三冠戦にも闘いがあった

視聴中に眠ってしまった、

全日国技館大会の後半三試合を改めて見ました。

小橋の出たタッグマッチはチョップ合戦から早送りで見ました。

感想は「すごい」以外は特にありません。

高山vs諏訪魔の三冠戦。

これは本当に「凄かった」。
高山vs諏訪魔

最後の数分間は特にMAXでした。

アクシデントと言ってしまえばそれまでですが、

あれこそが、高山にしか出来ないプロレスの形でしょう。

その前の試合も小橋にしか出来ない形なんですけど…、

私個人の考えですが、

「ああ、いい試合だった」よりも、

「ひどい終わり方だけど、とにかく凄かったなぁ」というのが、

プロだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高山善廣 諏訪魔 三冠ヘビー

comment

Secret

No title

凄い試合でしたよね。
次の試合を意識してたんでしょうね。
メインもそうですけど、猪木さんに見せたいですね。

>123daさん

次の試合を意識してたんでしょう<それこそ高山たる所以ですね。
何のためのベルトなのか…というところでしょうか。

小川にもこういう試合をやる覚悟があったなら…IGFは一人勝ちなんですけどね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード