遅れて来たカマンベイベ!

先ほどからテレ朝chワープロ完全版を見ていました。

11.8両国(参照:団体内イデオロギー闘争輝き、未来、そして最強。)のなんですけど、

さっき子レガを寝室のベビーベッドにそっと寝かしつけて、

居間に降りてくると…

嫁が『天才!嵐くん』にチャンネル替えてました(泣)

ま、録ってるんで明日にでも見ますか。

それでさっき、青義軍の試合まで見てたんですけど、

前回の完全版まではカットされていた“煽りV”が流れてたんですよ!!

これ、しんたんさんのブログ 躓いて転んでも、また、立ち上がればいい 記事(参照:§ お正月は、ワープロ完全版とクラッシク)でも書かれてた通り、

これまでは普通に無かったんですよ。

でもこれがあってこそ今の新日本だと思うんですよね。

それかワープロのスタッフの方が、ウチとかしんたんさんのブログ見てくれて反映してくれたのか…

ってのは思い込みすぎですか。

とにかく手放しに嬉しいです。

昔っから、PRIDEの人気を見るに付け、

「このカマンベイベ!こそ、プロレスがやるべきことだろ」と思ってきました。

当時はまだ“煽りV”などという確立したネーミングはなく、

映像のジングルであった「カマンベイベッ!」を呼び名にして、

ただ単にフジテレビ、佐藤D氏の手腕にいつも感動させられ、

逆に過去の映像の宝庫であるはずのワープロスタッフの怠慢さに落胆していました。

でもいつからか(私の記憶では昨春の武藤IWGP奪取から)、

ワープロもきちんとした“煽りV”を手掛け始め、

今ではDREAMの佐藤D氏に引けをとらない(は言い過ぎですか。)映像を完成させていると思います。

これらの映像作品にも力を入れ始めた新日に、

私は大きな期待を寄せています。

それでこそ「過去と闘う」意味が出てくるのです。

そしてもう一つ。

以前にも書きましたように、

アメトーークの新春特番で放送される『俺たちのゴールデンプロレス』ですが、

これぜひ高視聴率獲得して欲しいんです。

一番の理由は、今書くことが出来ませんが、

これ見て、私ら世代(いわゆるアラフォーですよ。)が、

プロレスを見て育った世代の人間が、

プロレスに戻ってくるキッカケになれば!!

と思っています。本気で。

なんか文字だらけの味気ない記事になって申し訳ないのですが、

今夜はこれで御勘弁下さい。

関連記事

tag : ワールドプロレスリング完全版 アメトーーク

comment

Secret

恐縮です。

こんにちは。
あ、弱小ブログ拝見して頂けましたか?
好きなことを、好きなだけ書いていて、お恥ずかしいのですがv-398
完全版は、ワープロが、あんな状態なので、貴重な存在なのです。だけど、最近、煽りVを無視することがあり、神戸の、真輔対真壁戦は、ずっと、バックステージの青義軍劇場を延々と流していて、後ろで、真輔と真壁の煽りVが流れているのに、画面が切り替わったら、煽りVは、流されることは無かったから、もう、酷いと思いましたよ。青義軍劇場、正直嫌いなのです。見て喜ぶ人もいるけど、真輔が、嫌うのはわかる気がする。
昨日は、IWGP戦が始まる頃、ちょっと、起きていて、煽りVがあったのは、嬉しかったです。
あの作りは、本当に、素晴らしかった。
BGMは、COLDPLAYだけど、詞も、なんとなくマッチしていました。
真輔と棚橋を「飽きた」とかいろいろ言うけど、棚橋は、真輔だけに、素の感情を見せるのですよ。チャラ男から。
長々とすみません。
煽りVがあって、本当に良かったですね。

>しんたんさん

こんばんわ。

好きなことを、好きなだけ書いていて<いやいや、それが個人のブログの特権ですよ。私なんかは結構妄想が先走っちゃうこと多いんですけど(笑)

完全版は、ワープロが、あんな状態なので、貴重な存在<ノアみたいになったらまずいので、地上波は地上波で生き残ってもらいたいんですが、やっぱり試合をジックリ見たいですよね。

青義軍劇場、正直嫌い<カ、カテェ!!…じゃないですね、すみません(笑)。
私は結構好きだったりします。井上の空回りっぷりが、この流れを機に打破されればもうけもんですし、ダメならダメでそれも面白いですよ。
なにより熱いのが好きなんですよね(笑)。
あと青義軍劇場も飯塚のキチ●イぶりも含めて新日本だと思いますよ。かつてのレッスルランドでしたっけ? あれも別枠でやってないで、本編でやりゃあ良かったのに…位に思ってます。

真輔と棚橋を「飽きた」とかいろいろ言うけど、棚橋は、真輔だけに、素の感情を見せるのです<それは確かにありますね。
中邑の方も違った部分で、そういうのあると思います。

♪愛してる
が、カバーでもされたのかと思っちゃった…。

>BKっち

♪愛してる <ほとんどの人わかりませんて!!(笑)

「逢いたく~て! このここ~ろ!…」

実際、高校時代の試合前日、彼らのCD聴いてモチベーション上げましたよ、私(照)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード