宮戸語録 vol.12~最強の品格~

バンクーバー冬季五輪が開幕し、

大会4日目にして、スピードスケート男子500mにおいて、

日本人最初のメダルが2つももたらされました。

しかし今回の五輪において、

最も印象に残っているのはこちらの話題でしょう。

 スポーツナビ より
国母、笑顔戻っても…収まらぬ服装問題余波


この件に関しては、

私が思うには単に“騒ぎすぎだろ”と。

“世間の風潮やらを気にしすぎだろ”と。

服装がどうので、開会式やら何やらに出させないって、

中学生の卒業式じゃないんだから。

あと普通にコーチやら何やらも一緒に行動してたんですから、

そこで注意してなかった以上はみんな同罪ですよ。

いや罪なんてどこにもないんですけどね。

…服装とかをしっかりさせたいのなら、

この人くらいに徹底しなきゃダメなんですよ。
宮戸優光?

国母選手の件のみならず、

朝青龍なんかの問題も含めて、

とにかく日本人は“品格”という言葉が大好きで、

その“品格”の象徴が、“服装”なんですね。

プロレスラーの正装といえば、

90年代を象徴するラグトップのシャツと、

ZUBAS(スペル違ったかな?)のバギーパンツ

…な訳ありませんね。

やはり正装は正装。

そこにこだわったのは、やはり“Uインターの頭脳”たる所以です。
宮戸会見

 U.W.F.最強の真実 より

宮戸
選手にも戦場、仕事場に向かうという意識を持ってほしかったから、外国人選手も含めて全員にスーツでの会場入りを義務づけたりもした。日本側の選手たちはうるさがって実行している者は少なかったが、サラリーマンだって毎日、スーツを着用して職場に行く。自分の仕事に対して、仕事に行くんだという意識がそこで違ってくる。自分自身にまず仕切り直しをして、自分の仕事、プロレスをいかに大切に思うかということを自覚してほしかった。


実際に当時のビデオなんかを見ると、

高田やゲーリーが会場入りする際、

スーツやジャケットを着用してるんですよね。
高田会場入り1

高田会場入り2

これってやっぱり宮戸自身が、

少年時代に追い続けた猪木の姿が頭にあるのだと思います。
キャデラックから、

猪木会場入り

その徹底ぶりは若手にまで及んでいました。

 紙のプロレスRADICAL No.42
蘇れ! UWFインター伝説Ⅱ 高山善廣×宮戸優光×金原弘光

金原「当時は『選手は全員スーツで会場入りしなさい』って宮戸さんに言われたんですよ(笑)」

高山「そうだ、そうだ!」

金原「こないだ、『PRIDE』で宮戸さんが高山君のセコンドにつくときも、ちゃんとスーツで来てましたもんね! 『ちゃんとやってるんだ』って感動しましたよ(笑)。オレなんか最近は毛玉のついた汚いジャージで会場入りしてるのに(笑)」

宮戸「外人選手も全員スーツで会場入りさせてましたからね。自分の仕事を大事にする意識を持ってもらいたかったんですよ」

金原「『巨人軍の選手はどこに移動するにもスーツを着てるだろう』って言ってましたよね(笑)」

宮戸「そしたら安生さんは『巨人軍のマネしてもしょうがないだろう!』って(笑)。だからボクは言ってやりましたよ! 『巨人軍ごときがスーツを着てるのに、何でオレ達が汚いカッコを出来るんだ! あっちがスーツなら、こっちはタキシードを着て会場入りしてもいいぐらいだよ!』って…そんな論争もしたことありますけどね」


さすがに全員がタキシードで会場入りしたら、

上方演芸大賞の授賞式とかと間違われそうですよね。

とにかく先頭に立つ人間が、

態度で示さなきゃ、若い人間は好き勝手やるだけなんですよね。

どの世界もそりゃ一緒です。

ただ国母選手もプロである以上は、

服装以上に結果を出すことで、

周りを見返すカッコ良さを見せてもらいたいです。

正直、応援してますよ。

高田会場入り3

関連記事
スポンサーサイト

tag : 宮戸優光 アントニオ猪木 高田延彦 国母和宏 バンクーバー五輪

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国母 和宏 ブログ

冬季五輪選手の、国母和宏さんはそんなにおかしいのでしょうか? 冬季五輪選手の、国母和宏さんはそんなにおかしいのでしょうか?ネットで見てみると、国母和宏さんの批判的な内容が多いのですが、これといって、どこにでもいるような普通の若者のような気がするんですが?...

comment

Secret

国母…全く同感です。
まるで犯罪者扱い。どうかしてる。クレーマーに左右されすぎ。煽られすぎ。阿呆みたい。


スーツといえばリックフレアーを思い出しますね…。

No title

こんばんわ。実は私、道央の片田舎にある某格闘技道場に在籍しているアマチュア五流格闘家でもあるんですが(しかも1回目のヒクソン戦の時の高田の年齢35歳に入会)先日zepp札幌での修斗大会に所属選手にセコンドを依頼され関係者として裏口から入場したのですが、出場選手の方は全員私服で会場入りしてました。その中にはセコンドとして来ていた、大晦日KIDに勝った金原(not弘光)もいたんですよ。16人選手がいたのですが174cmの私より背が高いのが1人しかいなくて耳がわいている以外は皆さん全く普通の人と区別がつきませんでした。肉体の厚みで一目でわかるプロレスラーは、やはり凄いですよ。

>BKっち

国母…全く同感です<本当にこの騒ぎ方こそが、日本人の悪い部分なのでしょうね。

スーツといえばリックフレアーを思い出します<NWA王者こそ、品格を重んじられました。

>aliveさん

こんばんわ。

うわぁ、現役の格闘家なんですね!!

道央の片田舎…もしかしてお近くかも!?

大晦日KIDに勝った金原(not弘光)…耳がわいている以外は皆さん全く普通の人と区別がつきません<私服だとわからない選手がほとんどでしょうね。

肉体の厚みで一目でわかるプロレスラーは、やはり凄い<しかしながらオーラを持った選手は少なくなりましたよね。

練習頑張って下さい!!

No title

振り子の原理でしたっけ?
マイナスが大きいほど高く飛べるって解釈してるんですが。

※国母がメダルとっていた場合のコメント。
『ご迷惑おかけしたので、せめてメダルぐらい取れないと正直もう日本に帰れないって思ってました。皆さん、まだ未熟者の馬鹿ですのでこれからもご指導お願いします。』

なんて言葉出せたら爆発的にファン増えるでしょうね。
それも服装問題があったからこそ出来る芸当。

レスラーもね、もう充分マイナス抱えてる人がたくさん居るので準備は出来てるんですけどね、なかなか飛ぼうとしないみたいで。

>ケツさん

振り子の原理<確かにそれはありますよね。
日本人気質というか、今回の件も国母選手のいろいろなエピソードが出て来た途端に「実は心優しき…」みたいな。

一番かっこいいのはメダル獲って「いつも通りのボクですけど、何か?」見たいな態度で帰ってきたら二代目朝青龍なってましたね(笑)

もう充分マイナス抱えてる人がたくさん居る…なかなか飛ぼうとしない<リスクが怖いんでしょうね。

先頭に立つ人間が…。
おっしゃる通りだと思います!


言われてみれば猪木さん、いろんな過去画像でもスーツ、ジャケット着用していましたね。

>ミートくん

猪木さん、いろんな過去画像でもスーツ、ジャケット着用<猪木の場合はその時代時代の流行の形のスーツ着てるんですよね。
とにかくカッコいいんです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード