南船北馬

週プロの天龍源一郎×中邑真輔が、

遂に後編…最終回を迎えました。

前編(参照:陰徳陽報)、中編(参照:衣鉢相伝)と、

非常に興味深い内容だったのですが、

締めは意外と和やかムード。

その理由は中邑と天龍夫人のルーツである、

“京都”にありました。

週プロ
 週刊プロレス No.1543 より
龍魂継承(後編)

天龍「そういう京都で育ってるから精神的に強いんだろうね。総合格闘技(参戦)にしても、若いときからチャンピオンとかを任されてることにせよ、精神的な強さを持ってないと自分に負けるよ。『楽をしたい』っていう自分になっちゃう。でもね、京都にずっといるとね、『フザけんなよ!』っていう気持ちが出てくる、負けん気のようなね。
あとね、京都って新日本プロレスがメチャメチャ有名なの。なんでか知らないけど、全日本プロレスより新日本プロレスが有名なの。理由? なんなんだろうね? 京都の気質とか県民性とかが新日本プロレスを好きなんじゃない?」


中邑「あとはプロモーター(の営業力)ですかね。天龍さんは福井(出身)ですよね」

天龍「俺はね、北陸の山の中で育ってね、ずーっと雪の生活してた。雪ってね、歩くのにすごくバランスが悪いんだよ。それがどんどん溶けてきて春になると、地面をグッと踏んだ時に感動するわけ。『あっ、地面だ!』って、ちゃんと地面を踏んで歩ける自分に感動する」

中邑「僕が住んでいたのは、ほとんど日本海側なんです(京都府峰山町=現・京丹後市)。だから、福井と同じように雪は結構深いですね。降雪量は毎年30センチぐらいありますね」


確かに土地柄によって、

気質は変わってくると思います。

やっぱり雪深い…長くて厳しい冬を通過する土地では、

忍耐力は自然と身につくものでしょう。

京都、は初耳でしたが、

名古屋と神戸は昔から、

新日本のお膝元みたいなイメージがありますね。

無論、札幌も。

中島体育センターが閉館するまでは、

新日(とFMW)の興行は冗談抜きに、

歩く隙間すらありませんでした。

― ちなみに京都って海に面してましたっけ?

中邑「えっ、知らないんですか!? 丹後半島っていうところがあって…」

天龍「オイ頼むよ! 琵琶湖しかないと思ってたんじゃない? 俺はね、地名とかけっこう詳しいから。馬場さんの顔見たくないからね、いつも(巡業バスの窓から)外の景色見てたんだよ」

中邑「ハハハハ」

天龍「昔はホントいろんな所に行ったからね、日本中あちこちに」

中邑「いまは、そういう巡業はだんだん少なくなっちゃいましたからね」

天龍「中邑選手は田舎のほうの巡業にいってみたいっていう気持ちはある?」

中邑「ありますね」

天龍「田舎のほうがお客さんの反応がいいよね。俺はね、新日本は二手に分かれて地方も回ったほうがいいと思うよね。AとBみたいに。そしたら長州選手も日焼けするヒマないよ! な?」

中邑「(苦笑)」

天龍「コレ、中邑選手が言ったって書いておいてよ(笑)。でも、新日本だったら、そういうこともできるじゃない。やっぱりね、田舎のお客さんの前で試合するっていうのは大事よ。客席をパッと見て無表情だったら『あれっ、楽しくないのかな?』とか思うじゃない。試合そっちのけに平気で記事を書いてる新聞記者なんかを見ると『この野郎、フザけやがって』って思うしさ」


「長州選手も日焼けするヒマないよ!」には、

笑ってしまったんですが、

87年当時にも新日の2リーグ化の噂はありましたね。

後の平成維震軍の団体内独立が、

それの実現化だったのかも知れません。

新日もすっかり巡業は縮小化してしまいましたが、

やっぱり1000人規模の体育館も、

まわってこそプロレスだと思います。

老若男女、

どの世代にでも通用してこそ、

プロレスだと思います。

二分化せずとも、

日焼けしてる暇はないのです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 天龍源一郎 中邑真輔

comment

Secret

小さい体育館

私は登別に住んでまして、小さな体育館にも 新日は来てくれました。
そのころ( 高1かな?) 木村けんご選手の
『イナズマ・レッグ・ラリアート』が 見たくて 行きました。
2Fの自由席で あんまり見えなかったけど(笑)
今は 室蘭の体育館には まだ来てくれてます。
次回は行こうかな・・・?

余談ですが・・・。
最近のファッションに ブロディーが付けてたようなレッグウォーマーが
流行っています。この秋・冬は 町の中、ブロディーが たくさん
歩いていることでしょう・・・。 あたしも 買おうっと。ふぉっふぉっふぉっ・・・。

>ケロさん

私は登別に住んでまして<私の大好きな温泉の街じゃないですか!!

『イナズマ・レッグ・ラリアート』が 見たくて 行きました<当時は稲妻ブーム真っ只中でしたもんね(そんなブームあったかな???)。

室蘭の体育館には まだ来てくれてます<飯塚の故郷ですもんね。
だから夏は室蘭と、石狩(タイチの故郷)来てましたね。
結局プロモーターの力がなくなったのか、選手の地元しか回らなくなっちゃいましたね。

ブロディーが付けてたようなレッグウォーマーが流行っています<そうなればやはりソバージュも復活でしょうね。
さらに毛皮のベストも。
ついでに右手にチェーン、左手に花束!!(笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード