読み応えア~リ・ボッマイェ♪

猪木本…かなり良いですな(参照:猪木本)。

猪木50周年本下巻
 アントニオ猪木50years 下巻 永久保存版 1986年~―燃える闘魂50年

特にインタビューなんですが、

私の場合、

聞き手によって興味が変わって来るんですけど。

今回で言えば、

天龍×小佐野さん

長州×GK


…はもちろんですが、

前田×波々泊部氏

これ素晴らしい。

ユニバーサル時代から前田の聞き手としては、

ファイトの波々泊部記者の右に出る者がいませんでしたから。

結構、これまで語られてきた話が大半なんですけど、

改めてきっちり語ってるのが良いんですよね。

他には意外と小川のが面白いです。

ここまできちんと猪木論を語った小川は珍しいですよね。

欲を言えば、

せっかくサトちゃんが編集長に復帰したんだから、

蝶野だけじゃなく、

高田にも行って欲しかったです。

サイモン氏の冒頭の部分読んだだけでも、

高田に聞いたら面白かったのになぁ…と。

例えばカルガリーの“バンフ公園の湖の話”とか、

Uに行く直前の“身延山の話”とか。

いろいろあるんだけどなぁ。

もちろんPRIDEでの蜜月~決別まで…

完読したら、

上巻も買ってみようっと。

アントニオ猪木50Years (上巻) (B・B MOOK 664 スポーツシリーズ NO. 536)
 アントニオ猪木50Years 上巻

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード