もう一度、おさらいしとこうか

明日、PPVにて観ることに決めました。

ただし6:00までは仕事、帰宅後もろもろの用事を済ませて、

観出すのはおそらく8:00頃でしょうか…もちろんHDDの追っかけ再生です。

それでも“何かが起こる”新日ならではの予感。

興行の主役は蝶野ですが、
蝶野

現在進行形の主人公は中邑でしょう。
中邑vs大谷調印式

そこで今一度、

中邑が猪木の名を叫ぶ理由を振り返ってみましょう。

 週刊プロレス №1490 より
中邑真輔ロングインタビュー

中邑
「(略)パッケージでも、それこそ政治でもないんで。やっぱりリングに求められてるのは闘いってものなんで。そこになにをのせるかっていうのは各レスラー次第だと思いますね」

「(略)真っ二つにファンの意見も割れるでしょうし。それはそれでいいと思います。選挙じゃないんだから支持がないとどうだって話じゃないでしょうし」


この辺から、中邑の主張ははっきりしてきました。

とかくアンチの多い中邑ですが、

もう自分のやりたいようにやる、と。

媚びてたまるか…ということでしょう。

この辺、ユニバーサル旗揚げ戦の前田のマイクを思い出します。

そういえば本日、その前田に急接近したようで…

 見たくない奴は見に来るな! より
中邑が前田日明と合体!猪木打倒の秘策を伝授か

中邑
「モチベーションを上げるためにケンカを見に来ました(以下略)」


そして闘うべきは「猪木ーー!」の意味。

 新日公式 より
“あの発言”の真実とは? いま中邑真輔は何を考えているのか? 直撃インタビュー【後編】

中邑
「そこはこれから徐々に出てくるろうね。でも俺は『闘うべきはアントニオ猪木だ!』と意思表示しただけだから」

「…乗り越えたいという気持ちはあるし、闘いたいという気持ちもあるし、何が生まれるかわからない。それでも俺はフルスイングでボールを投げた。これからどうなるか楽しみだね。グチャグチャになるかもしれないけど(笑)」


その、先が見えないままに放った発言の目的は…

 週刊プロレス №1494 より
中邑真輔インタビュー 超猪木

中邑
「でも、ぶっちゃけいえば標的はアントニオ猪木っていうのもあるんですよ」

「闘う、勝負するってことですね、アントニオ猪木と。やっぱりアントニオ猪木ってひとは何十年と世間と闘ってきたわけでしょ。それでもいまプロレスってものの立場は低いわけじゃないですか、地位が」

「これ(IWGP)は業界の顔って認識なんですよ、ボクの中では。だからプロレス業界が衰退してるってことですよ。輝きがないってことは」

「ベルトをもった。これで終わりじゃない。自分の欲してるものはこれだけじゃ満たされない。自分はなにになりたいか明確なことは言えませんが、もっと大きくもっと広く、もっと強くなりたいわけで。そこにはなにが必要かって、ベルトの価値を上げること。世間と闘うこと。(略)」


もちろん対世間なんですよ。

IWGPも、

総合格闘技参戦も、

個展を開くのも、

もちろんアントニオ猪木も、

世間に届かなきゃ意味がないんですよ。

「もうそういうのはプロレスにいらないよ」って???

「(世間に)出る前から負ける事考える馬鹿いるかよ!!

(プロレスファンの輪から)出てけ!! コラァ!!」


関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 中邑真輔 蝶野正洋 IWGP

comment

Secret

妄想その2

 この流れの向こうにあるのは…アントニオ猪木50周年。

 新日本、全日本、ノア、ZERO1、そして、IGFの選手達が
 殺到するド真ん中で、猪木が静かにマイクを取る。

 「この老いぼれを…死ぬ前に、最後に、神輿に担ごうってバカは…
 いるか!?
 大晦日…東京ドームに客を集めてやるから、そこでもう一度、
 世間の目と戦ってみろよ!」

 帰路に着いた観客達が、会場の外でフライヤーを手渡される。
 そこには…

 「2009 12.31 TOKYO DOME
 ANTONIO INOKI 50th ANNIVERSARY SPECIAL
 INOKI BOM-BA-YE FINAL 「闘魂祭」」

p.s.
 やり過ぎました(汗

 前回の書き込みからですが、単純に「猪木戦」と考えるにしても、
 業界の人間が、そういう風にしか取れないのは、いささか
 問題があると思うんですよね。

 三田さんが何度も同じような質問をして、全く真意が汲み取られない
 真輔は困惑していました。
 自分も見ながら、歯痒かったですから(苦笑

 或いは、具体的な発言を引き出す為の仕掛けで、敢えて一般層の
 感覚を重視したのか…そうであれば救いはありますが。

 また、「最長のプロレス評論家」という肩書きのある人間が「猪木と
 関わるな」と言ってることも、信じられませんね。

 「いつからプロレスは、世間に対して発信していくことを諦めたのか」

 真輔の苦悩は、これに尽きると思います。
 前田さんと話して、少しは気持ちが晴れましたかね。

No title

こんばんは!PPV観戦ですか!うらやましいです!中邑vs大谷は噛み合いそうな感じがします。きっと好勝負になるのでは。

中邑の考えは、凄いと思います。今、なんだかんだ「対世間」を考えるレスラーいても、過去の猪木ほど実行してるレスラーいないような気がします。中邑、応援したいです!

No title

ん~・・

会場で中邑の勝利後に出てきたヤツに、
「空気よめよ!!」
と本気で叫んでやりましたw

14日猪木会見に注目ですかね。

>raikiさん

いつも心のこもったコメントありがとうございます。

妄想…というよりも既にシナリオの域ですよ!!

三田さんが何度も同じような質問をして、全く真意が汲み取られない真輔は困惑していました<CSらしさが失われつつありますよね。

「最長のプロレス評論家」<あの方は単純に猪木が嫌いなだけかと…(笑)。生粋の馬場派ですもんね。

「いつからプロレスは、世間に対して発信していくことを諦めたのか」<そこですよ。
決してメジャースポーツになることが良い事とは思いませんが、世間の首根っこを掴んで振り向かせる気概がなくて何がプロレスラーじゃ!!と言いたいですね。

>H.Tさん

こんばんわ。

PPV観戦<いろいろあって今、見終えました。
凄かったですよ。いわゆるパッケージプロレスとは違いますが、興行の理想を見せられた思いです。

中邑の考えは、凄いと思います<もう心のよりどころは彼しかいないですよ。
今日の試合もプロレスのタイトルマッチでドキドキしながら見たのって、十年ぶりくらいですよ。

No title

会場で中邑の勝利後に出てきたヤツに、「空気よめよ!!」と<そのとき中邑笑ってましたね(笑)

14日猪木会見<ここからですね!! 面白くなっていくでしょう。

>naokinさん

そいえば、NHK-FMの三昧にリクエストしたでしょ!!

中邑の曲で名前呼ばれてましたよ!!

びっくりしたッス!!

No title

 妄想も、行き過ぎて荒らしみたいになってますね(汗
 申し訳ありません。

 あの妄想は、ポジティブ方向へ目いっぱい広げたものですが、
 ネガティブな方向の妄想では、新日がベルトを大谷に渡す、
 というシナリオもあったので、試合結果にはひとまず安心しました。
 あ、アンチ大谷とかではないです。流れの問題ですね。

 蝶野さんは週プロで、猪木さんや前田さんを招聘するプランも
 上がっていたものの、現在の新日の社員が望んでいなかったので
 そちらの義理を立てた、という話をしてました。
 そこで逆へ持っていくかと思ったんですが、優しいですなあ。

 しかし、猪木さんのように敢えて悪役(素でもありますが 笑)を
 自ら演じる人もいないと、ハッスルの二の舞になる気がします。
 今は真輔がその役を買って出ているのでしょうが、自分でも
 自覚している通り、まだまだ力不足は否めず。

 タナも嫌いじゃないんですが…もっとおいしい復活の仕方は
 あったんじゃないかなあ。

 何はともあれ、妄想を上回るような展開を期待しておきます。

 「ここからは神の領域。答えなんか一瞬で決まる。 」

>紫レガさん

ダラダラ書き直してる間にレスが…(汗
コメント拾えなくて申し訳ないです。

でもほんとに、メジャースポーツになるというよりは、我侭にファンや
会社、世間を振り回して欲しいです。
昭和のレスラーって、そんな人ばっかりのような(笑

>raikiさん

妄想も、行き過ぎて…<いえいえとんでもない。その世界観は私大好きなんですよ。
その証拠に…

http://ip.tosp.co.jp/Jisyo/TosiJ100.asp?I=MURASAKILG&P=0

↑かつて私、ここで死ぬほど妄想しまくってましたから(笑)

蝶野さんは週プロで、猪木さんや前田さんを招聘するプランも<前田じゃなく藤波ですね。
蝶野の物語に欠かせない二人ですもんね。
あとヒロ斉藤もいて欲しかったです。

しかし、猪木さんのように敢えて悪役(素でもありますが 笑)を<それでもどんなにヒール的要素をばら撒いても絶対的な信者がいますからね。
今回の流れでも中邑のほうがヒールという見方もあるはずです。そこにどう立ち向かっていくかの勝負でもありますよね。
それが広い意味での対世間でしょうか。

タナも嫌いじゃないんですが…もっとおいしい復活の仕方はあった<去年のスランプ→TNA短期遠征→1.4で武藤に挑戦→一発でIWGP奪取…という流れも全然意味わかりませんでしたが、今回もどうやら復帰早々に挑戦決まったみたいですね。
棚橋ファン以外に乗れる人いるんでしょうか?

No title

>↑かつて私、ここで死ぬほど妄想しまくってましたから(笑)
 Uにそんなに詳しくない自分でも、読み進んでしまいました。
 そういえば、新日派だった自分にとって宮戸さんというのは
 「Uの胡散臭い人」だったのですが(笑
 紫レガさんの記事で、面白い人だと思って興味を持ちました。
 色々読ませてもらってます。

><蝶野さんは週プロで、猪木さんや前田さんを招聘するプランも<前田じゃなく藤波ですね。
 誌面が手元になかったので、混ぜてしまいました(汗
 真輔がOUTSIDER見に行ったっていうことで、自分的にかなり
 盛り上がっていたので…(照
 ヒロさんとも、ヒール転向してから長かったですもんね。
 藤波さんは…記念の場としては合いそうです。

>今回の流れでも中邑のほうがヒールという見方もあるはずです。そこにどう立ち向かっていくかの勝負でもありますよね。
 そうですね。今回真輔は対会社、対ファンで完璧ヒールなんですが、
 自分で自覚しているとおり、大きく渦を起こせる程に力がないんで
 「力を貸して欲しい」っていうことだと思うんですよね。
 社内への言葉でもあり、猪木、前田、上井って名前が出てきたりと。

>棚橋ファン以外に乗れる人いるんでしょうか?
 要は「会社からの要求をこなしている」ってことなんでしょうが、
 自己プロデュースが出来てないと、武藤さんのようには
 なれないでしょうねえ。
 マッチメイカーに「この流れはおかしい」って言えるくらいじゃないと。
 会社の関係無い全日に出てた時は、何かノビノビしてましたよ(笑

 また長くなってしまいました…(汗

>raikiさん

宮戸さんというのは「Uの胡散臭い人」だった…紫レガさんの記事で、面白い人だと<そうでしたか(笑)
新日ファンにとっては永遠の怨敵である宮戸優光ですが、プロレスに対する熱意はマット界一だと思ってますよ。

ヒロさんとも、ヒール転向してから長かった<あと天山も駆けつけたかったでしょうね。
それと“帝王”高山!! 札幌でシングル(観戦しました)やって、その流れで金網デスマッチまでいったのは記憶に残ってますよ。それとG1の優勝戦。
…何らかの形で出てほしかったです。

大きく渦を起こせる程に力がないんで「力を貸して欲しい」っていうことだと思う<前田のところにまで行くんですから、その行動力は本物ですよ。

マッチメイカーに「この流れはおかしい」って言えるくらいじゃないと。会社の関係無い全日に出てた時は、何かノビノビしてました<本人もそっちのがあってると思ってるんでしょうが、新日にいてこそ光るんですよ。殺伐とした中にあって、あのチャラさが引き立つんです。
それとエースになる器とは意味が違いますが。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード