発言を深読みして何が悪い!!

月寒での敗戦(参照:月寒大会雑感…7年ぶりの“帰郷”)を経て、

昨日、中邑真輔はプロレスリング・ノアのマットに立ちました。

注目の天才・丸藤正道との初遭遇です。

中邑vs丸藤初遭遇
 新日公式 より
中邑がタッグ戦で丸藤と初遭遇!! 永田は秋山と7年ぶりの対決!!/7月24日プロレスリング・ノア大阪大会試合結果

プロレスリング・ノア創立10周年記念 第2弾『NEW NAVIGATION'10 in Osaka』
7.24大阪府立体育館

第6試合 60分1本勝負
スペシャルタッグマッチ
○中邑真輔、外道(18分23秒・ボマイェ→片エビ固め)丸藤正道、●青木篤志


詳しい試合内容については、

こちらをご参照下さい。

 カクトウログ より
<速報終了>ノア10周年第2弾・大阪府立大会~中邑・永田ら新日本プロレス勢参戦 17時開始


三沢亡き後とは言え、

あの緑のマットでも星を落とさずに帰って来るというのが、

中邑の真骨頂ですよね。

さて…、

この後は、今年20回目のメモリアル大会となるG1クライマックス

問題はその後、

丸腰の中邑はどこへ向かっていくのでしょうか。

先シリーズの公式パンフのインタビューに、

興味深い発言がいくつかあります。

 NJPW Vol.5より
王座陥落、そして“空白の一ヶ月”…中邑真輔、再始動!!

中邑
「プロレスはダンスじゃないから。俺は、プロレスを小さくしないために、“生きたプロレス”をしていきたいね」

「…いま思うともっとやんなきゃいけないことや、やれることもあった。うまく生きていりゃ、違うかたちで名前が残っていたかもしれない。でも、ところどころで“自分”というものを押し通してきた。その結果、昔は干されることもありゃあ、ハメられることもあった。好きなことばかりやるから『難しい』といわれ、『扱いづらい』と言われ…(ニヤリ)」

「ま、わかってくれる人はわかってくれるけど。でもね? 『新日本プロレスが忘れちゃいけない部分』を背負ってきた部分は少なからずある、そこは自覚してるよ。いまの新日本の人間がそういうモノを持っているか? 必要と思ってるかはべつとして、俺は『必要だと思ってる』し、そこをなくしたら、それこそ『自分が憧れた新日本プロレス』でなくなっちゃうから」

「いま、ファンは『プロレスがわかっちゃった』『プロレスはこういうもんだ』と単純に思い込んでるでしょ? でも、俺はプロレスはもっと複雑だし、噛み合わないような部分も含めて、おもしろいと思ってるからね」


例によって中邑らしい言い回しで、

ぶれない持論を展開しております(参照:真輔中邑のすべらない話)。

そして、

今回の記事の核心はこの後です。

中邑
「…ただ、俺は最近、『もっと動いてもいいな』という気持ちもでてきた

「(他団体に)興味はあるね。団体の大小は関係ない、変化を求めるって意味では、今年後半は『動く』のもアリだと思う。(略)中を固めるのも大事だけど、肝心なところでは攻撃もできるのが新日本プロレスだから。そういう役割は俺しかできないでしょ?」


「動いてもいい…」、

「(他団体に)興味はあるね…」、

「団体の大小は関係ない…」、

「肝心なところで攻撃…」、

「そういう役割は俺しかできない…」。


これが単純に、

ノアの事だとは思えないんですよね。

他のプロレス団体にしても、

中邑以外の選手でも出陣出来ますし。

ベルトを獲り返せなかったという事で、

G1へのモチベーションは逆に高まったのかも知れませんが、

秋口から冬にかけて、

昨年の“猪木発言”(参照:中邑3度目のIWGPを振り返ろう~episode 0~)から丸一年。

ここで中邑は、また“バクチ”を打つと見ます。

そのターゲットはズバリ大晦日。

今年はおそらく単独開催が予想される、

SRC

常に出陣を希望しながらも、

会社からのOKが出なかったMMAへの出陣。
慣れないリズムの選手紹介を受ける

敢えてDynamite!!じゃないところがポイントです。

あるいは、

数年ぶりに大晦日のプロレス興行復活の可能性も出て来た中、

 見たくない奴は見に来るな! より
中邑が猪木発言を一部暴露!「時間が経たないと本当の事は言えない・・・」


猪木50周年の名の下に、

急転直下のIGF“逆殴り込み”も、

あり得るかも知れません。
中邑を引きずり起こすと、

新日本の選手の中で、

中邑にしか出来ない“役割”と言ったら、

この二つしかないでしょう!!

…とにかく、勝ち続けようが、負けようが、

中邑からは目が離せません。

これからも。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 丸藤正道 プロレスリング・ノア

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中邑真輔が再びMMA参戦するかもかも

 リンクさせて頂いている紫レガさんのブログ【腕ひしぎ逆ブログ】に非常に興味深い情報がアップされてました。その名も「発言を深読みし...

comment

Secret

お久しぶりです

レガさんお久しぶりです。
月寒行かれたんですね。やっぱり生観戦はいいものですよね!
自分は東京在住なので行ける限り会場で見よう思って足を運ぶようにしてます。福岡もどんたくついでに行って観戦してきました。
それまでの中邑の磐石ぶりから見ても、いきなりの真壁挑戦という
視点から見ても福岡は安牌だと思ってたんですが負けましたねw
今回の月寒も行ける環境でしたので行こうと思ってたんですが
結局見送ることにしたんです。
正直リターンマッチには早いなという感じは否めなかった印象でした。
タイミング的にもG1前の挑戦ということでしたし、中邑のモチベーションも
いまいちだったような・・・。
自分もやはりノア大阪で実現するvs丸藤注目しました。
今後につながることを期待ですね。

また今後についても仰るとおりベルトを持たない方が
色々と動きやすいと思いますし、
かつては“対外敵”というのは中邑の色がもっとも際立つ
ポジションでしたよね。
言わばプロレスの外敵である“総合格闘技”にも
ベルトを巻いて参戦したときはプロレスファンとしては嬉しくて、思わず当日大阪まで駆けつけてしまったことを思い出しますw
是非またベルトを巻いて参戦という勇気ある行動を中邑には期待したいですね。今回月寒でベルトを取れなかったので、何かしらのしがらみが解けて、対IGFというのがあるんじゃないかとプロレスファンとしては深読みしてしまいます。まあこういった妄想をするのもプロレスの醍醐味ですね。

No title

こんばんは!これは興味深すぎですね。確かにコメントから推測するにMMAっぽいですね。言われるSRCだと仮定して相手を考えると・・・石井慧なんかどうですか。プロレスの価値を上げるには、中々良い相手かなと思えます。中邑のMMA出陣!応援したいですね!

>naokinさん

おおっ!! お久しぶりじゃないですかぁ!!

自分は東京在住なので行ける限り会場で見よう<これぞプロレスファン!!…ですね。

福岡もどんたくついでに行って観戦…安牌だと思ってたんですが負けましたね<意外でしたよね。ああいう展開とは。

月寒も行ける環境でしたので行こうと思ってた<それってセレブじゃないですかぁ!!

ベルトを持たない方が色々と動きやすい…何かしらのしがらみが解けて、対IGFというのがあるんじゃないか<何よりも猪木のメモリアルイヤーですからね。
乗り込んでいけば猪木も黙っちゃいないでしょう。

>H.Tさん

こんばんわ。

コメントから推測するにMMAっぽい<いや深読みなんですけどね。
半分以上は願望でもあります。

No title

IGFが年末を考えてるそうなので、あるかもしれないですね。そこに石井選手も出てきそうです。たぶん中邑選手は小川選手とやりたいんじゃないかと思います。年末から1・4に繋いだらおもしろそうですね。→http://xurl.jp/wv3c

No title

こんばんは!興味深かったので、今日の記事でリンクさせて頂きました。宜しくお願いいたします。

あと猪木本買いました。今から読みます!

>123daさん

IGFが年末を考えてる<毎年見てきてアレなんですけど、大晦日~年越し…いわゆる“国民行事”ってやつにはMMAじゃなく、プロレスの方が合ってるんじゃないかと思うんですよね。ハッスルみたいなのじゃなく、闘う方のプロレスが。

たぶん中邑選手は小川選手とやりたいんじゃないかと<あの頃の事はまだ忘れてないでしょうね。

興味深いコラム貼って頂き、ありがとうございます。

>H.Tさん

こんばんわ。

リンクさせて頂きました<いつもありがとうございます!!

猪木本買いました<本当に面白いと思います。
80年代後半からプロレス見始めた方にはジャストミートの内容でしょうね。
バランスの良いH.Tさん的には武藤のインタビューなんかは興味深い話満載だと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード