正念場

直前に迫ってきた新日10.11両国大会。

かなり豪華なカードが並びましたが、

私自身、やっぱり目がいってしまうのは、

セミ前の中邑真輔vs後藤洋央紀ですね。

G1公式戦での後藤勝利(参照:もはや崖っぷち?)が、
丸め込まれる

記憶に新しいですが、

春にも凄い試合してました(参照:中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 6~)。
中邑が飛びつき十字に切り返すが、

今回の場合の焦点はただ一つ。

セミも含めての次のIWGP挑戦権争いです。

中邑のインタビューを読んでみましょう。

 新日公式 より
「IWGPへの“階段”として使わせてもらう」中邑真輔、囲み会見でクールに勝利宣言!

中邑
「もともとアイツ(=後藤)はコンディションが崩れることもなければ、ポテンシャルもある。それなりの技術、強さ、ベースもある…そんなことはわかりきってるんで。ハッキリ言って、同期のよしみで言うと、『吐き出しきれてねぇんじゃねぇか』と。ま、先シリーズに『これでもか』と試合やってきたんで、『11日にやっと終わりが来るな』って感じですけど」

「『後藤戦で、俺は何を得れるのか?』と思ってましたけど、後藤が『これはIWGP決定戦だ』と口に出してくれたモンだから、強引ではありますが、『そういう考えもできるのかな』と。『後藤に勝てば、IWGPの階段に一歩、近づけれるんじゃないかな』と。ただ、後藤は『絶対に負けられない相手』とか、なんやかや言ってますけど、『おまえ、俺に何回勝ってるんだ?』と。俺に勝つたびに、何も掴んでこなかったっていう話だと思うんで。次の試合で何かが変わらなきゃ、一生変わらねぇだろうぐらいの気持ちで闘ってやりますよ」

「(棚橋vs内藤については?)『べつに?』って感じですね。カード的な配分で言えば、内藤への期待感があるんでしょうし。ちょっとセンスが違うので。あとは新鮮味という部分でしょうね。冷静に見れば」

「(菅林社長が
『IWGP挑戦者の査定に入ってくる』と言っているが?)そういう意味合いがあるなら、余計に勝ちが絶対条件になるし、勝ったところで内藤vs棚橋、IWGP戦の結果もある。すべての試合が終わってみないと、自分がどう出るか? は、いまの時点では決められないっすね」

「(この試合の主体は後藤側にある?)そうすね(笑)。だって、一番最近シングルでやった『G1』で後藤は勝ってるんですよ? そのあと、俺がタッグで勝ったからって、『リベンジだ』なんて言われても『おかしいいんじゃねーの?』と。ことあるごとに、後藤は『俺とやると調子に乗れる』とか言ってますけど、『俺から勝ったら、何かもらえる、とでも思ってるんじゃねーの』って。後藤はいい選手ですから、自分の実力内ですけど、ポテンシャルを上げてくれるものは持ってる。でも、俺とやって勝ったからって、何か変わるわけじゃない。だから、吐き出せって! じゃないと、何も変わらないでしょ。まぁ、そういうもがいてる選手を踏み潰して、上に上がるのはキライじゃないんで、シッカリIWGPの階段として使わせてもらいますよ」

「(メインのIWGP戦は?)ま、小島が勝った場合、『G1』で勝ってますから、挑戦権は得やすいんじゃないかとは思いますね。そこで、永田裕志がどう横ヤリを入れてくるか? 真壁が勝った場合、コレはどう持っていこうかな、と…。かつ、俺が後藤に勝った場合でしょ? まぁ、どういうテツを踏んで、IWGPにたどり着くことかと思うと、いろんな考え方ができる。サイコロの目じゃないけど、小島が勝とうが、真壁が勝とうが、どっちかに勝ちたいわけじゃない。俺はIWGPが欲しいだけなんで、『どっちが勝とうが、どっちでもいいな』って思いますね

「(来年の東京ドームも見据えていく?)そうすね。いいポジションで試合をしようと思うと、どうしてもIWGPは、必要になってくると思いますから。まぁ、身体の調子は、万全だったことなんかないですけど、いつもより苦戦してる状態なんで、また駆け足で生きていかなきゃいけないな、と」


例によって、

さらりと言い放っていますけど、

体調面も含めて、

実は正念場なんですよね。

1.4までには残りのビッグマッチは12.11&12の二つ。

このどちらかに年内最後のIWGP戦が組まれるでしょうから、

ここから2ヶ月間の展開は、

面白いんじゃないでしょうか。

あとは…、
髪!!

このヘアスタイルも、

そろそろ正念場でしょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 後藤洋央紀

comment

Secret

正念場・・・

マッチメイクの事は よく分からないけど。
負けていい試合なんて ひとつもないので。
とにかく 勝たなきゃ・・・ね。(ひざ 大丈夫かな?)

正念場。

まさしく このヘアスタイルは 正念場です。 
いや。 私的には 完全アウトです(笑)
なんじゃこりゃ・・・?いつのまに こんなに・・・。
カットに行く時間もないのでしょうか?
まぁ~いつも キメキメ も 嫌なので これはこれとして
許しま~~す。

まさに!? 正念場!!!

IWGP 6回防衛しても、会社?から煮え湯!?を飲まされてる観がする中邑...

ここで後藤をshut out  12月11日決定戦WIN 12月12日IWGP奪取

そして、来る1月4日DOMEで究極の外敵 藤田和之戦が迎えられるとしたら、楽しいんだがなぁ...

>ケロさん

負けていい試合なんて ひとつもないので<その通りです。
特に中邑は星を大切にしていかなきゃならないレスラーだと思います。

私的には 完全アウトです<女性から見てもダメですか。
なんかこのままじゃ、某芸人みたいだもんなぁ…

>CARP FUN BINGOさん

初めまして。コメントありがとうございます。

IWGP 6回防衛しても、会社?から煮え湯<こういったところがもったいないですよね。数ヶ月前の事がなかったかのように展開して行きますから。

後藤をshut out 12月11日決定戦WIN 12月12日IWGP奪取<ハードですね!! でもそうでもしてこそ主役なんですよね。

1月4日DOMEで究極の外敵 藤田和之戦<非常に私と近いものを感じますよ、CARP FUN BINGOさん!!
藤田か小川しかいないでしょう!! 1.4は!!

ヘアスタイル ゲバラ見たいですね(笑

>男一匹さん

ゲバラ見たいですね<革命のイメージを体現するとあれになるのでしょうかね?
そう言われると…かっこいいのかなぁ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード