追悼・鬼軍曹

驚いたというよりも、

全く実感がない。

信じられるも信じられないも、

死というイメージが全く結びついてこない。

 新日公式 より
【訃報】新日本プロレスリング、山本小鉄さんが逝く

新日本プロレスリング株式会社・山本小鉄顧問が、8月28日(土)午前6:42に低酸素性脳症(ていさんそせいのうしょう)により、お亡くなりになりました。享年 68歳

山本小鉄さんは1941年10月30日、神奈川県横浜市出身。1963年1月に日本プロレスに入門。星野勘太郎さんとのヤマハ・ブラサーズで活躍。1972年3月には、新日本プロレス旗揚げに参加した。

1980年4月に現役を引退後は、コーチとして後進の指導にあたり、“鬼軍曹”と呼ばれる熱血指導で数々の名選手を生み出した。また『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)のテレビ解説者としても活躍し、当時・実況を担当していた古舘伊知郎氏との名コンビでも知られる。


まさか小鉄さん名義で、

訃報を目にする日が来るなんて、

1㎜も準備していませんでした。
熱血漢・小鉄さん

私らの世代にとっては、

現役時代の“人間爆弾”よりも、

審判部長の勇姿(参照:男の道は、はぐれ道。)や、
最後は至近距離のラッシング・ラリアートで、

ワールドプロレスリング解説者として、

古舘節との見事なかけ合いが忘れられません(参照:黄金コンビin真珠湾)。
頭…

そして何よりも、

“鬼軍曹”として、

長年に亘って新日のスター選手の入門を見届け、

また育て上げてきた実績は、

日本プロレス史上最大の功労者だったのではないでしょうか?

小鉄さんの功績はさんざん各所で、

記されていますので、

例によって私個人の、

思いを書き綴りたいと思います。

まず新日の旗揚げ時において、

テレビ中継も猪木以外のスター選手もない状態で、

団体を立ち上げられたのは、

小鉄さんの八面六臂の活躍があったからに他なりません。
旗揚げ戦の猪木と小鉄さん

特に表立った仕事をこなさなくてはならない猪木に代わって、

縁の下の力持ちとなって、

若手の稽古から会社の経理面、

果てはトレードマークのデザインまで。

しかもテレビがつくまでは、

ほぼ自身は収入ゼロだったというのです。

当時、小鉄さんは奥さんの手弁当で営業を回り、

おかずも一品ずつ減って行き、

好物の何段にも重ねた海苔弁当の段も、

一段ずつ減って行き、

たまりかねた小鉄さんが「海苔は3段ぐらいがいいんだけどなぁ」と奥さんに一言。

何も言わず涙を流す奥さんを見て、

小鉄さんは家計の苦しさを思い知ったそうです。

それでも会社が軌道に乗り、

自身の所得もグングン上がっていくと、

何かにつけ若い選手にご馳走を振る舞い、

面倒を見ていたそうです。

それも引退後はもちろん、

お亡くなりになる直前まで。

あと、小鉄さんといえば、

“鬼軍曹”の名の通り、

新日旗揚げから長きに渡って、

道場で先頭に立って若手を鍛え抜いて来た訳(参照:中邑の特訓に思う)ですが、
鬼軍曹自らプッシュアップ

厳しさだけではなく、

人並み以上の“人情味”で、

後のトップレスラーを見守って来た姿があります。

前田日明のデビュー戦には、

周りの先輩レスラーが「アイツは危ない」と敬遠する中、

既に中堅以上の存在だったにも拘らず、

自ら相手を買って出たと。

この試合がなければ、

後の“格闘王”の存在はなく、

当然、UWFもRINGSも…現在のMMAすら誕生していなかったかも知れません。

私の大好きな高田延彦に関しては、

一生に一度と決めて臨んだ入門テストに、

大幅に遅刻したにも拘らず、

人一倍時間に厳しい小鉄さんが、

特別にマンツーマンでテスト。

結果、合格を認めたという奇跡があります。

他にも日本でレスラーになることをあきらめた山田恵一を、

メキシコで拾って新日に迎え入れたのも小鉄さん。

新弟子時代の武藤敬司の、

「俺、辞めます」という一言に、

ストレートに「そんな事言わずに頑張れ」と引き止めた小鉄さん。

新日本プロレス学校生のザ・グレート・サスケを、

新日入門の面接試験で一人だけ、

最後まで落とそうとしなかった小鉄さん(結果的には不合格)。

同期の藤田と比較され、

ボロクソに扱われた新弟子時代の真壁刀義に、

「誰よりも強くなれ。強くなったら、お前のこと誰も文句言わねぇ」と勇気づけたのも小鉄さん。

そして、グリーンボーイだった中邑真輔に、

プロレスリングが持つ数々の“裏技”を伝授した小鉄さん(参照:リアルとファンタジーの境目)。

…まだまだ書き尽くせません。

今夜は追悼記事という事で、

この辺で締めさせて頂きますが、

私がプロレスリングを観る上で、

技術論を追及する際(参照:技トーーク)には、

いつも小鉄さんの解説という手本がありました。
猪木失神事件の小鉄さん

それをもって、

「理にかなったプロレスリングの技術論」と見るか、

「プロレス特有の矛盾に辻褄合わせの屁理屈」と見るかは、

読む貴方次第です。

また機会を見て小鉄さんの記事を書かせて頂きます。

小鉄さん、長い間ありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

ご冥福を心からお祈り致します。
猪木アリ戦の小鉄さん

関連記事
スポンサーサイト

tag : 山本小鉄 訃報

comment

Secret

馬場には小鉄がいなかった。

レガさんが小鉄のことを書いてくれることを待っていましたょ。ありがとう。
「プロレスラーとはかくあるべし」いろんなおりの小鉄の発言は我々オールドファンの溜飲を下げてくれました。
そうですね、確かに引退後の存在感のほうが大きかったのかもしれないですね。
奥さんが弁当の段で涙を流す・・・今読んで知りましたが、いまどきそんな女がどこにいますか?え!?えーっ?!?(ちょっと興奮)
一度どっかで書いたけど、少し昔話です。
第11回ワールドリーグ。私は中学一年で、ちょっと危なそうな大人で満員の岐阜市民センターでした。
小鉄が優勝候補の一角であるゴリラモンスーンと対峙したときあまりの体格差に観客からどよめきと嘲笑が起きました。彼がモンスーンにはねとばされて振り回されるたびに嘲笑が多くなりモンスーンに対する驚愕がますます勝っていきました。
まちがいなくあの会場でたった一人以外はモンスーンの勝利を確信していた。
小鉄は場外に隠れ、極度の近視のモンスーンは彼を見失います。
背後からリングに上がった小鉄は、彼を捜しながらふらふらと後ずさりするモンスーンの足元に四つんばいになりました。
つまずいて後頭部から朽木倒しのモンスーン。すかさずフォールに行く小鉄。
スリーカウントと同時に場外に吹っ飛ばされる小鉄。満員の岐阜市民センター大爆発、声も出せず愕然とする私。
41年前の話です。
小鉄よ、ありがとう!

とても寂しい。

なんだか・・・。
ポカッと 穴があいた感覚です。
馬場御大が亡くなったときも ぼーっとしたのを 思い出します。
ついこのまえ、中邑選手に ベルトとトロフィーを渡してたのに・・・。

私は現役は知らないので、レフリーの姿と解説者としての顔が
小鉄さんです。中邑選手の本にも書いてましたね。
『強くなればダレも文句はいわない』 レスラーとしての覚悟です。
鬼軍曹だけど 本当は優しい・・・。奥さまとは 手をつないで寝ていたそうです。
うらやましいな・・・。

私が遊んでいるピグに 小鉄さんがそのままの姿で残るとのこと。
少し なごみます・・・。

乱文 失礼。

未だに信じられません

新日本プロレスには藤原喜明が足りない。と書いたのは少し前のコメントでしたが、

まさか小鉄さんがいなくなってしまうとは。

解説者の小鉄さん、レフリーの小鉄さん、そして認定証を読み上げる小鉄さん。

そして、伝説の道場を作り上げた小鉄さん。

どれも新日本プロレスを形成する大切な要素です。

洒落た言葉も浮かんできません。ただただ残念です。

御冥福をお祈り致します

御冥福をお祈り致します。
海外遠征・ヤマハブラザーズ・鬼軍曹など 色々な話が頭の中に渦巻いてきます。
有難うございました 合掌

>アスク御大

こちらこそありがとうございます。

小鉄の発言は我々オールドファンの溜飲を下げてくれました<格闘技としてのプロレスから入った世代にとっちゃ一言一言が金言でして…少なくとも私がファンになった30年前から言ってること変わってませんからね。

いまどきそんな女がどこにいますか?<すみません、ちょっと大きく書きました…えへ(舌ペロリ)

ゴリラモンスーン戦<今回の件での東スポで読みましたが、御大あれを観戦してるんですね!!…すっごい!!
今のG1でP・デヴィットがやったような番狂わせは時代のせいもあるんでしょうけど、当時は格というものが絶対でしたから、これは大事件だったんでしょうね。
当時のアスク少年の武者震いが手に取るようにわかります。

>ケロさん

馬場御大が亡くなったときも<私にとっちゃそれ以上でした。
現役だった馬場さんや三沢よりも死が結びつかない名前でしたから。

『強くなればダレも文句はいわない』<入門間もない新弟子にもそう言っていたようですね。
初めに強さありき…プロレスの本当に大事な部分です。

奥さまとは 手をつないで寝ていた<他にも娘さんの生まれてからの日数をずっと記憶してたり…家では素晴らしいパパだったんでしょうね。

>TKさん

解説者の小鉄さん、レフリーの小鉄さん、そして認定証を読み上げる小鉄さん<YOUTUBEで前田を表彰する小鉄さんの姿もありますが、本当に熱血漢なんですよね。
だからJカップで男色ディーノにマジで切れたというのも全部シュートなんですよね。
何事もナメられる事を嫌った小鉄さん…その意思は全員が引き継がなくてはいけないでしょうね。

>腹さん

海外遠征・ヤマハブラザーズ・鬼軍曹など<ヤマハを見ることが出来た最後の世代が腹さんでしょうね。
腹さんにとっちゃ前田ストーリーにおいても重要な人物ですしね。

No title

レガさんこんばんは。

本日の新日本山本小鉄追悼大会へ行ってきました。
自分も本当にショックで今回も後楽園を訪れると、いつものJスポの解説席に白の上下の小鉄さんが座ってるような気がしてなりませんでした。
全試合後に、静かに小鉄さんの追悼Vがサザンの「旅姿六人衆」をバックに流れると、さすがにこらえることはできなかったです。自分の周りにも今回駆けつけたオールドファンもみんな涙をながしてました。
小鉄さん、プロレスをありがとう。

小鉄さん…

ご無沙汰してます。

実はG1の仙台大会を友人に誘われて見に行ったのですが、昭和世代の自分には隔世の感があるばかりでした。でも、小鉄さんが解説に来てましたので、自分なりに最後のお別れができたのかなと受け止めております。

小鉄さんの『ザ・ストロングスタイル(=現代プロレステクニック)』『あ、ちょっと待ってください』『人間爆弾発言』はいずれも名著でした。のり弁の話は自分も大好きで何度も読んだものです。

小鉄さん、ありがとうございました!!(合掌)

>naokinさん

こんばんわ。

山本小鉄追悼大会へ行ってきました<観戦お疲れ様でした。
大会自体、張り詰めたいい内容だったようですね。新日の後楽園…ほとんど外れなくなってきたんじゃないですか?

全試合後に、静かに小鉄さんの追悼V<密かにYOUTUBEのUPを待っているんですが、やらないようですね。
あれはあくまでも会場に居た方だけのボーナストラックでしょう。

>スパさん

お久し振りです。

G1の仙台大会<好カード揃いでしたよね。

昭和世代の自分には隔世の感<そうでしょうね。とにかくあの頃の新日本とは全く違いますもんね。

『ザ・ストロングスタイル(=現代プロレステクニック)』『あ、ちょっと待ってください』『人間爆弾発言』<名著三部作ですね!!
特に『人間爆弾…』での前田らとの対談は素晴らしかった。
30年以上もの間、持論が全く不変だったのが、とにかく素晴らしい!!

知らなかった功績の数々に驚きました。


誰よりもプロレス愛が強い方だったのですね。

今の新日本プロレスをどう思っているのかな。

>ミートさん

知らなかった功績の数々<この人がいなければ、新日という会社自体ないですから。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード