ギブアップ寸前

冬の厳しさ。

北国に住む者の宿命ではあるのですが…

今日は朝6:30から7:00まで自宅前の除雪。

出社すると渋滞に巻き込まれて、

9:00から12:30まで除雪!!

午後から約30分の除雪。

帰宅後、家の前を1時間除雪。

もうね…ギブアップ寸前でしたよ。

フラッフラです。

子レガを抱っこする気力もなくなりかけてました。

でも、

今月は書きたいことが山ほどあります。

大晦日の青木と、かつての猪木の“骨折り”論。

1.4ドームの丸藤の試合での技トーーク

トニー・ホームのこと。

柴田親子のこと。

これら今月中に記事にしないと意味ないでしょう。

こんなところで死んでられねぇよ!!

明日、また生きるぞ!!

宜しければ、しばしお待ち下さい。


関連記事
スポンサーサイト

tag :

comment

Secret

お疲れ様です

こんにちは。少し、ご無沙汰です。
ミラノの突然の引退が決まりましたね。目の治療で休んでいたけど、かなり、深刻だったそうで、ミラノ引退は、寂しいですけど、第2の人生もミラノなら、大丈夫でしょう。

雪ですか。先週の寒くて、いろいろな場所で雪が降ったときも、わが地方が、雨ひとつ降らずに、棚橋さんが、輝いていました。
雪国の人が大変なことは、解りますけど、なにか、列島の中で、取り残されているように、毎年、思います。
レガさん、ごめんなさいね。
おつかれさまでした。

雪かき

私も今シーズンは雪かきを二回しました。学生時代はゴンロク豪雪の富山で下宿の屋根に上りスコップでサイコロ状にした雪塊を八号線にばんばん投げっぱなししたものです。
さて昨日ようやく高山・中邑見ました。
久しぶりに、本当に久しぶりにプロレスを見ました。ネットでは毎日見ていましたがね。
それでまず第一印象は「絵ヅラがよい」。
嫌味ではありません。素直にプロレス美ってやつを思い出させてくれました。
中邑は分厚くなってプロレスラーになりましたねぇ。あとブレーンバスターをしない、させない、好みの単純な攻防でした。
しょうがないので次回中西が中邑に負けてもグチはこぼさないことにしますょ。

>しんたんさん

こんばんわ。

ミラノの突然の引退<私自身、思い入れというのがない選手なんですが、独自のスタイルを貫いた選手でしたよね。
怪我や病でリングから身を引くというのは辛いものがあるでしょうね。

先週の寒くて、いろいろな場所で雪が降ったときも、わが地方が、雨ひとつ降らず…<うらやましい…単純に(笑)

雪国の人が大変なことは、解りますけど、なにか、列島の中で、取り残されているよう<まさしくそうですよ。日曜なんかは陸の孤島でしたよ(笑)

>アスク御大

今シーズンは雪かきを二回<私は×10回以上やってます(涙)
一つわかったのは「俺ももう若くねえな」と。
かつては「この子、今日しかチャンスはない!!」と思ったら、最低3回は頑張りましたよ。いまは無理です…1回済んだら、もうダメでしょう。

高山・中邑…久しぶりに、本当に久しぶりにプロレスを見ました<そうでしたか。

第一印象は「絵ヅラがよい」<二人とも見た目ではっきりわかりますよね。どういう位置にいるのかって。
あと中邑のプロレスは前述した下ネタに例えるなら、「何度もイカせるプロレス」じゃないですよね。完全に「自分のイキたいタイミングでイクから、その代わり絶頂を教えてやるから」って感じです。それこそ新日なんですよね。

…って、こんな例えしたら女性の方の総スカン食いますね(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

ありがとうございます。
嫌うなんてとんでもない!!

そう、プロレスとはエロいものなんですよ(笑)
かつて猪木も言っていました。
「プロレスはSEXみたいなもので…」って。

私闘というか、二人にしかわからない試合って必ずありますよ。
それを見る私達が「何とかわかってやろう」というか、「この試合の意味、わかりたい」と思うのが、理想ですね。
そしてそれを理解した時に名勝負という言葉が出てくるんじゃないでしょうか?

「この試合、意味わかんないから嫌い」って、選手もそっちに媚びて、わかりやすい事ばっかりやってたらプロレスじゃなくて旅芝居ですよ。
もちろん旅芝居を否定するんじゃなくて、旅芝居は役者さんがやるから素晴らしい訳で、プロレスラーがやってたら、それは寸劇に過ぎません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

こんばんわ。

真輔自身は、「いい試合」と言うこだわりはない<「いい試合」っていうのは、さほど記憶に残んないんですよね。
むしろ“ひどかった試合”や“最悪の試合”っていつまでも胸にこびりつきます。

ドームの潮崎戦<あれは棚橋の器量が凄かったんですけど、結局は“ノアの試合”です。
棚橋は新日の中にあって非常に“全日、ノア的”な存在ですね。でもそれがダメという事じゃなくて、だからこそあの団体の中で光るという事です。
これが中邑も後藤も真壁も一緒のスタイルだったら、誰も光ることないでしょう。

この二人は、今まで10度対戦している<藤波vs長州なんかは1年間に4回も5回もシングルマッチやってましたから、地方のプロモーターが要請するようなカードになったら素晴らしい事です。

まじめな話ですけど、新日本は、幸せです<本当にそう思います。

棚橋&真輔の2本柱…その二人に負けじと、永田&中西が、頑張る<切磋琢磨があるから新日本だと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード