前田vs斉藤(1987)

格闘王・前田日明が最も輝いていた時代…

それはやはり反骨の剣を引っさげて闘うカムバックサーモン、UWF軍団として新日に帰ってきていた1986~87でしょうね。

そんな時代の前田に真正面からシュートを突きつけた斉藤。

さすがの前田も斉藤の前ではニヤニヤ微笑むばかり…???

そんなファンタジーあふれるセメントマッチを回顧します。

斉藤さんちのお客さま

この番組出演をキッカケに結構プロレスファンの間では噂になった二人。

さながら『アントンミツコ夫妻の再来』といったとこでした。

斉藤さん

前田さん

オープニング、ユニバーサル時代のビデオに見入る番組MCの斉藤さん。

クエストのビデオだな

見入る斉藤さん

来客者としての設定でゲスト前田登場。吉川晃司風のグラサンがいいっすね。

右はお手伝い役の室井滋。

おじゃましまっす(南州太郎風)

まわりをジロジロ見回して、「きれいな家ですね」

へぇ~

決死のアドリブ、「あれ富士山ですか?」

Mt.Fuji? リアリー??

斉藤さん「いらっしゃい」 前田「どうも」

初2ショット

序盤からサントリーオールドをロックで(笑)

早速グビリ

斉藤さん「前田さんって、なんだろ…。こう…ポリシー持って試合してません?」

前田「そうっすね。なんていうかこう…本物をね、やって行きたいんで。良くも悪くもなんていうかね、今のプロレスはもうショウ的な方法というか方向に走ってるんで。もっと本来ある動きだとか素晴らしい技だとか、体力とかスピードとか重視して…」

斉藤さん「なんか凄く格闘技とかっていうところ踏まえて、みたいな」

前田「良く御存知ですね」

斉藤さん「うんん…だって…いろいろ…見せて…いただきました(照笑い)」

前田(照笑い)

聞き入る二人

なぜかジャンピングスクワットをやらされる前田。

室井滋「それを日が暮れるまでやってらっしゃるんですか?」

前田「…そういうわけじゃないですけどね(苦笑)」

ジャンピングスクワット

室井「他には何か…変わったのあります?」

前田「変わったの…そうすね」

今度は当時、UWF道場で行なわれていたゴッチ直伝のコサックダンス披露。

コサックダンス

室井「覆面はやってらっしゃらないんですね。それって顔に自信があるから?」

斉藤さん(笑)

顔…

前田「実はこう…やってる(被ってる)んですけど」

実は取れるんですよ(笑)

斉藤さん「え!?」

前田「やってません(ニッコリ)」

室井「シャレですよ、シャレ」

えーーーーーーーーーーーー!?

前田「笑ってくれへん(笑)」

斉藤さん(照笑い)

嘘に決まってんじゃ~ん

室井「試合で叫んでるときとかも外人相手だと英語とかでしゃべったりするんですか?」

前田「英語とかで言うんだけど、ヴァ~っとしゃべっててパッとわかんなくなって『…何言っていいんかな?』とかね(笑)」

斉藤さん「本当に?(笑)」

前田「ヴァ~っとしゃべってて英語に訳そうとすんだけど、もうわかんなくて『…あほ!!』とかね」

(一同笑)

うひ

斉藤さん「そういうのって、例えば試合する相手でも試合が終ったりだとか試合する前ってのはある程度しゃべれたリするんですか? それとも絶対しゃべれなかったり。作ったりするんですか? そういうのって」

前田「別に作ったりしないけど、みんなもう思ってる気持ちをそのまま言ってるだけでね。常々そいつを見て思ってる事とかね」

斉藤さん「試合の途中にプァーっと言っっちゃうんですか?(笑)」

前田「デブとかね(笑)。寸足らずとかいろいろ言って(笑)」

斉藤さん(爆笑)

室井「なんか言われた事あります?」

前田「ありますよ。俺の場合なんて言われたかな?…俺の場合『カマキリ』だとかね。『バッタ』だとかね(※恐らくハンセンが前田に付けたアダ名“グラスホッパー”の事)」

斉藤さん「…」

斉藤さん「(自分の事)弱いと思うこともある?」

前田「ありますよ。弱いというか、痛ぇ!とかね。効いたぁ!とか」

斉藤さん「やっぱり痛いとかそういうこときっとあるんでしょうね。なんか…私もわかんないんですけど、周りに人がいるって事は見せる部分もあるから、やっぱりお客さんも入れるんだと思うんですよ。って言う事はこんな事言ったら失礼なのかも知れないけど、実際に何ていうの…痛そうに見えても本当は痛くないのかな? とかそういう芝居もあるのかななんて思ったりするんだけど、そりゃ重量級同士の試合だからやっぱり凄い痛いのかなぁ? とか…わかんないんですけど」

前田「まぁ技にしてもそういう受け身とかね、きちっきちっと受け方とかあるんですね。そういうの少しでもずれたりすると、本当に体にダメージがそのまま残ったりするんですね。効くとか効かないとか別にそういうのを通り越してね、痛いとか。…体動かなくなっちゃうんですよ。そういうのね何ていうか、『痛い』っていうジェスチャーも一部の外人レスラーにあるとは思うんですけど、日本人レスラーがやってる分にはそのままじゃないですかね」

斉藤さん「やっぱり、試合中ってのはそういうもんなんですね。それで倒れちゃって動けなくなるってのは、もうよっぽどのダメージなんですね」

前田「でもあの…格好つける奴ほどハッキリ言って弱いですね。本当に強いもん持ってる人はちょっと何ていうかね、試合前にレフェリーの注意聞いてる時の立ってる雰囲気が違いますね。立ち方って言うかね。その場にもう自然に立ってるんだけど、なんかこう凄い存在感あって」

熱く語る前田

聞き入る斉藤さん

…何だ!!??

シン、上田組

占い師か。

手相占い

最後は斉藤さんが作った(という設定の)チャンピオンベルト・ケーキ!!

豪華ケーキ

へへっ

うふっ

こんな質問してた事なんて全然覚えてませんでしたが、さすが初代麻宮サキ。何気にシュート仕掛けてました

もちろん前田も動じず、しっかりと返してました。

それにしても当時のこの二人、

お似合い




…でしょ!!
関連記事
スポンサーサイト

tag : 前田日明 斉藤由貴

comment

Secret

お初です♪
共感できるブログ^□^
僕もくだらないブログかいてますが・・・
またみにきまぁす(^^)

No title

この後、室井さんと斉藤由貴さんは会場まで応援行って控え室前まで行ったんですけどね。マシンにやられた直後で前田さんに無視されてましたね。

>銀狼さん

初めまして。

私なんざのブログと正反対に華やかじゃないですか。
またお待ちしてます。

>123daさん

その部分もUPしました。
前田は当時本当にかっこいいですよ。

それから123daさんはぐんぐんランクアップしてますね。
羨ましいですっ!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード