Uインター最強の功労者

面白い!!

実に面白い。
MMA Legend No.3(エンターブレインムック)
MMA Legend No.3

何度も読み返しています。

私の独断ですが、

桜庭インタビューは近年一番の内容です。

田村戦直前の時にも思ったんですが(参照:桜庭の本音)、

井上小鉄氏はサクのインタビュアーとして、

現時点、ナンバーワンですね。

これは藤本氏や前kamipro鬼畜編集長を超えてますね。

やんわりとアンタッチャブルな質問をぶつけて、

サクも遠回しにアンサーを出す…

この絶妙の間。

素晴らしい。

他にも田村関連の記事。

ここはやっぱりクマクマンボの右に出る者がいませんね。

近年稀に見る桜庭本だと思います。

Uインター話に関しては、

前に紹介したエンセン、安達コーチと共に、

ボーウィの姿が見られます!!

一時期よりもかなり回復されたみたいで、

読んでいて当時の画が思い浮かんでくる内容です。

ボーウィ!!
 kamipro.com より
『MMALegend』No.3 桜庭和志編の一部記事紹介!! ボーウィー・チョーワイクン編!

― ボーウィーさん、ずっとお会いしたかったです。
「ボクに会いたい人、珍しいよ。これは桜庭の話でしょう?」

― はい。桜庭選手とUインター、ボーウィーさん個人についてのお話もうかがいたいです。まず、そもそもボーウィーさんがUインターの打撃コーチになったきっかけ、日本に行くことになった経緯を教えてください。
「ハイ。Uインターにいた大江(慎)がタイ人のトレーナーを探しているということで、ボクと同じチューワッタナジムにいたゴーンが日本に行ったんですよ」

― ムエタイの名伯楽として有名だったゴーン・ユタチャイさんですね。
「そうそう。でも、ゴーンは技能ビザを取っていなかった。だから3ヵ月で一回タイに帰ってきたんです。それで次また行くはずだったけど、ゴーンはこっちで新しい仕事ができたので、ゴーンが私に『日本に行ったほうがいいよ』と言ってくれた」

― 最初はゴーンさんの代打だったんですね。そのとき、ボーウィーさんは短期的に行くつもりだったのか、それともずっと日本にいるつもりだったんですか?
「やっぱり観光ビザだと3ヵ月しかいられないので、そんなには。でも、ボクが教えているのを見た宮戸(優光)サンが『オーケイ。次は1年間ビザを取って戻ってきてくれ』って言った。それで最初は3ヵ月、次に6ヵ月、その次に1年ずつのビザを取りましたね」

― じゃあ、最初は「3ヵ月くらい日本に行ってくるか」ぐらいの感覚だったんですか。
「そうですね。観光ビザで、次もまた観光ビザはもうダメ。怪しまれた(笑)。それで、技能ビザを申請しました。最初はそんなに行くつもりはなかったけどね」

― 大江さんはキックの選手ですけど、Uインター自体はプロレスの団体なわけじゃないですか。ずっとムエタイをやってこられたボーウィーさんにしてみれば、違和感みたいなものはなかったですか?
「いえ、最初は大江の個人的なコーチという話だったから。そうしたら、だんだんみんなが『俺も教えてくれ』ということになって(笑)。金原(弘光)とか高田(延彦)サン、高山(善廣)、カッキー(垣原賢人)、おっきい人ばっかり相手にミットを持った。高田サンとはマンツーマンで一日2~3時間くらい練習をやってましたね」


総合格闘技がジャンルとして確立される遙か以前から、

打撃やレスリングの専門家を道場に迎えて、

貪欲に強さ取り組んでいった団体。

やっぱりUWFインターナショナルは、

最強で、

最高でした。

関連記事

tag : ボーウィー・チョーワイクン

comment

Secret

No title

MMA Legend シリーズはこれまでにヒョードル・シウバと出てますけど、自分もやっぱ桜庭和志特集が一番面白く感じてしまいますね。

やっぱ驚くのは桜庭選手を特集することがそのままゼロ年代の格闘技のドラマそのものになってしまうってことで、ほんとにこれ一冊が大河ドラマになってしまってるってのが今更ながら桜庭選手の運命自体が、濃くないように見せながら濃いことがしんみりします。真剣勝負を標榜したプロレスが、ガチに移行していくという時代の、その光と闇がここに刻印されてるとすら思いましたもん(笑)

さて、ゼロ年代の格闘技のドラマの最良の部分が桜庭選手というコインの表とするなら、これからMMA Legend シリーズで発売されるだろうミルコ特集は、おそらくは桜庭選手の辿った道の対応関係、コインの裏であるのは間違いなく、桜庭特集が比較的後味良いのに対してゼロ年代の凶悪な部分を背負っていたミルコ選手の特集は、あの時代の悪夢的な感じが特集するなら確実に付着すると思われ、まだ出版されてないのに紫レガさんに桜庭時代の裏、としておすすめです。

トム・バートンさんが亡くなったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

>8798さん

MMA Legend シリーズ…やっぱ桜庭和志特集が一番面白く<本当、珠玉の内容だったと思いますよ。

桜庭選手を特集することがそのままゼロ年代の格闘技のドラマそのもの<まさしくその通りでしたね。
これを読むことによって、痛感しましたよ。

ゼロ年代の格闘技のドラマの最良の部分が桜庭選手というコインの表とするなら…ミルコ特集は、おそらくは桜庭選手の辿った道の対応関係、コインの裏<桜庭の後にDSEがメインストーリーに据えたのが、“ミルコ最強への道”でしたもんね。
二人に共通してたのは、やはり筋書き通りには事が進まなかったでしょうか。それが結果的にはPRIDEに厚みを作ったんでしょうね。

>ROSESさん

トム・バートンさんが亡くなったそうです<本当ですか!?

いやぁ今年は本当に訃報が多いですね。

No title

MMAレジェンド読みました!
確かに、今まで語り尽くされたようで実はまだ・・・
という感があったものが、この本で大分解消された
と思います。読みごたえのある一冊!
マネージャーさんが秋山戦について口を開くのは
初めてで、驚きました。
ボーウィーさんの話も興味深かったです。

>YYさん

MMAレジェンド読みました<私、一通り3回は読んでます(笑)

今まで語り尽くされたようで実はまだ・・・という感<まさにその通りですね。知れば知る程、Uインターは素晴らしかったです。

マネージャーさんが秋山戦について口を開く<これ本人にはタブーなんでしょうね。
でも…でもいつかですね!! やる日が来る様な気がしてなりませんよ!!

ボーウィー<元気そうでしたね。
ゴーンさんはもう天国に行っちゃってるし…みんな元気でいることが、我々ファンの一番の励みですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード