極寒の他流試合(1992)

寒い!!

連日、北海道は極寒の気温が続いております。

仕事中、車の移動中に信号待ちしてる間で水温計が下のメモリ切ってますから…

このままじゃ死ぬって!! リアル寝ちゃダメだって!!

この寒さの中、今年も雪祭りが開幕しました。

雪祭りといえば…かつては新日の2連戦が恒例でした(参照:冬の風物詩は何処へ…)。
雪祭り

暖房設備のない体育館が、

常に熱気で満たされていた冬の風物詩。

幾多の名勝負の中で、

忘れられない一戦があります。

それは大通りに故・破壊王の雪像が作られた年でした。
破壊王の雪像も!

メイン終了後に、

番外戦=非公式試合として、

テーマ曲もかからない中で入場してきた二人。
彰俊入場

小原出陣

1992年2.8 札幌中島体育センター

プロレス対空手 異種格闘技戦

プロレスvs空手

小原道由vs斎藤彰俊
小原道由vs斉藤彰俊

会場にいた方なら覚えているでしょう、

あの興奮を。

些細なトラブルから始まった誠心会館の新日殴り込み。

空手一本で、コバクニをKOした彰俊に、

新日若手の筆頭格、小原が挑みました。

試合は奇襲のタックルから始まります。
奇襲のタックルから、

マウントを奪うと、

小原はためらわずに頭突きの連打。
頭突きの乱れ打ち

何とか抜け出した彰俊は、

正拳一突きから、
体を入れ替えて正拳

強烈な膝。
コーナーでの膝

小原も負けていない。

気迫のエルボーで反撃。
エルボーで返す

しかし容赦ない彰俊は顔面に膝!!
顔面に飛び膝

食らいながらも、

寝技に持ち込んだ小原の腕ひしぎ逆十字はニアロープ。
腕十字はニアロープ

さらに膝蹴りをキャッチして、

豪快なキャプチュード。
膝蹴りを捕えてキャプチュード

そのままアキレス腱固めに移行するが、

これもニアロープ。
アキレス腱もニアロープ

勢いのついた小原は、

国士舘大柔道部仕込みの大外刈りからの、
大外刈り

送り襟締めの連続技。
送り襟締め

抜け出た彰俊は、

無防備な小原の後頭部に肘打ち。

危険な攻めです。
後頭部へ肘

小原は必死に腕を極めにいきますが、

これまたロープへ。
腕絡みもニアロープ

離れ際、片膝立ちの小原の後頭部に、

回し蹴りが炸裂!!
上段回し蹴り炸裂

場外に戦場が移るや、

両軍セコンド総出のツバ競り合い。
場外乱闘は両軍入り乱れ

揉み合いの中で(?)、額を割った小原。
小原流血

リングに上がるや、

防戦一方です。
打つ!!

何とか気合で起き上がる小原ですが、
それでも起き上がる小原

最後は右からの上段回し蹴りの前に、
トドメの一撃

完全KO…
小原動けず…、

これ以上ない完勝の中、
彰俊KO勝ち

再び乱闘が始まります。
最後も乱闘

結果的に、この新日vs誠心会館の抗争から、

平成維震軍が生まれました。

それにしてもこの抗争、

昨年末に行われた『DREAMvs戦極』の対抗戦(参照:僭越ながら…カッコ悪いよ!!)の、

比じゃない緊張感が溢れ出ていました。

当時、会場で小原に声援を送った方は、

この記事を読んで下さっているでしょうか?

関連記事

tag : 小原道由 齋藤彰俊 誠心会館 異種格闘技戦 雪祭り

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新日本プロレスvs誠心会館 その?【抗争勃発】

    新日本プロレスの軍団抗争はいくつか挙げられますが、新日本プロレスvs空手の誠心会館の抗争なんか特に印象に残っています。写真で...

comment

Secret

耐えられません

今晩は。深夜の訪問。そろそろ寝ないといけないけど、やることがたくさんあり、現在まで起きてます。さすがに限界です。
「雪祭り」ニュースで見ました。気温がマイナス9度と言う。
私の地方は、今日は6度でしたけど、寒い、寒い・・・
雪は、降りませんけどね。
娘が、動物たちの雪像を見て「行きたい」と駄々をこねました。
行けないのよ。そんな簡単に(笑)

それでは、お休みなさい。

北海道はとんでもない気温のようですが、事故や怪我に気をつけてくださいm(__)m

さて、私、アンチ長州に加えて、アンチ辻でもあったのですか、

新日本プロレスに乗り込んだ誠心会館・齋藤彰俊に対して辻アナが実況で「プロレス舐めくさり野郎!」と言ったのは、今でも忘れられません。

「それはお前のことだろ、辻。」と、そう思いましたね。

格闘三兄弟の時の彰俊を応援してましたから、

ブロレスの外部から来たみたいな実況は、ちょっと違うだろ、と。

辻よしなりだけは、絶対に許しません(笑)

読みました。

あの試合は興奮しましたよ。小原にものっ凄く感情移入しちゃって泣きそうになったのを覚えてます。

雪祭り決戦は毎年オラの誕生日プレゼントでした…いい日に生まれたと我ながら思ったもんですよ。


しかし寒い…

No title

こんばんは!めちゃくちゃ懐かしいです!ホント凄い緊張感でしたよね。欲を言えば、これを今のプロレスに欲しいですね。これ生観戦ですか。羨ましすぎです。

自分のずっと前にアップした記事TBさせてください。よろしくお願いいたします。

>しんたんさん

こんばんわ。

深夜の訪問<お忙しい中、ありがとうございます。

気温がマイナス9度<それも“最高気温”ですからね。本当に凍え死ぬかと思いました。

娘が、動物たちの雪像を見て「行きたい」と<動物に関しては雪像よりも、旭山動物園がオススメです。
ペンギンの行進、狼の遠吠え、アザラシの遊泳…本当、お子さんには夢の世界ですよ。

>TKさん

お気遣いありがとうございます。

アンチ長州に加えて、アンチ辻<そうでしたか!!
プロレスファン内の反辻派は多数なんですなぁ。

格闘三兄弟の時の彰俊を応援してました<WING旗揚げ時ですね。
FMWもそうですが、インディーのデスマッチ団体って初めは格闘技路線を敷いてましたね。大日本のナガサキVT路線も(笑)。

辻アナに関しては、私それほど嫌いじゃないです。
初めは嫌でしたが、蝶野との絡みやなんかは素直に面白かったですよ。

>BKっち

あの試合は興奮しましたよ<あの日の会場にいた方はみんな憶えてるはずですね。
あの興奮は中島屈指だったと思います。
他には橋本と天龍が初めて肌を合わせた6人タッグや、WAR初上陸の反選手会同盟と天龍の初対決も会場が割れんばかりでした。

雪祭り決戦は毎年オラの誕生日プレゼント<そうでしたそうでした。
37歳!!…おめでとうございます(しらじらしく 笑)

しかし寒い…<やっと今日はプラス気温でしたね。
奥様もジュニアも共々、風邪やインフルエンザにお気をつけ下さい。

>H.Tさん

こんばんわ。

ホント凄い緊張感でした…これを今のプロレスに欲しい<決して不可能ではないですよね。
でも今は当事者自体が、潰し合いを否定してますからね。お互いを思いやる対抗戦なんてやらない方がマシですよ。

自分のずっと前にアップした記事TBさせてください<いつもありがとうございます。
そういえば、これ本当はコバクニだったんですね。
結果的に札幌は小原出陣で正解だったと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

いつも楽しく拝読させて頂いております。

いました いました 自分も会場にいました!!

>○○○○○さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

会場にいらっしゃったんですね。
土曜の昼下がりに似つかわしくない試合<まだ夕方に放送してた時代ですよね、確か。

92年は越中の復活や高田の北尾撃破等あり<越中がスキンヘッドで現れたのも札幌でしたね。
しかしながら夏は見にいけなかったんですよ。ムタ、TNT組見たかったんですけど。

この1年後の中島<橋本の弾けっぷりは凄かったですよね。そのままWARの巡業に付いて行って翌年の2月まで天龍を追い続けましたもんね。
ああいう大河ドラマ的なものが見たいんですけどね。

>闘魂柔道家さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

会場にいらっしゃったんですね!!
異様な盛り上がりでしたよね。

プロレスはルールのある喧嘩

こんばんは。この試合2度目のコメントです。
本日、喧嘩マッチ烈伝なるdvdを購入しましてこの試合も収録されていました。今見ても当時の中島に時間が戻ります。1回目の小林対斎藤も裏ビデオのような画像でダイジェストですが入っていて、これ買った方がいいかもしれませんよ。流智美氏曰く小原のベストマッチとのことでした。

>aliveさん

こんばんわ。

喧嘩マッチ烈伝なるdvd<ああ、気になってたDVDですよ。
あれには猪木vs上田の釘板デスマッチ入ってるんですよね? あの試合のテープは局にもなかったはずですから、貴重試合の宝庫ですね。

今見ても当時の中島に時間が戻ります<いやぁそういうのって良いですよね。
あの時の自分に帰れる…プロレスの映像ってそういう魔術がありますね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード