未来は僕等の手の中(1991)

今夜は私が愛する団体、

UWFインターナショナルの一番最初に行われた試合を紹介しましょう。

同カード(初対決)は新生UWF最後の大会となった1990年12.1 松本運動公園体育館の第1試合でも行われました。

この当時、垣原はデビューから4ヶ月。
亀●大●じゃありませんよ

一方の田村も負傷(参照:私についての説明から~高校編①~)からの復帰戦。
荒削りな田村のハイキック

お互いにスタミナを使い切っての熱戦はロープエスケープによるロストポイントで、
エスケープで試合終了(汗)

田村の勝利という意外な結果となりました。

そして半年後の1991年5.10 後楽園ホール

Uインター旗揚げの同じく第1試合で、二人は再戦しました。
Uインター旗揚げオープニング

垣原はまだ10代、さすがに若いです。
若いカッキー

田村だってもちろん若いですね。
田村も若い

田村潔司vs垣原賢人
田村潔司vs垣原賢人

意外かも知れませんが、

当時は荒削りながらも垣原の打撃の方が上でした。
打撃では垣原が上手

田村は掌底の嵐をかいくぐってのタックルから、
田村はタックルからの、

サブミッションで勝負。
サブミッションで勝負

垣原は遠慮せずに掌底を振り回します。
フルスイングの掌底

隙を突いてテイクダウンにいきますが、
垣原のカニバサミは、

すぐに田村が切り返します。
田村が逆に膝十字、

ただ、当時から垣原が自信を持っていたサブミッションが一つありました。

それは新生U時代の兄貴分である、

船木譲りのアンクルホールド。
垣原も取り返すと、

これには思わず田村もエスケープ。
田村がエスケープ

しかしじっくりと組み合えば田村が優勢です。
田村のスリーパーがガッチリと

逆に田村の打撃の方は、

当時からミドルキックの重さに定評がありました。
田村の重いミドル

掌底が相打ちになると田村が打ち勝ちますので、

パンチの威力もあったのでしょう。
掌打の相打ちは田村に凱歌

垣原の打撃は正確さよりも、とにかく思い切りの良さ。

得意のニールキックはいつも空振りしてました。
垣原のニールキック空振り

田村は冒険せずに膝蹴りでダウンを奪います。
田村の膝蹴りで、

垣原ダウン

垣原は関節の仕掛けも粗く、
垣原必死に足首を取るが、

田村のストンピングを食ってしまいます。
田村のストンピング

ならば掌底しかない。
垣原はあくまでフルスイング

田村は組み付くと、

きれいなスープレックス。
田村のスープレックス

当時はブリッジのきれいな選手でした。

なおも垣原は掌底マシンガンから、
フルスイングの掌底から、

ニールキック!! …また空振り。
ニールキックまた空振り

すぐに追っていって、

3発目でやっとヒット!!
すぐに放った3発目がヒット

思わず力いっぱいのガッツポーズ。
田村ダウン、垣原ガッツポーズ

とにかく全身で喜怒哀楽を表すのがカッキー流(参照:僕が僕であるために)。

しかし次第に垣原はスタミナを失います。

田村の豪快な投げ。
田村の豪快な俵返し

とにかく腰の強さが目立つ田村です。

最後は垣原が仕掛けたアキレス腱固めを、
垣原のアキレス腱固めを、

藤原組長ばりに切り返して、
組長式キックから、

田村が極め返して勝利。
切り返して垣原タップ

半年越しの2連勝となりました。
田村2連勝

最後は熱い抱擁です。
熱い抱擁

田村にとっては桜庭よりも思い入れのある後輩、

それが垣原なのです(参照:おかげさまです。)。

二人はその後も3度対戦しました。

それはシュートマッチなどというものではなく、

時には単純に強さを競う試合であり、

時には培った技術を披露し合う試合でした。

どちらもUインターの本流である“プロレスリング”そのものでした。

いつもUインターの未来は二人の手の中にあったのです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 垣原賢人

comment

Secret

はじめまして!

いつも北海道から遠く離れた博多の地で拝見させて頂いています。紫レガさんのUインターに対しての誠実で愛情あふれる文章、これからも期待してます!

No title

日本にはこんなにシンプルで激しくカッコいいプロレスがあったんだと思わせる試合ですね!

>シンキロウさん

初めまして。いつも閲覧頂き、またコメント頂きありがとうございます。

博多の地で拝見させて頂いています<中野の聖地からじゃないですか!!
今後とも宜しくお願い致します。

>何無しさん

日本にはこんなにシンプルで激しくカッコいいプロレスがあったんだと思わせる試合ですね!<このスタイルこそが私にとってのプロレスリングなんですよ。
とにかく思い切りが良いですよ。

スミマセン。
名無しは私でした。m(_ _)m
UWFの原石のような試合、いいですよね!(^^ゞ

>ROSESさん

あ、ゆっつぁんでしたか!!

UWFの原石のような試合<田村、垣原、冨宅…この3人の試合こそがUWFなのかも知れませんね。

レガさん情熱が伝わります。

やはり、田村選手に読んでいただきましょう!!

>みーさん

情熱が伝わります<伝わりましたかー!!

田村選手に読んでいただきましょう<いやダメダメ!
ご本人が読まれると、萎縮して書きたい事も書けなくなっちゃいますよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード