夏の終わりを告げるヒールホールド

今年も今日…終戦記念日に休みが取れ、

墓参りからの帰宅後、

G1最終日のPPVを観る事が出来ました。

正直言って、

昨日の結果で、

優勝者が80%位わかってしまい(もちろん結果は予想外でした)

今回のPPVは見送るつもりだったんですが、

今朝YouTubeのダイジェストを見てしまい、

潮崎の剛腕ラリアートを見て、
潮崎のラリアート

「これ…小橋だよな。って事は今日の中邑の相手は小橋だよな」と、

潮崎には申し訳ないのですが、

そう思ってしまい、

一転、PPV購入を決めました。

要するに“過去と闘う”中邑の前日に続く大一番、

中邑真輔vs小橋健太(≠建太)を買ったのです。

かくして試合は白熱したものとなりました。

まず第1試合、

やはりというか裕二郎が勝利。

引き上げる永田の、

寂しそうな表情が印象的でした。

裕二郎の張り手…私は好きですね。

そして第2試合、

 新日公式 より
20周年の「G1」を制したのはフリーの小島聡!! 史上初の快挙を達成し、IWGP王者・真壁への挑戦を表明!!
△中邑真輔※4勝2敗1分け=9点(30分00秒・時間切れ引き分け)△潮崎豪※4勝2敗1分け=9点


序盤の中邑の攻め…

私はかつて札幌で行われた、

小橋vsを思い出しました。

でも当時の馳の様な“意地の悪さ”は中邑に感じられず、

中盤からは潮崎のチョップを中心に、

乱打戦へ。

残り時間数十秒で見せた、

中邑のアキレス→ヒールホールドに、
中邑最後にヒールホールド

“意地悪”感は見えましたが、

このままタイムアップ。

と同時にこの後の試合の勝者が、

自動的に決勝進出となることに決まりました。

さて今後、

中邑は丸藤とのタッグ戦、今日の潮崎戦につづいて、

NOAH出撃となるのでしょうか?

中邑
「いまの俺にわかるのは…決勝はない、それだけ! (潮崎は)あ? とくに興味はない。ま、ブ厚いぜ? ノアの中じゃあ一番見れる顔してんじゃん? それでもね、俺の気分的にはね、足りない。薄っぺらい!


コメントを読む限りは眼中にない様子です。

で…他の試合は公式や、他のブロガーの方にお任せしますが、

後は雑感として思ったこと。

デヴィットの後頭部強打に冷やり。

かつてのJ-CROWN決勝のサスケを思い出しました。

中西vs内藤…子レガが泣きじゃくって全く見れませんでした(号泣)。

天龍!!天龍!?天龍???天…龍…

④結局、小島か…

G1の意外性という部分ではアリなんでしょうかね。

これから本腰入れて新日参戦して、

棚橋らの壁になるんでしょうけど、

アレですよね。

小島ってねぇ…


ま、ここから転がっていくんでしょうけど。

恐らくPPVに関しては、

もう年内は見ないと思います。

次はこっちの方で1.4までの流れを楽しみます。

最後に私が妄想した中邑優勝インタビューを…

「やっと取れた、このG1。

だけどこの瞬間はもう過去に過ぎない。

定石通り行けば、次はIWGPだろう。

だが俺はここから、過去と闘っていくつもりだ。

もちろん“神”と崇められる男も。

“天才”と呼ばれる男には大きな借りがある。

それから…

……。

藤田ぁーーーーーーっ!!
「藤田ーーーー!!」

この男を倒さずして何がIWGPじゃ!!

…以上!!」


これどーよ?

関連記事

tag : 中邑真輔 潮崎豪 G1クライマックス

comment

Secret

No title

昨日は急遽両国へ行ってきました。
まさか小島が優勝するとは。。。ある意味ポカンでしたw
ただ最近の生観はちょっとあれな団体というか変わった団体ばっかりだったので、会場全体の熱というか盛り上がりというのもはさすが新日本ですね(G1なので当然ですが)

小島ねぇ。。。ここにきてラリアッターですか。。。まぁ今の彼はただのラリアッターではないですが。
彼が出戻りラリアッターとすると、外に出ないで新日本内で頑張っていた所謂第三世代の永田、中西が藤波とキムケンに思えてきましたw

加えて病み上がりでこの扱いは異例中の異例でしょうが、あそこまでコンディションを整えてきた小島はプロとして素晴らしいですね。
そして会場支持率の高さに驚きました。

なんかなぁ。。。先が思いやられるというか、彼に"壁"を任せていいのでしょうか?w

小島ってノア有明大会の対戦相手がヨネですよ!?丸藤の代役といえどこのへんどうにかならんのでしょうかね。

抑え気味にしたつもりですがちょっと書き過ぎましたね。
レガさん後処理よろしくw

No title

レガさんこんばんわ。

昨日nameを入れないで入力しちゃいましたすいません。(汗
行ってきました昨日両国。いやあ一言で言えば、また新日本の
『目先の収益主義』とでもいいますか、客が呼べれば何でもありというか・・かつてあれほど持ち上げてきた棚橋をここでこういう扱いにしてしまうのかって思ってしまいましたね。なぜここで病み上がりの小島に獲らせてしまうのかと。もちろんメインの盛り上がりは尋常じゃなく、しかもほぼ小島支持という・・。感覚としてはこれも会場で見ましたが、当時IWGP王者の中邑が大阪で武藤を向こうにまわしてのタイトルマッチで新日本の会場なのに会場は武藤支持と同じ感覚でしたね。小島には武藤と同じ役回りをさせるつもりなんでしょうか新日本は・・。しかも20周年の記念大会である今回のG1で外敵初優勝をさせてしまう今の新日本・・。
むうう・・。自分は棚橋優勝と思っていたので、正直メインを見ずに会場をあとにしようと思っていたのですが驚きの一言でしたね。
壁にするなら永田、まあ中西wでもいいと思うんですが。
2004年の10・9両国で長州が嵐とともに新日本の会場に乱入という形で戻ってきたときに永田に言った言葉を思いましたね。「中にいる人間が信用されなくて外に出てった人間がこのど真ん中に立っている(信用される)・・わかるか?」
フロントに再びこういう仕打ちを“小島優勝”という形で突きつけられた永田・・。正直不憫でなりません。
自分は中邑優勝を祈ってましたが、07年の棚橋優勝から続く予定調和のような新世代の優勝の羅列の流れで今年中邑優勝は避けたいと思っていたので結果に納得でしたが。かりに優勝してしまった場合、真壁とのチャンピオンシップ連発というのもばつが悪いのでレガさんのような展開を期待してました。潮崎戦は良い試合でしたね。故障を抱えながらも十分見せてくれたと思います。最後にアキレスからヒールに切り替えたときはギリギリでの勝利を予感させましたが。
中邑には来年こそ!という期待を込めたいと思います。

あっさり決まっちゃいましたよ

潮崎との再戦。中邑及び紫レガさんにとっては物足りない相手だと思いますが、もう少しお付き合いくださいな(笑)。そりゃ、vs丸藤の方が見たいに決まってるけど、丸藤は今、天国の三沢から休養を言いつかっておりますから(そう思うことにしました)。

それに、緊急避難的にGHCを巻いた潮崎がまだまだ経験不足なことなど、当の本人が一番よくわかってるんじゃないかな。だからこそG1に乗り込んだり、10周年記念大会でのvs外敵三本勝負を会社に要求したりしているんだと思いますよ。

個人的には、カクトウログさんも絶賛していたvs永田の再戦を見たかったような気もしますが(試合後にKENTAが乱入…はないかw)、対戦が決まってしまった以上は中邑にエグさ全開で勝ってほしい。結局のところ、それが潮崎のためにもなるわけですから。

>トラさん
似たようなHNで申し訳ありませんが、以前にも何度かこのHNでコメントしているので、このまま使わせてくださいね。
あと、8.22有コロの件は、まったくもっておっしゃる通りです。潮崎の対戦相手Xを小島にしちゃうとかできなかったのかしら。

>トラさん

後処理よろしく<任せて下さい。“蝦夷の始末屋”と呼んで下さい(笑)。

まずは観戦お疲れ様でした。

まさか小島が優勝するとは。。。ある意味ポカン<テレビの前でもポカンでした。
そして蝶野の解説…小島フリーとしてのG1出場って結局、昔の山ちゃんみたいなものなんでしょうね。

出戻りラリアッター<やっぱり私も小島のイメージとしては天山と二人で新日をつまらなくしてしまった戦犯なんですよね。

永田、中西が藤波とキムケン<うまい!!(笑)…いやいや永田の退場する時の顔見てると、札幌テロ事件のドラゴンと変わりませんでしたよ、本当に。

会場支持率の高さ<今だに会場を埋めてるファンのほとんどが、テンコジ世代なんでしょうね。nWo世代というか、T2000世代というか、狼群団世代というか…え、しつこい?

彼に"壁"を任せていいのでしょうか?<肝心なのはそこですよ。
これまで長州、藤波に対する猪木。三銃士に対する藤波、長州。
外敵としては橋本に追い続けられた天龍。ちょっと違う形ですが、新三銃士を潰していった藤田。
これらと比較して…小島って!!

小島ってノア有明大会の対戦相手がヨネですよ!?<そのカードにはどの層の需要があるんでしょうね。ただ出りゃあいいのかと。

>naokinさん

こんばんわ。

nameを入れないで入力<naokinさんでしたか!! こちらこそ失礼しました。
観戦お疲れ様でした。

新日本の『目先の収益主義』<せっかく長い時間で積み上げたものを…というより今の新日にはカリスマがいないのかと。
小島が獲る事を否定はしませんが、記念大会をよそ者に取られて、所属選手が咬みつく事も出来ないような雰囲気にしてしまうのって…どうなんでしょ?

小島には武藤と同じ役回りをさせるつもり<明らかに役不足でしょうね。

永田・・。正直不憫でなりません<同感です。あの表情見てたら…。

潮崎戦は良い試合でしたね<面白かったですよ。充分。

>キジトラさん

物足りない相手だと思いますが<とんでもない。間違いなくノアのエースだと思いますよ。
ただ中邑が言う「薄っぺらい」の意味は深いと思います。

対戦が決まってしまった以上は中邑にエグさ全開で勝ってほしい<勝つでしょうね。この流れじゃ。
でも潮崎にはホームということで、G1以上のインパクトを持ってくるでしょうから、再び消耗戦は必至ですよね。

結局は対抗戦…勝ちに行く闘いであって欲しいですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード