20回目のイッテンヨン

一昨日、

1.4東京ドーム大会を、

PPV観戦しました。
20回目のイッテンヨン

感想を深夜のうちにUPしようと思っていたんですが、

近年ない位に集中して、

全試合飛ばす事なく見たので、

疲れてしまい、

書いてる途中で眠ってしまいました(笑)

気を取り直して、

思いつくままに書きますので、

宜しければご一読下さい。

 スポナビ より
新日本プロレス「レッスルキングダムV in 東京ドーム」
永田vs鈴木

○永田裕志(16分15秒・バックドロップホールド)●鈴木みのる


この試合の煽りV~試合終了の退場時まで、

通しで見て“プロレスって何だろう”というのが、

わかった気がしましたね。

もちろんプロレスという世界の一端ではあるんですけど。

解説の山ちゃんが2回言った、

「僕はこういうプロレスが好きですね」という言葉が胸に残りました。

デヴィvs飯伏

▼IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
○プリンス・デヴィット(16分22秒・雪崩式ブラディーサンデー→エビ固め)●飯伏幸太


もう“天才児”とか“宇宙人”という言葉を、

超越してしまってるんですよね。

藤波に憧れたライガーや、

初代タイガーに憧れたウルティモやサスケが作った90年代のJrブーム。

そして今、90年代の新日に憧れてプロレスラーになった二人が現在のJrの頂点。

飯伏のドラゴン→高速ジャーマンの流れは、

かつての大谷晋二郎を彷彿させました。

NJPWvsNOAH

NJPWvs.NOAH Battle Combustion I
後藤洋央紀、●岡田かずちか(12分08秒・エベレストジャーマン)杉浦貴、○高山善廣


岡田…思ったより淡白でしたね。

でも潰されなかった頑丈さと、

あのでかさは魅力的です。

最近読んでる本の影響で、
Gスピリッツ Vol.18 (タツミムック)

杉浦の技の繰り出し方がブロディに見えました。

中邑vs潮崎

NJPWvs.NOAH Battle Combustion II
○中邑真輔(14分17秒・ボマイェ→片エビ固め)●潮崎豪


期待したアレではなかったんですが、

最後に“右で”ボマイェ見舞った事が、

この試合の意味でしょうね。

内容自体は素晴らしかった。

ただそれを中邑には望んでいないんですよね。

棚橋奪還

▼IWGPヘビー級選手権試合
●小島聡(21分57秒・ハイフライフロー→片エビ固め)○棚橋弘至


まさにハッピーエンド。

ここから棚橋なんでしょうが、

彼にしか出来ない防衛ロードを繰り広げて欲しいですよね。

タイトル新設なんてしなくていいから、

どうせアメリカ進出するなら、

IWGPがWWEと肩を並べるくらいまで徹底して欲しいです。

ベストバウトは、

永田vs鈴木。

全体的には面白かったし、

プロレスの幅広さを改めて実感しました。

『WRESTLING WORLD in 闘強導夢 2011』でしたね。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 棚橋弘至 小島聡 高山善廣 永田裕志 鈴木みのる 岡田かずちか IWGP

comment

Secret

勝ったぁ~

真輔 勝ってうれしいなぁ~。

棚橋  勝ったんだ・・・。 (ウソ・・・)
てか、小島 負けたんだ・・・(ナンデ?)
ん~~~。

No title

お疲れ様です!!

長い興行でしたが、楽しめました。
会場もかなり盛り上がっていました。
ただ・・・やっぱり座席数は以前と比べるまでもないですね。

結局これだけのカードを並べてなぜ「永田鈴木なのか?」なんだと思います。
これが大きなヒントなんじゃないかと。

岡田はもう一度・・・ですね。

中邑はやっぱり"受け過ぎ"かなぁ。
もっとスカしていいし相手の光なんか考えなくていいと思います。
それこそ"わがままな膝小僧"じゃないですけどw

棚橋は本当にいいレスラーになったと思います。
好みではないのですが、試合のアベレージ高いですよね。
あのサイズで体はってると思います。

アメリカ進出とインタコンチですが・・・ちょっとどうでもいいというかなんというかw
単純に凄いなぁとは思いますが。。。

>ケロさん

棚橋 勝ったんだ・・・てか、小島 負けたんだ・・・<この勝敗のあやもプロレスの奥深さでしょうね…って違うか(笑)。
いろんな事情から眼を逸らさない事もプロレスの見方のひとつでしょう。

>トラさん

会場もかなり盛り上がっていました<そのようでしたね!!

ただ・・・やっぱり座席数は以前と比べるまでも<4万…入ってましたか?
あまり会場全体は映されなかったですけど、私が行ったことのあるドームとは違った印象です。

結局これだけのカードを並べてなぜ「永田鈴木なのか?」<山ちゃん曰く「感情と技術」。GK曰く「鈴木は健介とは握手した。あの船木とも握手した。しかし永田だけは絶対に握手しない」…本当に色々考えさせられる試合でしたよ。たかだか第5試合ですけどね。

岡田はもう一度・・・ですね<西村とかの例もあるんで、決してドーム以降の開花でもかまわないですよね。

中邑はやっぱり"受け過ぎ"かなぁ<ちょっと期待したものとは違いましたね。
こういう結果を見ると、まだノアとは継続なんでしょうかね?

棚橋は…試合のアベレージ高いですよね<ここ2~3年の大会場での内容は異常なほどクオリティ高いですよ。
今回は行き詰るまでベルト巻いてて良い様な気もします。

アメリカ進出とインタコンチ<ははは。言いたい事凄いわかります(笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード