SHINSUKE IS BACK!

久し振りに新日の話題いきましょう。

5月の福岡大会で古傷を再発した上で、

IWGP王座を真壁に明け渡してしまった中邑真輔

短い欠場を経て、

昨日の大阪大会で復帰戦を勝利で飾ったようです。

中邑復帰
 新日公式 より
第4試合 30分1本勝負
中邑真輔 復帰戦
○中邑真輔(4分41秒・ボマイェ→片エビ固め)●ダニエル・ピューダー

中邑
「ハァハァ…。ま、復帰そうそうだけど、次はIWGP行こうか? IWGP挑戦! 次はそれだ。ま、ベルトを落として、奈落の底に落ちたわけじゃない…。そういえば、中西が俺に挑戦するときに菅林社長が言ったよね。『前チャンピオンのリマッチ権』。ま、聞いたことないけど(ニヤリ)。それがアリなら、ぜひ、いま、使わせてもらおうかな? 次の挑戦者は俺! 書いといて。(略)…ま、今日はひさびさの実戦で、相手が相手といいますか、なにぶん自分らしい復帰戦というか。そこは自分的には刺激もあるし、楽しめたんで。ま、復帰して、ちんたらやるよりもね、次IWGP、挑戦させてくれよ」


ちょっと相手のこと知らなかったんですけど、

何やらMMAにも出陣している選手だったそうですね。

そして、

ここに来て初耳ですが、

「『前チャンピオンのリマッチ権』」とやらの行使。

返す刀でメイン後の王者に直談判です。

第9試合 60分1本勝負
IWGPヘビー選手権試合
○真壁刀義(20分40秒・キングコングニードロップ→体固め)●潮崎豪
※真壁選手が初防衛に成功

※コメントルームに引き上げてきた真壁を、座って待っていた中邑。

真壁「何だ、おまえ?」

中邑「何だじゃねぇよ! 次の挑戦者…俺な! 前チャンピオンとのリマッチ権。よろしくな!」

真壁「立候補か!」

※無言で控室へ消える中邑。

真壁「あ? こうでなくっちゃな新日本はよ!」


「立候補か!」って、

タカトシみたいで良いですね(笑)。

私の気持ちとしては、

真壁の防衛ロードって言うのも嫌いじゃないんですが、

何か行き詰っちゃうのが見えてくるんですよね。

中邑がリマッチに名乗り出たのは良い事だと思います。

怪我がひどくなければ…の話ですが。

奪回したけど、

G1の連戦でぶっ壊れて、

返上&長期離脱なんてご免ですから。

さぁ、この試合、

月寒のメインになるのでしょうか?

関連記事

tag : 中邑真輔 真壁刀義 IWGP

comment

Secret

お姿が見えるだけで(TT)

こんにちは。こちらでは、ご無沙汰しております。
大阪は、真輔が復帰しました。わずか1カ月かもしれないけど、5・3を記憶の彼方に送った私には、長い時間でした。まあ、新日本の扱いがひどかったですけどね?
この試合は、総合に興味ない人間には面白くないだろうね。私は、総合も好きですから、綜合ではないけど、久しぶりに真輔の総合の姿を見えた嬉しさもあります。こんなん見せられると、真輔のMMA見たくなるね。K-1の立ちは、難しいけど、グランドありの総合系なら、真輔も対応できると思うから。腕十字が大好きな私にはたまりません。
嫌いだけど、棚橋よりは、共感できるようになった真壁。アピールをしなかった後藤。自分のスタイルを貫く真輔の3人はこれから面白い。ただ、棚橋だけは乗れない・・・・変な方向へ行った気がします。まあ、どうでもいいや(笑)
ブログにも、来ていただき、挨拶遅れて申し訳ありませんでした。

>しんたんさん

こんばんわ。

真輔が復帰しました<なんだか、中邑らしい復帰戦ですね。
私も映像見るの楽しみですよ。

綜合ではないけど、久しぶりに真輔の総合の姿を見えた嬉しさもあります<常に準備してるんですね。通常の試合でも技術どんどん見せてもらいたいですよね。

棚橋よりは、共感できるようになった真壁。アピールをしなかった後藤。自分のスタイルを貫く真輔の3人はこれから面白い<これに棚橋含んで、全く違う4人だから面白いんでしょうね。
でもやっぱり中邑…抜きん出なきゃダメですよ!!

新日本のヘビー

こんにちは。
真輔復帰戦は、試合内容うんぬんではなく、リングに真輔が帰ってきたという喜びを噛み締めました。4分弱の試合は、そう思いました。
これから、真輔は、上げていくと思います。
タナは、潮崎を新日本にスカウト(笑)しておりますが、真壁、棚橋、後藤、永田、中西と真輔とそれぞれ全くスタイルが違うメンバーがそろうヘビー級(亘は違うと思うから)の中でもまれるのは潮崎にとり大きいことですね。
NOAHだと、タッグ多いから。移籍は無理でもね。あ、G1かな?
素材は言い潮崎だから、もっと、大きくしないとだね。
真輔が、帰ってきたことで、また、厚みをました新日本ですね。
あ、札幌行かれるのですか?

>しんたんさん

こんばんわ。

これから、真輔は、上げていく<古傷だけに慎重に上げていってもらいたいですけど、選手権控えてる身ですので、そんな訳にもいかないですよね。

それぞれ全くスタイルが違うメンバーがそろうヘビー級<そこが今の強みですよね。長州路線の時には考えられない位にバラエティに富んでいます。
ただ、一歩間違えれば全日四天王的な流れになっちゃいますよね。

札幌行かれるのですか?<今回見逃したらダメですよね。
ただ、仕事柄7月の祝日はなかなか休めないので、これから調整していきます。
しかしながら…アンダーカードには全く興味がわかないんですよね。それでもメインだけでも観て来ようと思っています。

そうそう、今日帰宅したら嫁曰く「真壁っていう人がイチオシ(ローカルの夕方情報番組)に出てたよ」と。
何やら回転寿司屋の客を装って札幌大会の宣伝してたそうです。
そこでもやっぱり人柄の良さが滲み出てたそうですよ(笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード