新生UWFを通過したということ(2003)

先日の船木復帰戦(参照:闘いを持ってきてくれた船木)を観て、

なぜか思い出した試合があります。

現在、活動停止中(?)のU-STYLEに、

鈴木みのるも所属するパンクラス・ミッションから、

冨宅飛駈が初参戦。
冨宅がU-STYLE初参戦

迎え撃つのはU-STYLEの大黒柱である、

田村潔司です。
迎え撃つ田村

2003年6.29 梅田ステラホール

田村潔司vs冨宅飛駈

田村潔司vs冨宅飛駈

入場から気合満点の表情の冨宅に、
気合満点の冨宅

田村の表情は自然体です。
自然体の田村

軽い睨み合いの後にゴングが鳴ると、

冨宅は助走つきのロングフックから、

一気にラッシュします。
開始と同時にラッシュをかける冨宅

フックをフェイントにタックルも試みます。
ロングフックのフェイントからタックル

しかし冷静な田村は、

いつの間にかコーナーに詰めての掌底の連打から、
田村が連打から、

得意の左ミドルで、
左ミドルでダウン奪取

いきなりのダウン奪取。

鳩尾を押さえながら冨宅は思わず舌を出します。
思わず舌を出す冨宅

再開後、

すぐに左ミドルの爪先が入り、
再び左ミドルで、

2度目のダウン。
2つ目のダウン

起き上がると、

何とかフルスイングのフックを当てんとしますが、

難なく田村はダッキングでかわします。
冨宅のフックはダッキングによって不発

返す刀で掌底のコンビネーションで3度目のダウン。
逆に掌底連打と、

さらに左ミドルで4度目のダウン。
左ミドルで連続ダウン

試合開始2分で、

冨宅はすでに残り1ポイントです。

かまわず田村はレバー直撃の左ミドルで、
最後はまたしても左ミドルで、

5つ目のダウンを奪って圧勝の秒殺劇。
田村勝利

恨めしげな冨宅の表情が印象的です。
悔しそうな冨宅と、

田村は全くの平常心。
揺るがない田村

かつての同門対決の感慨はそこにはありませんでした。

再会の場にしては、何とも呆気ない幕切れ。

しかしそこには間違いなく“闘い”がありました。

この時点での田村と冨宅の“勝負”があったのです。

当時、このU-STYLEのリングには、

総合格闘技の選手が多数参戦していました。

そこで各々の考えの中で表現されるUは、

UWFを通過してきたファンの認識からは遠く離れたプロレスの一つの“型”に過ぎませんでした。

本物のUWFを通過した人間の試合とは、

言葉には表せない大きな違いがあったのです。

先日の船木の動きからも私はそれを感じました。

新生UWFにおいて、

練習する時も、遊ぶ時も、

船木、鈴木、田村、垣原、冨宅の5人はいつも一緒だったと聞きます。

話を戻すと、先日の船木と鈴木の絡み、

我々の予想をはるかに上回る激しさでした。

そこは全日本のリングでありながら、

新日、UWF、藤原組の道場で、

二人が、さんざん行ってきた“勝負”があったのです。

次の船木の大一番は、

いきなり鈴木との一騎打ちと聞きました。

そのリングにおいて、また船木と鈴木は、

“闘い”を観せてくれるのだと思います。

最後に…

今後の船木のプロレス活動の中で、

私はUWFルールの試合が観たいです。

相手は田村しか考えられません。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 冨宅飛駈 船木誠勝

comment

Secret

同感です!

紫レガ様、いつもお世話になります!自分も船木選手プロレス復帰となった時、真っ先に思い浮かんだのが田村選手。田村選手もそう思っているに違いありません。ぜひ実現して欲しいですね!

No title

冨宅はもはや大阪プロレスとか上がってますもんね。
正反対のスタイルを良くやろうと思ったものです、

>タキトさん

いつもありがとうございます。

自分も船木選手プロレス復帰となった時、真っ先に思い浮かんだのが田村選手<なぜでしょうね。DREAMで実現してるんですけどね。

きっと前田が言ってたスーパーUWFを体現できるのが、この二人なんでしょうね。

>ユキーニョさん

初めまして。

冨宅はもはや大阪プロレスとか上がってます<マスクマンに混じってやってましたねぇ。
この試合は大振りのフック一本で行ってましたが、その一発一発に魂が込められていました。

No title

そういえば船木選手と田村選手はDREAMでやってましたね。
すっかり忘れてました。
やっぱり記憶に残るのがプロレスですね。
馬場さんが作ったリングでUWFルールはおもしろいですね。

>123daさん

やっぱり記憶に残るのがプロレス<でも昨今のマット界ではプロレスよりも総合格闘技のほうに記憶に残る試合が多いんですよね。
本来持ってるプロレスの特性を活かして欲しいものです。

馬場さんが作ったリングでUWFルール<そうなるといろんなしがらみがあるので、全日との契約が切れたらU-STYLEやって欲しいです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード