大晦日について、いくつかのアレ

Dynamite!!

今回は色んな意味で大爆発しましたね。

地上波の加工されたアレで見た限りなんですけどね。

アントニオ猪木の起用は意味があったかどうかは別として、

やっぱりその圧倒的存在感を再確認しました。
猪木カーニバル

プロレス界においてはIGFだけというのが、

非常に惜しいです。

日本のプロレス…いや、格闘技界そのものの象徴なんですから。



試合の方では、

二つだけ思った事があるのですが、

まず桜庭和志
サク無念

残念という一言で終われば簡単なんですが、

放送上はダイジェストというのが、

耳のアクシデントのせいなのか?

それとも存在自体がアレになったのか?

桜庭はやはりフジテレビでスターダムに伸し上がった存在。

TBSにおいては貢献度が低いです。

このままミノワマンやライト級戦線の引き立て役になるのか?

そうならない為の今回のウェルター級挑戦だったと思いたいですよね。

本人曰く、「進化してる気がした」そうですので。

何はともあれ、

手術の成功にホッとしました。



もう一つは、

青木真也vs長島☆自演乙☆雄一郎
青木完敗

青木ファンというのが、

どれだけいるのかはわかりませんが、

少なくともMMAファンにはショック大きかったでしょうか?

単純にルールの“あや”でしょうか?

でも、その“あや”こそが重要であって、

これが1Rと2Rが逆だったら、

おそらく青木楽勝で何も残らない試合になった訳です。

以前ちょっとだけ書いた他流試合におけるルールの事(参照:物騒さ世界一決定戦~後編~)も、

こういったアレがあるから面白いのです。

思わぬ結末になった鈴川vsサップの“素手ルール”もですが、

この“特別ルール”、

日本の格闘技界においては大事なアイテムだと思うんですよね。

願わくば、

この“特別ルール”を利用して勝ちに行くプロレスラーを待ち望みます。

一方、負けた青木ですが、

昨年に引き続き(参照:僭越ながら…カッコ悪いよ!!)物議を醸した事は、

是非は別として、

プロとして素晴らしい事だと思います。



総合格闘技…まだまだ元気ですね。

さぁ、次はプロレスの番です!!
20回目のイッテンヨン

関連記事

tag : アントニオ猪木 桜庭和志 青木真也 長島☆自演乙☆雄一郎

comment

Secret

No title

あけましておめでとうございます(時間差で申し訳ありません)。

桜庭戦はホントに残念で、便宜上とはいえ「チャンピオンシップ」のようなMMAの一戦で闘うより、石井慧や青木真也と特別ルールで闘うなどの方向に行ければな、といつも考えてしまいます。

そして現在、ネット上では先の青木VS自演乙の試合に関してヒステリックな言説が吹き荒れ、やはり後味悪い部分が後から現れてくるという日本の大晦日を例によって体現しており、語りかたによってその人の人間の器が測られると考える中で、数多くの人が青木を叩いたり、この試合自体を穿った目で見たりして自身の器の小ささを披露する中で、紫レガさんのこのまっとうで正確な意見を読めてよかったと思っております。今年もよろしくお願いします!

No title

あけましておめでとうございます!

青木はレガさんの言われる事を理解しているから、その1R目を立ち技ルールを提案したんだと思いますね。色々言われていますが、プロとしては面白い選手かなと思えます。

次はプロレスですね!小島と中邑に期待かな。今年も宜しくお願い致します!

>887-8789さん

あけましておめでとうございます。

桜庭戦はホントに残念で…石井慧や青木真也と特別ルールで闘うなどの方向に行ければな、と<そういう特別扱いを誰よりも嫌う人間ですから、難しいでしょうね。

ネット上では先の青木VS自演乙の試合に関してヒステリックな言説が吹き荒れ<もったいないですよね。こんなに語れる要素ある試合は久し振りじゃないかな?

今年もよろしくお願いします!<こちらこそです。

>H.Tさん

あけましておめでとうございます。

色々言われていますが、プロとしては面白い選手かなと<全く同感ですね。

小島と中邑に期待<真逆な理由で、その二人でしょうか。
あと真壁も期待してますよ。

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

青木ファンです(泣)

信じられない。不用意なタックル

完全に1ラウンドで、バックとったり余裕過ぎて
長島を舐めたのが敗因ですかね…

>男一匹さん

あけましておめでとうございます。

青木ファンです(泣)<そうでしたか。これはショックでしたでしょう。

長島を舐めたのが敗因ですかね<舐め過ぎでしょうね。
しかしながら逆のルールだったら5分もしないで青木楽勝だったでしょうから、
勝負ってやっぱりわからないですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード