はみだし者同士

新日2.14両国大会、

IWGPヘビー級選手権試合まで、

あと4日となりました。

唐突な対戦表明から、

カード決定、

そして、柔道着を着ての坂口との特訓(参照:新日公式 より 坂口征二直伝の“荒鷲掴み”が炸裂! IWGP戦に向けて中西学が柔道特訓を敢行!)…と、
荒鷲掴み特訓

まぁいつもの中西といえば中西なんですが、

この流れに乗って「見たい!!」という人は何人いるんでしょうか?

調印式
 新日公式 より
「荒鷲掴みの奥にある“中西御殿”は凄いものや!」(中西)/IWGP戦調印式後の中邑、中西の囲みコメント!

中西
「荒鷲掴みからの次の変化やね。ゲートはしっかりと坂口相談役に造ってもらったから。その奥にある“中西御殿”ちゅうのは凄いものやで!」


奇想天外なコメントに定評のある中西ですが、

今回の“荒鷲掴み→中西御殿”は際立っていますね。

対する王者のコメントは、

中邑
「中西御殿? フッ!…中西選手の客間に行った事は無いけど、そのやる気というか。このタイミングで明らかに付け焼刃だろうとは思うけど、それなりの自信と、1発くらいじゃ倒れないという、IWGP戦に懸ける気持ちは感じます。自分もタダでかわされたりとかは。(荒鷲掴みは)攻めだと言ってましたけど、ようは受けないって事でしょ。そこは意地でもブチ当てていきます」

「言葉で求めると、中西学はとりとめのない着地点を探すような言葉になるから。自分としても、あれだけの体を持っている人間ですから、なめてないし。フィジカルの強さは日本一なのか、世界一なのか、そういうものを持っている。多くの選手、関係者がバカにしたりするけど、(中西が)怒らないと思ってるからでしょうと。本気で怒った中西学がリングの前に立っているのは、自分としても臨める。そこら辺は未知数ですけど、そんな試合ができるんじゃないかと。文字通り、中西学に言葉がいらないように、自分自身もそうだと思います」

「(中西の)ダメージの効きを見誤らないようにしないとな、と。本当に規格外なので、バーンと当てて、そのダメージがガッと来るのが人よりちょっと遅かったり、早かったりというのはあるので。実際問題、荒鷲掴みは見た事も無いので。まぁ、大体の予想はつくので、面食らわないようにするくらいですかね。あとは正々堂々、真っ向勝負で、膝を叩き込めばいいんじゃないかと。形は違えど“はみ出している”のは一緒ですし、未だストロングスタイルと言っているのは、自分もしくは中西学と。それも形は違いますけどね、それがぶつかるとなれば面白いかなと」

「分かった風な口をきくなと言われますけど、一個人として客観的に見て、色々なものに流されて、色々な人間に足を引っ張られてきて、結局本当の中西学はなんなんだと。本当の中西学って、東京ドームの試合の後、いきなりいきり立って(リングに)上がってきたのが、そうなんだろうなと。荒鷲掴みもいいですけど、体1つで上がってくれば。誰かのとか、何かのためとかじゃなく、ただひたすらベルトが欲しい、中邑真輔が嫌いでも何でもいい。その思いだけで、あとは体1つで上がってくれば、自分もスカすと言われてますけど、自分としてはスカしたつもりは一度も無いので。真っ向勝負でも何でも受けて立とうじゃねぇかと」


「色々なものに流されて、色々な人間に足を引っ張られてきて、結局本当の中西学はなんなんだと」…、

思えば中西のプロレス人生は、中邑が言う通り文字通り“流されてきた”道でした。

デビュー当時の髪型、

野人ダンス、

ゴッチ道場での数時間の会話で身につけたジャーマン、

K-1挑戦と惨敗、

そして今。

私が思うに、

中西が自分の持ってるものに自信を持って試合したのって、

ボブ・サップ戦くらいなんですよね。

ああいう感じで、

リミッターの外れた中西を、

中邑は待っているのでしょうね。

私ですが、

今回のPPVは視聴しません。

一月後のワープロ完全版まで我慢します。

中西らしさ全開の挑戦表明

関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 中西学 IWGP

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

こんばんわ。

後ろから”ボマイェ”を食らったら、どうするのでしょう?<そこは盲点でしたね(笑)。

あと5日なのに、全然、盛り上がらないIWGP<このまま普通に最終戦迎えて、もしも中西奪取なんて事態になったら…これまでの流れが“無”になりますね。
でも会場に集まるファンの願望はそういった形でのサプライズなのでしょうか?

試合も、力でやるのはいいけど、バタバタしている<それが中西っちゃ中西なんでしょうけどね(笑)。彼は唯一“リアル東三四郎”になれた逸材だけに、今の姿が勿体ないですよね。

昨年、新日本を見るのをやめようと思ったけど<○○○○さんが!?…実際私も一度離れた身ですけど、中邑がIWGP手放したら、また見なくなるんでしょうね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード