月寒ドームは…グリーンだよ!!(1990)

前回頂いた、

さとさんからのコメント

ウォリアーズ対武藤 蝶野 たしかメインが橋本の異種格闘技戦


これは1990年7.22 月寒グリーンドームですね。

忘れもしないこの大会。

あの日はメインがウォリアーズvs武藤、蝶野でした。

セミで生涯初の異種格闘技戦を行った破壊王。
リングに熱い眼差しの破壊王

相手は柔道の猛者です。
その先にはA・チューリンの公開スパー

前週の調印式で、

カメラに向かって「プロレスが一番強いです。絶対に勝ちます」と言い放って、
「プロレスが一番強いです」

翌週を迎えました。
サマーフェスティバルINグリーン導夢

思えばキムケンの名曲『デュオ・ランバダ』で幕を開けた、

この日のアンダーカードで、

超闘王キャラとしては最後の新日マットを踏んだ元横綱。
出た! 超闘王

北尾光司vsU・ベルコビッチは最悪の内容でした。
北尾光司vsウラジミール・ベルコビッチ

北尾が繰り出すのは蹴りのみ。
蹴りばっか

組み合えばつば競り合い。
つばぜり合い

大ブーイングの中。

最後は強引な急角度のバックドロップで、
急角度のバックドロップで、

カウント3。

…ってロープじゃないの?
カウント3…ってロープは!?

会場割れんばかりの大ブーイングの中、

リングを去っていく北尾の後姿の寂しさと、

服部のレフェリングに一抹の不安を抱きながら、

セミの異種格闘技戦を迎えます。
日ソ異種格闘技戦

橋本真也vsアレキセイ・チューリン
橋本真也vsアレキセイ・チューリン

試合が始まると、
試合開始

リングサイドには猪木の姿も。
格闘技戦のパイオニア猪木が見守る

まさに役者が揃いました。

試合の方は、

チューリンとの対格差に苦戦しつつ進んでいきます。

組んでは身動きが取れず、
対格差に苦戦

寝ては押さえ込みでスタミナを奪われ、
寝ては強烈な押さえ込み

関節技で攻め込もうにも、

巨体に似合わぬ柔軟性で凌いでいきます。
関節技にも柔軟なディフェンス

特に2Rに放った巻込み払い腰は強烈。
巻き込み払い腰強烈

さらに万力の様な裸締めで、

締め上げていきます。
そして裸締め

何とか凌いだ破壊王は、

3R、一気に勝負に出ます。
勝負は3R

大きく両手を広げたチューリンにローキックの連打から、
ローキックから、

ザンギエフ戦(参照:これまたベストバウト・オブ・破壊王)でも効果を発揮した、

ヘッドバットの連打。
ケンカ殺法の頭突き、

間髪入れず巨体を引っこ抜くバックドロップから、
やや強引なバックドロップから、

うつ伏せになったチューリンに、

バックからスリーパーを極めてギブアップ勝ち!!
スリーパーでフィニ…ん?

ん???

これもエプロンに足出てない?

大ブーイングの中、

服部は堂々と破壊王の手を上げます。
服部ぃ!!(怒)

後年、橋本自身もインタビューにて語っていました。

「ロープに足が出てたとか何とか言ったってねぇ、もうこれ以上、相手は出来ないんだから!」

…えええええぇぇぇぇぇ~~~~~~!!

まぁ、破壊王がそう言うんならいいや(笑)。
破壊王初戦を飾る

結局この後も、

猪木の正統後継者たらんと、

橋本は格闘技戦を志願していくのですが、

第2の刺客トニー・ホーム戦で、

早くも黒星がつづき(参照:追悼“バイキング”~もう二人ともいない~)。

最終的にはその猪木が送り込んだ小川直也のデビュー戦で大敗してから、

橋本のレスラー人生は180度変わってしまいました。

結果的に真っ向からぶつかり合う破壊王のスタイルでは、

異種格闘技戦自体に無理があったのでしょう。

しかし一連の格闘技戦における名勝負の数々は決して忘れられません。

もうすぐその破壊王が天国に旅立ってから、

丸5年を迎えようとしています。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 橋本真也 アレキセイ・チューリン 異種格闘技戦 北尾光司 ウラジミール・ベルコビッチ

comment

Secret

No title

橋本さんは通常プロレスラーとして相手の技を自ら受けていたとは思いますが、異種格闘技戦では主催側から対戦相手には「橋本に全力で技をかけてほしい。」橋本さんには「対戦相手の技を体でしっかり受けてほしい。」という非常に危険な要請があったとしか考えられないような試合展開であることが記事から読めます。
試合を盛り上げるために橋本さんが会社に都合よく使われていたという感じです。今更ですが橋本さんを会社はもっと大事に扱ってほしかったです。

びっくり

初めて書き込んでこんなことになってびっくり そんな自分は今千葉在住10年目位です プロレスはやっぱり札幌時代が全盛でした… 初観戦は恵庭です 全日です エリック兄弟 カマタ デストロイヤーがいました でもゴールデンの新日本 猪木に心酔してました テロリスト藤原が誕生した日 ブロディがボイコットして高田越中が結成した日 長州Uターンの日は中島にいました 全日もたまにいきましたよ
高校出てからはパンクラス リングスにはまります(笑) Uインターは残念ながら観戦しませんでした…

これからも楽しみにしてます

>病弱者さん

「橋本に全力で技をかけてほしい。」「対戦相手の技を体でしっかり受けてほしい。」という非常に危険な要請があったとしか考えられない<ホーム戦なんかは特にそうでしたよね。
逆にK-1の選手(名前は忘れた)にタックル行って壊しちゃった事もありました。

今更ですが橋本さんを会社はもっと大事に扱ってほしかった<結構早い段階でケガしちゃいましたもんね。
でも逆に言うと、あの危うさが破壊王の魅力だったと思います。

>さとさん

今千葉在住10年目位<そうですか…もう北海道にいないんですね。

エリック兄弟 カマタ デストロイヤー<全日が最も勢いあった時代ですね。

ブロディがボイコットして高田越中が結成した日 長州Uターンの日<その二つは私も会場にいましたよ。

Uインターは残念ながら観戦しませんでした<ズルッ…

こんにちは。

今日、ある所に「アレキセイ・チューリン(?-1995)」と書いてあるのを見つけてしましました。

チューリンは1995年に亡くなったのでしょうか?

2009年にチョチョシビリが亡くなっていますが、他にもFMW組のベリチェフが2006年、コバ・クルタニーゼが2005年に亡くなっているようです。

チョチョシビリ以外は今日知りまして、ショックを受けております。

* ソースは私のmixi日記に貼ってあります。

>ROSESさん

こんにちわ。

チューリンは1995年に亡くなったのでしょうか?<これまた調べ上げましたね!!

2009年にチョチョシビリが亡くなっていますが、他にもFMW組のベリチェフが2006年、コバ・クルタニーゼが2005年に亡くなっているよう<全く知りませんでしたよ。
チョチョシビリって確か事業に成功して物凄い富豪になってたんでしたっけ? いやマフィアだったかな?…ちょっと忘れてしまいましたが。

食生活とかの部分で短命なんでしょうかね?

こんばんは。

レッドブル軍団絡みということでいかがでしょうか。^^

◆アンディエフについて書かれているのを拾ってきました。

Andiev Soslan
http://ossetians.com/eng/news.php?newsid=167&f=22

こちらはロシア語なので翻訳してくださいね。^^ (Google翻訳で露→英がいいと思います。露→日はオススメできません・・・^^;)

Сослан Андиев
http://www.peoples.ru/sport/wrestling/andiev/
Андиев, Сослан Петрович
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%90%D0%BD%D0%B4%D0%B8%D0%B5%D0%B2,_%D0%A1%D0%BE%D1%81%D0%BB%D0%B0%D0%BD_%D0%9F%D0%B5%D1%82%D1%80%D0%BE%D0%B2%D0%B8%D1%87

そしてこちらは現在のアンディエフ・・・。

Russian Classical Wrestling celebrated in a hall of fame in Vevey
http://www.youtube.com/watch?v=rt7cyO8dkKY

アンディエフの故郷はこちらです。

北オセチア共和国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%81%E3%82%A2%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

続き

◆こちらはワッハ・エブロエフです。

ロシア連邦・イングーシ共和国のチャンピオンで、現在(もしくは近年)、対外経済関係と貿易大臣だ(だった)そうです。 (スミマセン、あまりきちんと読んでいません)

イングーシ共和国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B7%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

◆ご覧になる時は翻訳して下さいね。(日本語よりも英語がオススメです)

1995年の記事です。

ВАХА ЕВЛОЕВ: БЕЗ БОРЬБЫ НЕТ ПОБЕДЫ, НО ДАЖЕ В БОРЬБЕ МОЖНО ОБОЙТИСЬ БЕЗ ЖЕРТВ
http://www.newlookmedia.ru/?p=2639

2007年の記事です。

ВАХА ЕВЛОЕВ: СПОРТ – ВИЗИТНАЯ КАРТОЧКА РОССИИ
http://esj.ru/2007/08/03/vaha_evloev_sport_vizitnaja_kartochka/

2011年の記事です。

А. Медведь “Ваха Евлоев – мой ученик”
http://www.postpredstvo.ru/2011/01/6718.html

wikipediaにもエブロエフのことが書かれています。

Список ингушей
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%A1%D0%BF%D0%B8%D1%81%D0%BE%D0%BA_%D0%B8%D0%BD%D0%B3%D1%83%D1%88%D0%B5%D0%B9

続き

◆ハシミコフの故郷はチェチェンのようです。

チェチェン共和国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

2008年のサルマン・ハシミコフの姿も見られます。
今はモスクワ在住なのでしょうか?
アンディエフとの試合の写真もありますよ~^^

Салман Хасимиков
http://wsport.free.fr/06_hassimikov_yarygin.htm

>ROSESさん

いつも本当に貴重な、私なんぞが絶対に見つける事の出来ない記事を発見下さってありがとうございます。

それにしても3人とも…いいおっさんになっていますね(笑)。
特にハシミコフ…なんか北海道の田舎に住んでるマタギのおっさんみたいでいいですね!!

アンディエフは新日参戦直前に交通事故で再起不能…っていうのは作ったアレだったんですかね?
あの長身はレッドブル軍団の中では他にいませんでしたから、もし予定通りプロデビューしてたら…妄想が止まりませんね。
現在の風貌も一人だけ迫力あるし、一番プロ向きだったんでしょうかね?

本当にありがとうございます!!

いいんですか〜⁈

異種格闘技戦

橋本選手強いな〜
と思っていたら、、、またロープじゃないですかーー
見てない?
信じられませんけど、このブログ内容の前にもそういう内容があったので、あぁ また。
今じゃ見かけません…よね⁈

>ミートさん

ブログ内容の前にもそういう内容があったので<どちらで見掛けましたか?

言葉足らずで申し訳ありません。

ロープから足が出てる件です。

レフェリーの裁き方について書かれてた記事でしたけど、、、

わからなくなってしまってます。
…>_<…

>ミートさん

言葉足らずで申し訳ありません…レフェリーの裁き方について書かれてた記事<とんでもないですよ、たくさん読んで下さってありがたい限りです。

実は書いてる自分も見つけられないというね(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード