決定したな? したんだな!?

一連の流れ(参照:言葉じゃない吐き出し方中邑にしか興味がないおんもしれえじゃねーか絡め絡めコノヤロウ!!)を汲んで、

小島聡の希望通り、

初防衛戦の相手は、

中邑真輔に決定致しました。

この異例のタイミング…、

そして気になるのが、

かつてのライバル、

柴田勝頼の低迷ぶりです。
あの日…

 スポナビ より
柴田vs石井
ペトロシアン史上初の連覇、佐藤あと一歩届かず
石井は一本勝ちもDynamite!!拒否の構え

柴田
「何も残せなかったので、ちょっと恥ずかしいですね。やるって言った以上はしっかり戦いたかったですね。石井選手の力が強かった、それだけです」


完全に遠回りとなってしまった、

柴田の格闘ロード。

新日に残っていれば今頃…

いや、そういうのは無しとしても、

惜しいんですよね。

昔、携帯サイトの掲示板に、

武藤中邑橋本柴田と書いた事がありますが、

長いスパンで見てきた場合、

やっぱり新日本の色を一番持っていたのは柴田だったんですよね。

一方の中邑。

 新日公式 より
次期挑戦者・中邑、金本とバチバチの打撃戦! 試合後は小島を挑発三昧!!

中邑
「さぁ! IWGPだ! 俺を呼んだのは小島じゃねぇ。I・W・G・Pだ! 俺を挑戦者に指名したのも小島じゃねぇ、会社じゃねぇ、IWGPだ! いま、ハッキリ言ってドン底! ドン底から指名でIWGPチャンスもらったよ? モノにできるかは俺次第。…オイ、小島、今日何やってるんだ? いまのチャンピオン、のんきなもんだぜ? 毎日でも、試合してーだろ? IWGPチャンピオン!」


この本当に不自然なタイミングでのIWGP戦は、

やっぱり“何か”と連動するものを感じるんですよ。

本当に。

勝手にね。



さて次回は、

かつて“新三銃士”と言われたこの二人と、

棚橋弘至も含めた三人の事を、

ちょっとだけ書いてみましょうか。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 柴田勝頼 DREAM

comment

Secret

やっぱ我々の年代で幼少期を新日本シンパで育つと、柴田に期待というか何かを望んじゃいますよね。

以前ガクと二人で同日後楽園に昼全日本→夜新日本を観に行ったのですが、その時の柴田が頭に凄い残ってます。
永田の顔面に放った凄い蹴り(笑)
当然、顔を蹴るのが凄いとかそんなんじゃなく、気迫が前のめりぐらいに出ていて見ていて気持ちいい試合でした。
ただのタッグ戦でしかも6人タッグでそこまでやるかみたいな(笑)


中邑は今のレスラーライフに本当に満足しているのでしょうか?
実はもう数歩先を望んでいるようにも思えます。
柴田とリングで対角線に立った時に本当の意味で解放されるんじゃないでしょうか。
激しいラリーをやるプロレスだけが「吐き出す」のではないと思います。

No title

新日本時代のギラギラしていた柴田選手がウソのような感じでしたね。6年ほど前のG1で中邑選手に勝利した後に「今日の試合後のテーマは笑顔です」と言っていたあの威勢の良さ、ふてぶてしさがないですね。新日本を辞めてから、あまり露出することが少なくなっていますが、喧嘩ストロングスタイルを掲げていた柴田選手の復活を楽しみにしています。
 中邑選手はデビュー2,3年くらいのギラギラしていたキャラも良かったですが、今のクールなキャラもいいですね。入場から試合中、試合後の退場とずっと殺気を全面に出して戦っています。小島選手にはG1で勝っていますが、所属選手にIWGPのベルトを持っていてほしいですね。
 今は質問されても答えないでしょうが、中邑選手は勝った後のことも考えているかもしれませんね。新日本内部、ノア色んなところにケンカを売ってほしいですね。

なんていうか、スタイルとか技的にも
蝶野→柴田、武藤→棚橋、橋本→中邑


だったんですかね?新日のイメージは


石井に負けたのは、すごい残念です。
中邑に仇をとって欲しいくらい

記者会見の時、相手選手とのツーショットでは必ずレスリングのポーズ(?)をとる柴田が好きです。

私のイメージでは、柴田勝頼=鈴木みのるなんですよね。

パンクラスで体重を落としてハイブリッドボディにして、

パンクラスが、それまでプロフェッショナルレスリングから毛色が変わり、怪我もあって精彩がなくなった頃の鈴木みのる。

ということは、柴田に必要なのは、鈴木にとってのライガー?

それは冗談としても、柴田が総合格闘技で得るものは大きいと思います。

今となっては新日本プロレスの道場では得られず、ましてや藤原教室もないので、

ナイフは外に求めるしかない。

中邑だって、だから慧舟會でやってるんですよね?

船木よりも鈴木よりも、柴田はプロレスラーとしての経験があります。

少なくともグリーンボーイとは言わせない。

いつか将来、柴田が忘れ物を取りに戻ってくるのを待っています!

>トラさん

幼少期を新日本シンパで育つと、柴田に期待<新日の色が一番濃い…あと、やっぱりどっかに大卒者をトップにしたくない気持ちもあります(笑)。

同日後楽園に昼全日本→夜新日本<マスク脱いだ頃でしたか?
当時の掲示板でトラさん書いていましたね!!
ああいった不透明な試合…今、本当になくなりましたよね。

中邑は今のレスラーライフに本当に満足しているのでしょうか?…激しいラリーをやるプロレスだけが「吐き出す」のではない<そういう意味では四天王という呼び名自体も嫌だと思うんですよね。
独走するつもりで抜きん出て欲しいんですけどね。

>プロレス好きさん

「今日の試合後のテーマは笑顔です」<ありましたね。
ああ言ったいやらしさも柴田の持ち味でしたけどね。今は毒もないですね。

新日本を辞めてから、あまり露出することが少なくなっていますが<むしろ大晦日やゴールデンに出る機会では新日にいた頃より露出してる気もします。

入場から試合中、試合後の退場とずっと殺気を全面に出して戦っています<その緊張感こそが中邑たるゆえんですね。

ノア色んなところにケンカを売ってほしい<ノアはしばらくアレですけど、またビッグネームとのワンマッチ見たいです。

>男一匹さん

新日のイメージ<新三銃士というネーミングを見てもわかるように安直なキャラ付けだったんでしょうね。でも今は中邑が常々言うように「なりたい自分に」それぞれがなっていますね。

石井に負けたのは、すごい残念<何もやっていませんしね。悔しいですよ。

>TKさん

必ずレスリングのポーズ(?)をとる柴田<あ、あれレスリングの構えだったんすね!? 私てっきり猪木ポーズだと思っていました(汗)。

柴田勝頼=鈴木みのる<なるほど…面白いですよね。

柴田に必要なのは、鈴木にとってのライガー?<何かのきっかけでしょうね。一番相応しいのは実は船木ですよね。

ナイフは外に求めるしかない<結果が出なくとも、常に磨いでいる事は間違いないですね。

いつか将来、柴田が忘れ物を取りに戻ってくるのを待っています<あの気性…やはりもったいないですよね!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード