歴史は10月に作られる~平成編~(1995)

昨日( 歴史は10月に作られる~昭和編~(1986) )の後編です。

10月のビッグマッチと歴史的な事件をまとめてみました。


週プロスペシャル 新日本プロレス スーパー30年史 より

●1972年 10月4日 蔵前で猪木がゴッチを破り実力世界一のベルトを奪取。試合は東京12チャンネルで放送

●1973年 10月14日 蔵前の「世界最強タッグ決定戦」で猪木&坂口が、ゴッチ&テーズを破る。

●1974年 10月10日 猪木、蔵前で大木金太郎に勝利しNWF王座防衛。

●1981年 10月8日 後楽園で、メキシコから凱旋帰国した長州力がタッグパートナーの藤波に「俺はお前の噛ませ犬じゃない」と叫び反逆。

●1983年 10月5日 京王プラザホテルで長州、谷津、浜口、K・カーンが維新軍団結成、新日本への辞表提出を発表。

●1986年 10月9日 両国で2大異種格闘技戦。猪木が元プロボクシング世界ヘビー級王者、レオン・スピンクスに、前田がマーシャルアーツのドン・ナカヤ・ニールセンに勝利。試合内容で上回った前田の人気が爆発

●1987年 10月4日 下関の巌流島で猪木とマサ斎藤がノーピープルマッチ。2時間5分14秒の死闘の末、猪木がTKO勝ち

●1995年 10月9日 東京ドームで新日本vsUインター全面対抗戦。武藤が高田を足4の字で、長州が安生をラリアットで下す
ラリアット→サソリ固め

…その後も新日vs全日対抗戦、ノア秋山の参戦などの出来事はありますが、我々にとっての最大のインパクトはこれでしょう。

国家吹奏

1995年10.9 東京ドーム、IWGPヘビー級選手権試合

武藤敬司vs高田延彦

高田入場

武藤入場

華持ってんなぁ…

この試合が持つ意味はある部分では昭和の巌流島より上。

試合開始

団体を背負って遂に激突

戦前の殺伐さとは打って変わり、試合内容はクリーン…悪く言えば淡白。

武藤のソバット、打点が高い!!

高田の左ハイ!!

武藤のウィークポイント、膝を攻める

その辺は猪木も放送でダメ出ししてました。

力で引き抜くスープレックス

必殺の逆十字はニアロープ

ヘソで投げるバックドロップ

再度十字を狙う

ただ、この一場面だけでこの試合は記憶に残る名勝負となりました。

伝説のシーン①

伝説のシーン②

伝説のシーン③

さらに武藤はフィニッシュに誰もが忘れていたプロレス技を持ってきたことで、新日本プロレスの完勝を印象付けました。

いにしえの大技、足4の字

再度足4の字

武藤歴史的勝利

高田の負けはイコール最強を志したUインターの団体としての敗北であり、この後坂道を転げ落ちるようにUインターは転落していきました。

明暗クッキリ

健闘を讃え合う。

「俺がIWGPチャンピオンの…ムタだーーーー!!」

「前田が泣いてるぞーーー!!…」



駆け足で過去の10月の事件を振り返ってみましたが、来週の両国決戦で再び歴史は動くのでしょうか?

この10.9ドームを頂点とした武藤の歴史に中邑は挑んでいかなくてはなりません。

当然、一夜にして武藤の歴史を超えることなんて不可能です。

ただし新日本プロレスのリングだからこそ出来うる事があります。

70年代の猪木も、80年代の前田も、90年代の武藤も…出来た事です。

私の知っている新日本プロレスのリングなら…それは中邑に出来る事です。
関連記事

tag : 武藤敬司 高田延彦 UWFインターナショナル IWGP 全面戦争

comment

Secret

No title

こんばんは
やはりなぜか、プロレスリングとなると中邑より武藤を応援してしまいます
しかしこうみると10月は本当に多いですね
高田は10月多すぎですよ(笑

>Fさん

武藤応援ごもっともですよ。
やはり思い入れがある方に気持ちはいきますから。

その雰囲気の中で中邑が見てる人のほとんどが納得いく(満足はいらないです)試合して結果を出せるか。
これによって今後のプロレス界が左右されます。
これって対岸の火事じゃなく、ハッスルにも…ひいては高田総統にも関ってくるんですよ、Fさん(笑)

新着記事を読むと中々前に進まないので
今は過去ブログから読み進めていますm(__)m

10月…
レガさん着目点が鋭いです。
驚きました。

そしてレガさんのブログで新日のレスラーでよく名前を見かけるな〜と思ったのが中邑選手。
中邑選手は過去に格闘技の試合にも出場していますけど、レガさんは今の新日で中邑選手を評価と言うか、気に入ってる?
レスラーの1人でいいんですよね⁈

>みーさん

新着記事を読むと中々前に進まないので<なかなか厳しいご指摘ありがとうございます。
…みーさんやっぱSだなぁ。

新日のレスラーでよく名前を見かけるな〜と思ったのが中邑選手…今の新日で中邑選手を評価と言うか、気に入ってる?<これ書いてた当時は中邑しかいないと思っていましたね。

今現在はオカダもいますし、棚橋もいますしね。この頃とは全く違いますね。

違いますよ


レガさんに指摘しているのではなくて。

レガさんブログ長くされているようで、記事が沢山あるじゃないですか。
なので今は過去ブログから読もうと。。

やっぱりSとは…⁈
ダメ× 2
SとMに分けちゃダメです(笑)


〜でもレガさんのブログが凄い
と言う事に気づくのが遅すぎましたね。


ありがとうございました。
治ったと思ったら まだ風邪気味で。
やはり長引くんですね。
レガさんも夏バテしないように、十分お気を付け下さい。

>みーさん

記事が沢山あるじゃないですか。なので今は過去ブログから読もうと<そうでしたか、そうでしたか! 大変失礼致しました。いや、ありがたいです。
とかくネットの記事って刹那的というか、すぐに過去のものになっていくじゃないですか。私はそれ嫌なんですよね。
ですから必要以上にこだわって記事を書かせて頂いてるつもりなんです。
「あ、逆ブログのあの記事、久しぶりに読もうかな…」みたいに出来れば理想なんです。

SとMに分けちゃダメです(笑)<これまた失礼しました。
みーさんは…二刀流という事で(笑)。

治ったと思ったら まだ風邪気味で。やはり長引くんですね<コメントからかなり経っちゃいましたけど、体調はいかがですか? 美味しいもの食べて夏を堪能して下さい。

そしてお気遣いまで、ありがとうございます。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード