まさに混沌。

遂に中邑もトップグループ入り。

G1クライマックスXXのBブロックは、

これ以上ない位の混戦模様を呈してきました。

リバース・パワースラム
 新日公式 より
“Jr.の星”デヴィットが“エース”棚橋に激勝!!/大詰めを迎えたリーグ戦は史上まれに見る大混戦に!!
○中邑真輔※4勝2敗=8点(16分45秒・ボマイェ→片エビ固め)●小島聡※4勝2敗=8点

中邑
「ハァハァ…何年かかった? 小島聡とリング上で対峙するために何年かかった? ま、いいけど。あのときのこと、あのときのこと! 一度たりと忘れちゃいねぇ。(略)初優勝? 悪いけど、そんなことまでこの試合に関しては、頭回ってないね! 始まる前からマークしてたじゃん、俺? ここだけは、ここだけは落とせないって。もう5年も経ってんの? 俺はいまにいたるまで変身をとげた…小島は? 俺にはわからないね。いろいろあったんだろう? だから、この新日本にたどり着いた。それだけ。理由はなんだっていい。俺はこのリングで、この両国でまた、小島と闘えたんだ!」


小島
「真輔! 真輔テメェ!! 何がボマイェだ? このままですむと思うなよ! でっけぇ借りができた! 5年半越しのでっけぇ借りだ、真輔!! このままで終わってたまるか!」


コメントを読む限りでは、

公式戦を超えたこだわりが、

両者にはあったようですね。

結果、
Bブロックは?

勝った中邑も、敗れた小島も8点で並びました。

さらには、順当通り同門井上を退けた永田も、

今日の直接対決での勝者・潮崎と敗者・後藤までも。

これで5人が同率首位。

明日の公式戦最終日まで、

進出者がわからないどころか、

最後は何試合やるんだ? と。

教えて下さいZEEBRAさん(笑)。

決定戦の流れになってしまえば、

完全に消耗戦必至の、

中邑と潮崎は厳しいでしょうね。

特に中邑…最後まで右膝が持つのか!?

永田vs裕二郎には、

いろんな匂いがプンプンしてきますが、

これを跳ね除けて永田が残れば面白い…かな?

さらに驚きのAブロック!!

丸藤の代打から一転、

デヴィット棚橋から大金星の上で、

首位グループに!!
Aブロックは?

でもね…

こういう流れになってしまうと、

逆に棚橋なんでしょうね。

全体のカードを見る限り。

どうした内藤!!

…つくづくG1はコンディション調整がモノをいうなと感じます。

明日の両国PPV、

さてどうしようか?

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 小島聡 G1クライマックス

comment

Secret

No title

いつも拝見させていただいております!G1名古屋大会を観戦しました。
真輔vsバーナードでしたが真輔のスタイルに合わせる様にバーナードがアップライトに構える姿に驚きました。真輔はこのバーナード戦でも相手のエグい攻撃を受けその上で自らもエグイ攻撃をするというある意味正々堂々とした戦いをしていると感じました。バーナードかなりエグい攻めしてましたもん。で、真輔が放ったグランドでの膝蹴りの連打、これがボマイェよりエグくマジなのが入ってましてバーナードがガクンと力がぬけフラフラになりました。昔の藤田vs永田のマット蹴りのグランド膝蹴りとは違ったなー。
リアル(エグい)な打撃などが入る試合だったので前後の華やかプロレスとは違う味を出しており、自分的には満足な試合でした。
またこの日の内藤はキレもあり渋い攻防もできかなり良い物だしていましたが、昨日の試合を解説した小鉄氏によると膝がかなり悪いらしく無理を押して出場したらしいです。そのせいかキレを欠いた感じになったのかと。スターダスト使いなのどうしても膝いっちゃいますよね・・・素晴らしい若手だと思うので膝になるべく負担のかからない技を開発し、大一番のみスターダストで良いと思うのですが。
長くなりましたが、本日G1決勝楽しみにしつつ真輔を応援します!

No title

レガさんこんにちは。

中邑残りましたね。本人も対小島戦は思い入れがあったのでしょう。
会場で見てましたが気合入った表情してました。
さあ今日は潮崎。おっしゃるとおり昨日の小島同様の中邑対極のスタイルですね。中邑のハードパンプに期待しながらの勝利を期待したいと思います。
どうやらAは棚橋が来そうですねェ・・昨日後藤が潮崎に負けているので中邑はさすがに負けないかと。すると決勝は今年実現していない棚橋vs中邑の組み合わせになるでしょうか。王者真壁に挑戦することや、このところの対戦成績から邪推してしまいますと棚橋勝利なのかなと思いますが中邑を応援してきます。

>trickさん

初めまして。コメントありがとうございます。
そして観戦お疲れ様です。

バーナード<とにかく器用ですよね。ビガロ以上じゃないですか?
タッグ屋でいるのがちょっともったいないような気もしますが、充実はしてるでしょうね。

ボマイェよりエグくマジなのが入ってまして…昔の藤田vs永田のマット蹴りのグランド膝蹴りとは違ったなー<あの試合…今見ると「???」ですね。当時の年間ベストバウトとったんでしたっけ?
それを思えば、中邑の膝でも否定的な意見もある現在…贅沢なんでしょうね。

リアル(エグい)な打撃などが入る試合だったので前後の華やかプロレスとは違う味を出して<中邑の存在感ってそこなんですよね。
月寒でもセミの棚橋との温度差が際立ってました。やっぱりストロングスタイルというのが新日本の色だと思いますね。

内藤…膝がかなり悪いらしく無理を押して出場<武藤に似てる風貌だけじゃなく、膝まで武藤ばりになっちゃうともったいないですね。
まだまだ若いんで、適度に休ませてあげたい…でも闘い続けるのがレスラーなんですよね。

またよろしくお願いします。

>?さん

おはようございます。
観戦お疲れ様でした。

中邑…本人も対小島戦は思い入れがあったのでしょう<周りが思ってた以上のこだわりがあったんですね。
とにかく星の重さを必要以上にこだわる中邑の存在は今じゃ貴重です。

どうやらAは棚橋が来そう…王者真壁に挑戦することや、このところの対戦成績から邪推してしまいますと棚橋勝利なのかなと思いますが<私も全く同じ予想でしたが…小島とはねぇ。
いや小島がダメということじゃなくて…どうなんでしょうね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード