楽しい酒飲むんだって!! 飲み明かそうという事だよ

今やそれぞれの道を歩んでる5人が若き日に語り合った…ま、単なる雑談なんですけど、見つかりましたのでUPしてみます。


プロレスがバラエティ化した87年の末にワールドプロレスリング内で放送された若手座談会。

ヤングライオン座談会

この当時、正規軍、長州軍、UWF軍に分かれて抗争を繰り広げてた最中。

しかも長州顔面蹴撃事件の直後…

にもかかわらず軍団の垣根を越えて…

とはいえ何ともゆるい内容のものでしたが、今見ても思わずニヤリとしてしまう内容です。

メンバーは、

ムトちゃん

えっちゅう

ヒロさん

リバプールの風

山ちゃん

プラス ケロちゃんの6人。

前半はヒロ、後半は越中が全員にいじられてそれぞれが楽しそうです。

越中「あんまりつまんない事言うなよ」

ケロ「じゃあ、今年を振り返って。越中さん」

越中「え~~~…(物音がして後ろを振り向くシロー)」

(一同笑)

ケロ「間が悪い、間が」

間が悪いって


越中「武藤君というのはね、たまにだけどキツイ事言うからねぇ。たまにしゃべるんだけど、そのしゃべるのがキツイんだ。タイヤでね、みんな押してくれてた訳。柔軟で。したらみんながちょっかい出してきたの、ヴァーっと。…(すると武藤が)『越中さんも嫌われてますね』って」

(一同笑)


ケロ「なんでリング上でいがみ合ってんのに(ヒロ)斎藤さんがいるの? なにそれ」

ヒロ「俺だけ(長州軍)なんだよねぇ。知らないんだよ。山ちゃん(山崎)がいけないの。熊本でさぁ、(越中&山崎)二人でいがみ合っといて、あとでタッグ組んでるんだよ」

楽しいって

ケロ「越中さん知らないでしょう? 山ちゃんが歩いてくる時、斎藤さんなんて言ってたかわかります? 『あんなバカ相手にするな』って」

山崎「言った言った。聞こえたもん」

ヒロ「言う訳無いじゃないですか」

なれなれしいって…

ケロ「言ったもんね。お客さんみんな聞こえたもん」

山崎「そうそう」

越中「あんなバカ相手にするなって?…いい事言うなぁ。斎藤君」

ヒロ「私はそういうこと言ってませんよぉ」

シェイクハンドだって

ヒロ「こっち(山崎)はひどい事言うんだよぉ。人の腹見てさ、なんか凶器入れてるって」

(一同笑)

ヒロ「注意してもらいたいよ。ひどいよそれちょっと」

笑うしかないって

山崎「あれは、タイツの中。それを自分で勘違いしてるの」

ヒロ「何回も言ってんだよ、『おい、その腹に何か入ってんだろ』とかね。だから俺『ク○入ってるって』…あ、言っちゃった」

あ…

山崎、ケロ「汚ねぇ…(苦笑)」

んもう…

ケロ「斎藤さん、心配したもん。最初、全日から帰ってきてね、ジュニアでやるって言ったときにね、絶対これ110㌔あるって」

ヒロ「ちょっと待った」

山崎「あ、それね、言わして。汚いの」

越中「また汚い話?」

楽しいんだって

山崎「計量の時いたでしょ? (秤に)乗って針が振れてる内に降りたんですよ」

ケロ「それ汚い!」

(一同笑:特に武藤大爆笑)

針が振れてんのに…

山崎「それで坂口さん何て言ったかわかる? (坂口口調で)『もういいもういい…』」

(一同笑:特に武藤大爆笑)

山崎「斎藤さん来なかった時、みんな何言ってたかわかります? (再び坂口口調で)『おい、今頃カッパ着て走ってんぞ』って、今だから話しますけど」

(一同笑:特に武藤大爆笑)

うそぉん

武藤君、もっと笑えって

ヒロ「ホント足痛くなってきた」

ケロ「それ太ってるからでしょ」

ヒロ「バカな事を(笑)」

ケロ「正座できないでしょ」

山崎「失礼だよそんな事言っちゃ」

ケロ「でもそう思ってない?」

山崎「いや靴履く時大変だろなとは思うけど」

ヒロ「そっちの方よっぽどひどいじゃない」

足いてぇ

山崎「いや斎藤さんじゃなく小杉さんがさぁ、こうやって靴結ぶ時に…(深呼吸してから一気に)『フッ!!』って」

(一同笑)

山崎「やるでしょ?」

ケロ「腰悪いからね」

ふぅ…

はっ!!


越中「(山田が遠征から)帰ってきてね、俺とタッグ組んで泣いてたもん」

山田「(突然)俺やだもん!! 越中さんとタッグ組むの」

ケロ「仲悪いもの(笑)」

この人嫌い

山田「まぁ人に言うだけ言って自分は大怪我しないよ。最後おいしいとこだけ持っていって、自分だけこうやって(ガッツポーズ)…」

(一同笑:特に武藤大爆笑)

こうやってさぁ…

武藤君、笑いすぎだって

ケロ「でもテレビではね、ガッツポーズ取ってるけどね。本当はどんな人なの?」

山崎「白いパンツ履いてね。」

武藤「(急に)だけどあのパンツ似合いますね。今履いてるパンツも似合うんですよ」

照れるって

越中「この前誰かとやってるときに(白袴が)外れちゃった…(かわいく)」

ケロ「あったあったそういうの(笑)」

越中「俺はほら、下何も履いてないからね。だから…」

もういいって

武藤「本当ですか? 何も履いてない!?」

越中「涼しいじゃん(笑)」

恥ずかしいって

山崎「またそうやって女性ファン増やそうとして!! とんでもないっすよ(笑)」

またまたぁ

越中「もう、いちいち…(笑)」

本当だって

ちょっと長くなりすぎましたね。すみません。

でも当時、みんないい顔してると思いません?
関連記事
スポンサーサイト

theme : プロレス
genre : スポーツ

tag : 武藤敬司 越中詩郎 山田恵一 ヒロ斎藤 山崎一夫 田中秀和 新日本プロレスオモロ~

comment

Secret

No title

人の不幸に大爆笑する武藤選手がいいですよね。
もう20年経ちますか。
僕の20年後の頭が気になりますね(笑)

>123daさん

武藤は当時、本当に屈託ないんですよね(笑)

そういえば…このメンバー軒並み毛根減少しましたねぇ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード