言集、楽しみにしています。

No title

GK本によると小原は長州の指示でリングに行ったらしいですね。

この事変から本当におかしくなってしまい、自分の中でも浄化できていないのですが。。。

>nWoブームで平和ボケ
笑ってしまいましたw

>まささん

私の時計の針も、この日以来止まっています<大勢いらっしゃるんですね。時計の針止まった方。

中邑が出てきた時は時計の針を進めてくれることを期待しましたが…中邑は、その使命を持っていることを、わかっているはず<中邑の事ですからね、虎視眈々と狙ってる事でしょう。
小川にも残された時間は少ないです。

>流星仮面二世さん

つい最近、なぜかこの試合が見たくなってちょうど見たところ<やはり以心伝心ですな!!(笑)

時計は止まってしまいました。しかしそれは再び動き出せるような時計の止まり方だったのか?<再び動き出す事を信じて、見守っていきたいんですよね。だってプロレス…落ちても落ちても登ってきた歴史があるんですから。
色々調べてみると、日プロ猪木クーデター後の時代なんてある意味、今よりひどい扱いだったみたいですしね。まぁテレビ中継があった部分では今よりアレかも知れませんけど。

レガさんのご意見も交えた証言集<それでも今だ謎が多いんですよね…

>トラさん

GK本によると小原は長州の指示でリングに行った<『元新日本プロレス』ですね。
あれ読むと、小原の格闘技人生って不運ですよね。ある意味、安生的な。

この事変から本当におかしくなってしまい、自分の中でも浄化できていない<長く見てれば長い程、シコリは消えないですよね。

nWoブームで平和ボケ<いや本当に。
PRIDE.1~4の時代にも新日ファンの友人は「ヒクソン? 橋本なら三角締めで楽勝!!」みたいな(笑)。
逆に言えば良い時代だったのかなぁ…
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード