ワンツースリーの世界に還ってきた猪木

以前お伝えした猪木のWWE殿堂入り(参照:日米“象徴”会談か?)。

そのセレモニーがレッスルマニア前日に行われたようです。

猪木inWWE
 kamipro.com より
猪木、WWE殿堂入りセレモニーで「ワン、ツー、スリー、ダーッ!」

“不沈艦”スタン・ハンセンが紹介し、WWEディーバのケリー・ケリーにエスコートされて登場したアントニオ猪木は「元気ですかッ!?」と絶叫すると「今年はちょうどデビュー50周年。そこに今回の殿堂入りという、大変名誉な賞をいただくことになり、これは関係者の皆さん、またファンの皆さんのお力添えと、心より感謝しております」と挨拶した。

またWWEに対しても、かねてから言い続けている南極プロレスを提案し「ペンギンの着ぐるみ」を着ての試合を提案した。そして、最後には「国民的パフォーマンスというか、私が『いち、に、さん』『ワン、ツー、スリー』と言ったら、一緒に、最後にダーッと手を挙げていただけると元気になります。いくぞーっ! ワン、ツー、スリー ダーッ!! Thank you very much!」とおなじみのダーッ!!で締めくくった。


なぜか、WWEに自らの夢である“南極でのプロレス”を提案し、

しかもスーパースターたちにペンギンの着ぐるみまで着せようというアントン節(笑)

当然、最後はダーッで締め括った訳ですが、

いつもの「いち、に、さん」ではなく、

「ワン、ツー、スリー」だったんですね。

この響き…

妙にしっくり行くというか…

そうですよね。

かつての「ダーッ」は、
ダー!!

「ワン、ツー、スリー」で勝利した後に自然に飛び出すものだったんですから。

ですから今でも私、

「いち、に、さん」での「ダーッ」は、

国会議員の猪木のイメージでして。
「ダーーーー!!」

みんなでご唱和するのもいいんですが、

腹の底から自然に飛び出してくる「ダーッ」にこそ、

元気を与えられたんですよね。

今回のWWEバージョンの「ダーッ」を聞いて、

なぜだかわかりませんが、

猪木祭やPRIDE…IGFもそうかも知れませんが、

プロレスの外に行ってしまった猪木が、

一瞬だけ、プロレスに戻ってきたかのような錯覚を覚えた、

春の陽射しの中の休日でした。
ダーーーーー!!

関連記事

tag : アントニオ猪木 WWE

comment

Secret

No title

こんばんは!南極興行のこと言ってたんですね!北朝鮮興行も実現してきた猪木ですし、ちょっと期待してるんですけどね笑。

IGFもプロレスの外と言うのは、深いですね。わかるような気もします。

アイアン・シーク戦はわからんです。誰かお願いします!

No title

猪木とアイアン・シーク戦は確か79年?にMSGで行われた試合だと思います。

そのときはアイアン・シークという名前じゃなくてハッサン・アラブ・・・って名前だったと思い・・・ます(^^;

自信がなくてすいません!!



No title

現地時間の1979年12月17日MSGでやってますね。
NWFのタイトル戦です。
当時はグレート・ハッサン・アラブと名乗ってました。
猪木さん以外に坂口、藤波、長州の新日トップが全員出てましたね。
元日のワールドプロレスリング特番で放送されました。
その日はWWFのタイトル戦でバックランドとボビー・ダンカンとかあって、
NWA世界ヘビー級選手権でハーリー・レイスにローデスが挑戦した試合もありました。
新間さんが全日本を挑発するためにNWAの試合もテレ朝で流してしまって、馬場さんが怒ってクレームをつけたイベントです。古館さんの実況でした。

>H.Tさん

こんばんわ。

IGFもプロレスの外<これ、あくまでも私の感覚です。
プロレスってやっぱりつながっていくものだと思うんです。一回一回の大会が別個のものなら、それは格闘イベントと一緒だと思います。
「IGFもつながってる!」という反論もあるかと思いますが、あくまでも私見です。

>流星仮面二世さん

猪木とアイアン・シーク戦<ありがとうございます。
おかげで検索が進み、すぐに見つけることが出来ました。

>123daさん

詳しく教えて下さり、ありがとうございます。

本来ならアーニー・ラッドとやる予定だったそうですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード